ゴシッター

芸能界の噂や芸能人の素顔、彼氏彼女といったゴシップから飲み会で使えるネタまでエンタメ情報をお届けします。

【二日酔い即効対処法】コンビニで買える食べ物と飲み物まとめ!

futukayoi
 
 
飲み会で気持ちよくてついつい飲みすぎたはいいけど、その後待っているのが辛い二日酔い。
 
頭痛に筋肉痛のような痛み、体のだるさなどの二日酔いを何度経験してもお酒をやめられない人も多く、二日酔いに即効性のある食べ物飲み物はないかな~、と考えている人も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、二日酔い即効対処法としてコンビニで手軽に買える食べ物と飲み物をそれぞれ10個ずつご紹介します!

スポンサーリンク

二日酔いについて

futukayoi-gennin 
 
二日酔い即効対処法の前に、まずは二日酔いの原因と症状を知っておきましょう。
 
  頭痛 吐き気 だるさ 食欲不振 筋肉痛
アセトアルデヒド    
アデノシン        
塩酸分泌(胃)      
酸素不足      
脱水症状  
低血糖  
メタノール    
 
このように、アルコールによる症状は原因によって様々です。
 
ということは、自分の二日酔いの症状に合った対処をしないと即効性がないばかりか二日酔いが長引く結果になるということですね。
 
シジミ汁が二日酔いに即効性があると聞いたからシジミ汁を飲むという対処法よりは、頭痛の症状が出てるから頭痛に即効性のある対処をする、という方が効率が良いです。
 
 
ということで、二日酔いの対処法として即効性のあるコンビニで買える食べ物、飲み物を対する症状とともに紹介していきます。
 
  

二日酔いに即効性のある食べ物と飲み物

それでは、二日酔い対処法としてコンビニで買える食べ物、飲み物を対する症状とともにご紹介しましょう。
 

二日酔いに即効性のある食べ物

<しじみの味噌汁>
 
shijimi-futukayoi
 
即効性のある症状:頭痛、吐き気、だるさ
 
コンビニでの価格(目安):130円前後
 
 
二日酔いは、アルコールが体の中に分解されず残っているので早く分解する必要があります。
 
しじみやあさりなどの貝類の食べ物は、アルコールを分解してくれる肝臓の働きを助けてくれ、アルコールの分解速度を速めます。
 
さらに、しじみにはミネラルが豊富に含まれ、肝臓の解毒作用や肝細胞の再生を促進してくれるので即効性のある食べ物と言えそうです。
 
 
<卵>
 tamago-futukayoi
 
即効性のある症状:頭痛、吐き気、だるさ
 
コンビニでの価格(目安):80円前後
  
 
卵は完全栄養食品と言われているほど栄養満点の食べ物なので、アルコールで体外に排出された栄養素をばっちり補給してくれます。
 
また、卵に含まれている成分(Lシステイン)がアルコールを分解する酵素の働きを活性化してくれる働きもあります。
 
 
<バナナ>
 
banana-futukayoi
 
即効性のある症状:だるさ
 
コンビニでの価格(目安):100円前後
  
 
アルコールを摂取すると利尿作用が働き、尿をたくさん排出するとともに体の中に必要なビタミンやカリウムまで排出してしまいます。
 
カリウムが不足すると、全身の脱力感に襲われてしまいます。
 
だるさへの対処に優れているバナナは、フルーツの中でも抜群にカリウムを含んでいるので手軽に食べられることもあっておすすめの食べ物ですね。
 
 
また、フルーツヨーグルトの形で摂取しても良いでしょう。
 
フルーツヨーグルトは、バナナと肝臓の解毒作用を高めてくれるアロエがオススメです。
 
  
<梅干>
 
ume-futukayoi
 
即効性のある症状:吐き気、だるさ、食欲不振
 
コンビニでの価格(目安):100~130円前後
 
 
アルコールの約3割は胃が吸収します。(7割は小腸)
 
大量のアルコールを摂取すると、胃が刺激されて胃酸(酸性)を大量に分泌して胃酸過多になり、吐き気や食欲不振、下痢の症状を引き起こします。
 
そうした対処法として、アルカリ性の梅干を摂取することで酸性の胃酸と中和し、胃酸の分泌を正常な状態に戻してくれます。
 
また、梅干に含まれるクエン酸が疲労回復を促進してくれるのでだるさの解消にもなります。
 
 
<ごま>
 
goma-futukayoi
 
即効性のある症状:頭痛、吐き気、だるさ
 
コンビニでの価格(目安):130円前後
 
 
アルコールを摂取すると肝臓がアルコールを分解してくれるわけですが、分解の際に生じる毒(アセトアルデヒド)が二日酔いの原因の1つです。
 
ごまに含まれる成分(セサミン)は肝臓の解毒作用を高めてくれるので、肝臓にはとても良い食べ物です。
 
 
さきほどの「梅」と「ごま」で「コンビニ」といえば、おにぎりですよね。
 
炭水化物は二日酔いの栄養不足の状態を解消してくれる糖質を含むので、梅干やごまおにぎりを食べれば一石二鳥なんです。
 
 
<はちみつ>
 hachimitu-futukayoi
 
即効性のある症状:頭痛、吐き気、だるさ
 
コンビニでの価格(目安):270円前後
 
 
はちみつにはアルコールを分解する肝臓の働きを促進してくれる果糖と脳のエネルギー源として頭痛をやわらげてくれるブドウ糖が含まれてます。
 
対処法は液体タイプだけでなく、飴タイプでも良いですね。
 
飴であれば通勤や通学中でも摂取できますし、食欲がなくても食べやすいですね。
 
  
<ラムネ>
 
ramune-futukayoi
 
即効性のある症状:頭痛、だるさ、筋肉痛
 
コンビニでの価格(目安):80円前後
 
 
アルコールを摂取すると、体のブドウ糖を燃料にしてアセトアルデヒドを分解します。
 
そのため、体内のブドウ糖が不足して脳にエネルギーがいかなくなり、体全体が低燃費モードになりだるさが襲ってきます。
 
ラムネにはブドウ糖が多く含まれているので、エネルギー源として最適な食べ物です。
 
目安としては、朝10粒程度食べると脳にエネルギーがいって体のだるさも解消されやすいです。
 
旅行のときのお菓子としてコンビニで買うことが多いかもしれませんが、実は二日酔いにも対処できる優れものなんですね。
 

スポンサーリンク

 

二日酔いに即効性のある食べ物

 <水/炭酸水>
 mizu-futukayoi
 
即効性のある症状:頭痛、吐き気、だるさ、食欲不振
 
コンビニでの価格(目安):100円~150円前後
  
 
日経新聞の調査で、医者の半分以上が二日酔いで水分補給を行っているほど水分補給は大切です。
 
吐き気で味がついている飲み物を受け付けないときの対処法は、基本の水で脱水症状による症状を緩和させましょう。
 
また、炭酸飲料は吸収速度が速く、二日酔いの症状を抑える効果もあるので苦手じゃない方はオススメの飲み物です。
 
  
<スポーツドリンク>
 sportsdrink-futukayoi
 
即効性のある症状:頭痛、吐き気、だるさ、食欲不振
 
コンビニでの価格(目安):150円前後
 
 
脱水症状が原因の二日酔いは最も多く、対処が遅れると嘔吐や呼吸困難などを引き起こすので非常に危険です。
 
アルコールを飲んだ分だけ水分が失われると考えると分かりやすいです。
 
排尿によって失われるナトリウムやカリウムをバランスよく補給してくれるスポーツドリンクは、二日酔いに対処する飲み物として最適な飲み物です。
 
  
<牛乳>
 
 
即効性のある症状:頭痛
 
コンビニでの価格(目安):140円前後
 
 
お酒を飲むと血管が拡張することによって気分が良くなりますが、これが長く続くと炎症を起こして頭痛につながります。
 
牛乳は、拡張した血管を収縮させる成分(セントロニン)が入っているので二日酔い対処にオススメの飲み物です。
 
頭痛に即効性があるとは言え、あまりにも酷い場合は食べ物屋飲み物で対処せず頭痛薬をおすすめします。
 
   
<コーヒー>
 coffee-futukayoi
 
即効性のある症状:頭痛
 
コンビニでの価格(目安):130円前後
 
 
こちらも前述のように、大量のアルコールを摂取したことで拡張した血管が炎症を起こした頭痛に即効性があります。
 
コーヒーは、この拡張した血管を収縮させる成分であるカフェインを含む飲み物で、頭痛薬にも入っています。
 
コーヒーだけで飲むのは苦手な方は、前述の牛乳と合わせてコーヒー牛乳として飲んでも良いですね。
 
  
<フルーツジュース>
 fruitjuice-futukayoi
 
即効性のある症状:頭痛、だるさ、筋肉痛
 
コンビニでの価格(目安):130円前後(高級なものは400円前後)
 
 
アルコールを摂取すると、肝臓がアルコール分解に集中することによって他の機能(糖分をストックして必要に応じて与える役目など)をストップさせます。
 
そのため、糖分が足りない状態(低血糖)になり頭痛やだるさ、筋肉痛などの症状が出てしまいます。
 
フルーツジュースは、こうした低血糖だけでなく脱水症状も解消してくれる飲み物なので、オレンジジュースやトマトジュース、バナナジュースなどはオススメの飲み物です。
  
 
<スープ>
 soup-futukayoi
 
即効性のある症状:吐き気、食欲不振
 
コンビニでの価格(目安):170円前後
 
 
前述のように、大量のアルコールを摂取すると胃が刺激されて胃酸を大量に分泌して胃酸過多になった結果、吐き気や食欲不振の症状を起こします。
 
食欲がなくても、水分と多少の栄養が取れて胃にもやさしいスープはコンビニで何種類も置いているので助かりますよね。
 
吐き気をおさえてくれる生姜の入ったスープは特にオススメの飲み物です。
 
  
<ドリンク剤(ウコン/ノ・ミカタ/ヘパリーゼ)>
 drinkzai-futukayoi
 
即効性のある症状:頭痛、吐き気、だるさ
 
コンビニでの価格(目安):200~250円前後
 
 
ドリンク剤で代表的なこれらの飲み物は飲酒前後に飲むのが理想ですが、二日酔いの朝でも即効性がある飲み物です。
 
細かく分けると、次の違いがあります。
 
 
・ウコンは漢方
 
・ノ・ミカタはサプリメント(しじみ600粒相当の成分)
 
・ヘパリーゼは医薬品
 
    
このことから、医薬品であるヘパリーゼは常用すると逆効果になるので気をつけましょう。
 
目安としては、軽めの二日酔いへの対処にはウコンかノ・ミカタ、ひどい二日酔いへの対処にはへパリーゼといったように飲み分けると良いです。
 
ちなみに、ネット上の意見でこれらの飲み物の味は
 
 
・ウコンの力(オレンジ色)は薄いオレンジジュース味
 
・ノ・ミカタは甘い梅のような味
 
・ヘパリーゼは薄いパイン味
 
という表現が多かったです(笑)
 
 
最後に、これまでの食べ物と飲み物を表にまとめましたのでご参考ください。
 
  頭痛 吐き気 だるさ 食欲不振 筋肉痛
しじみの味噌汁    
 〇    
バナナ        
梅干    
ごま    
はちみつ    
ラムネ    
水/炭酸水  
スポーツドリンク  
牛乳        
コーヒー        
フルーツジュース    
スープ      
ドリンク剤    
 
 

まとめ

いかがだったでしょうか。
 
二日酔いといっても、様々な症状があるのでしっかり自分の症状に合った対処をしていくことが大切です。
 
今の時代はコンビニがどこに行ってもあるので、二日酔いになったらすぐにコンビニへ行って元気を取り戻しましょう!
 

スポンサーリンク

-雑学・おもしろ