ゴシッター

芸能界の噂や芸能人の素顔、彼氏彼女といったゴシップから飲み会で使えるネタまでエンタメ情報をお届けします。

ひな祭りのお祝い金額の相場やプレゼントは?お返しマナーも紹介

 
 
 
ひな祭りは、女の子の健康と成長、幸せを願うお祝いごととして親しまれています。
 
小さいころはプレゼントやお祝いをただただ楽しむだけでしたが、大人になるとお祝い金額やお返しのマナーなどが求められることも多くなりますよね。
 
そこで今回は、ひな祭りのお祝い金額の相場やプレゼント、さらにお返しのマナーについてご紹介します。 

スポンサーリンク

ひな祭りの起源

 ひな祭りは、平安時代(794年~1185年)の行事と少女たちの遊びが重なってできたお祝いごとです。
 
<平安時代の行事> 
3月初めに無病息災を願って陰陽師(おんみょうじ、占い師のこと)を呼んでお祓いをしており、食べ物を供え、人形(ひとがた)に自分の厄をたくして川や海に流していた
 
<平安時代の少女たちの遊び>
主に紙でつくった人形(ひいな)と偉い人たちが住む御殿の道具をまねた玩具で遊んでおり(おままごとに近い)、ひいな遊びといわれた
 
<現代>
人の厄を身代わりしてくれるひな人形を飾って子どもの成長を願い、ちらし寿司やひなあられ、菱餅、はまぐりのお吸い物などを食べてお祝いする
 
 
当時は大人の女性のためのお祝いでしたが、江戸時代になるとひな人形やひな道具の種類が増えて女児も含んだ華やかなお祭りとして親しまれるようになっていきました。
 

スポンサーリンク

 

ひな祭りのお祝い金額の相場

 
 
ひな祭りのお祝い金額の相場は、自分との関係によって変わってきます。
 
一般的なお祝い金額の相場は次の通りです。 
 

◆父方の祖父母  3万円~30万円
 
◆母方の祖父母  10万円~30万円
 
◆親戚  プレゼント+5千円から1万円
 
◆兄弟  プレゼント+5千円から1万円
 
◆友人  プレゼントのみ or 3千円~5千円
 
 
父方や母方の祖父母のお祝い金額相場は高めですが、これは初孫へ贈るひな人形の金額相場も含まれています。
(プレゼント内容や金額相場は後述)
 
初孫の場合は祖父母から孫へプレゼントとしてひな人形を贈るというのが古くからの習わしで、金額が高価なものゆえに父方と母方、両家の折半となることが多いです。
 
 
ひな人形の金額相場は5万円~10万円ととても高価な品で、中には100万円以上するものもあります。
 
 
ひな人形の種類は主に3種類あります。
 
◆親王飾り
金額相場 7万円~8万円
 
◆三段飾り
金額相場 10万円~30万円
 
◆七段飾り
金額相場 20万円~100万円 
  
価格が安めで子供向きのひな人形もあります。
 
◆ひな人形セット 
金額相場 2万円前後
 
 
比較的金額相場が高いこともあり、近年は経済的な事情や飾るスペースの問題、考え方の変化などで贈る風習も薄れてきており、次のような悩みを相談している方もいました。
 

 
「祖父母に家が狭いからひな人形はいらないと伝えたのですが、実家に置くから大丈夫と言われて困っています」
 
 
「ひな祭りに父方の祖父母と母方の祖父母がプレゼントの金額で張り合って困っています」
 

このように、無理に贈りたいと言うと相手を困らせることにもなりかねません。

せっかくの気持ちを込めた贈りものなのに困らせることになってしまっては意味がないので、きちんと相談してお孫さんに贈るようにしましょう。
 
 
なお、ひな祭りの10日前までにはお祝いを渡すのがマナーですので、余裕を持って準備するようにしましょうね。
 
 

ひな祭りのプレゼント

子どもの成長を祝うプレゼントですのでお菓子や衣類、玩具などが一般的ですが、気兼ねのない間柄であればプレゼントは何が良いか聞くのも良いでしょう。
 
こちらでは、ネットショッピングを中心に人気のプレゼントをご紹介します。
 
<食べ物>
 
◆ひなあられ(5百円前後)
 
◆和菓子セット(1千円前後) 
 
◆ひな祭りケーキ(3~5千円前後)
 
 
<衣類>
  
◆髪飾り(3千円前後)
 
◆和装下着(3千円前後)
 
◆着物セット(4~6千円前後)

 

 
<玩具> 
 
◆家庭用トランポリン(4千円前後)
 
◆おままごとセット(4千円前後)
 
◆シルバニアファミリー(3千円前後)
 
 
このように、プレゼントの金額相場は3千円前後が一般的です。
 
プレゼントとお祝い両方渡すときは、ひなあられや和菓子セットなど比較的リーズナブルで見た目がキレイなものを選ぶ人が多いようです。
 
お祝い金やプレゼントはあくまでも気持ちなので、相場はあくまでも目安とお考え下さいね。
 
 

お返しのマナー

 
 
せっかくお祝いをしてもらったのにお返しをしないでは、マナーがないと思われてしまいます。
 
そこまで高額なものを贈ったり面倒なことをするわけではないので、お返しのマナーをしっかりおさえて、良い関係を保ちましょう。
 
お返しマナーは、次の通りです。
 

◆時期は3月中旬頃まで
 
 
◆内祝いの品は、もらった金額の2分の1~3分の1程度が相場
 
 
◆内祝いには手書きのお礼状を添える 
お返しマナーの1つ目の「時期」についてですが、忘れたころに届くよりは早めにお返しをしておくことを心がけましょう。
 
 
お返しマナーの2つ目の内祝いについてですが、内祝いの品は風習として
・お赤飯
・紅白まんじゅう
・紅白の角砂糖
・桜餅
 
などを添えて出すこともあります。
 
しかし、これはお返しマナーではなくこういったことも行われることがある、ということです。
 
親戚関係は内祝いの品は不要で、かわりに赤ちゃんが祖父母と一緒にお祝いの膳をかこむことがお返しの風習とされています。
 
 
お返しマナーの3つ目のお礼状についてですが、気持ち程度で良いのでお返しとして添えて出すとマナーが良いですね。
 
お礼状の文面については、次の例文を参考にしてみてください。
 
<お礼状例文> 
◆祖父母へ
 
〇〇様
〇〇様
 
 
このたびは○○(子どもの名前)の初節句に際して、
心のこもったお祝いをいただきありがとうございました。
 
 
お陰様で、〇〇は風邪もひかず元気にすくすくと成長しております。
 
 
いただいた●●(プレゼント)を
すっかり気に入った様子で、いつも持ち歩くほどです。
 
 
健康な子に育つように、今後も子育てに励んでまいりますので、
これからもご指導のほどよろしくお願い申し上げます。
 
 
暖かくはなって参りましたが、季節の変わり目です。
どうぞお体にお気をつけください。
 
 
 
平成△年△月△日
◎◎◎◎(夫婦連名、子どもの名前)
 
 
◆親戚や友人へ
 
〇〇様
〇〇様
 
 
拝啓
 
日増しに暖かくなり、早春の息吹を感じるこの頃ですが、
皆さんお変わりございませんか。
 
 
このたびは○○(子どもの名前)の初節句に際して、
過分なお心遣いをいただきありがとうございました。
 
 
おかげさまで〇〇も風邪ひとつひかず元気に育っており、
無事に初節句を祝うことができました。
 
 
元気な子に育つように、夫婦共々子育てに励んでまいります。
本日は、遅ればせながら感謝の気持ちとしましてささやかな品を送らせていただきました。
 
 
暖かくはなって参りましたが、季節の変わり目です。
どうぞお体にお気をつけください。
 
敬具
 
 
 
平成△年△月△日
◎◎◎◎(夫婦連名、子どもの名前)
 
 
このようなお礼の手紙は、プリントされているものではなく手書きのほうが気持ちが伝わりやすいので是非参考にしてみてください。
 
 

ひな祭りのQ&A

 
 
 
Q、ひな祭りのタブーはある?
 
 
A、前日にひな人形の準備をすること
 
前日に慌てて準備をするのは一夜飾りで縁起が悪いため、余裕をもって準備をしましょう。
 
また、いつまでもひな人形を飾っていると婚期が遅れるといわれているので、終わったら早めに片づける方が良いでしょう。
 
早めにお嫁に行かせたくない両親からしたら、わざと片づけないこともあるかもしれませんね(笑)
 
 
 
Q、ひな人形は何歳まで飾っていいのか?
 
 
A、決まりは特にないが、小学校卒業までのご家庭が多い 
 
中には
「私の家では学生の間は飾ってた」
「結婚するまで毎年飾っていました」
「小さいものだけど、いまだに毎年飾ってますよ」
 
と、ご家庭によって様々ではありますが小学校卒業までという意見が多かったです。
 
 
 
Q、ひな人形の処分はどうすればいい?
 
 
A、譲る,寄付,ネットオークション等の利用
 
◆親戚や友人に譲る
 高価すぎるものは逆に相手に気を使わせてしまうので注意が必要です。
 
 
◆保育園や受け入れ団体に寄付する
 自治体や保育園、発展途上国支援団体、全国から寄贈されたひな人形を飾るイベントの団体などに寄付する方法もあります。
 
・発展途上国支援団体のワールドギフトの公式サイトはこちら
 
・かつうらビッグひな祭りの公式サイトはこちら
 
 
◆人形供養業者や神社を利用する
 人形供養だけでなく、新たな受け入れ先を見つけてくれる業者もあります。
 
・人形供養の花月堂の公式サイトはこちら
 
・全国各地のひな人形を供養している神社や団体一覧はこちら
 
 
◆ネットオークションを利用する
 お金をかけて処分するのはちょっと・・・と思う方はいいですね。
 
・ヤフーオークションはこちら
 
 

まとめ

いかがだったでしょうか。
 
近年では女の子も男の子も混ぜてひな祭りパーティとして楽しむことも増えているように、オリジナルのひな祭りも楽しいですよね。
 
ひな祭りのお祝い金額の相場やプレゼント、お返しのマナーを参考にして、楽しいひな祭りにしてくださいね!
 

スポンサーリンク

-雑学・おもしろ