ゴシッター

芸能界の噂や芸能人の素顔、彼氏彼女といったゴシップから飲み会で使えるネタまでエンタメ情報をお届けします。

いびきがうるさい相手への対処法まとめ!寝れないときの対策も

 
 
いびきは寝ている時の呼吸に伴った雑音のことで、呼吸の通り道である気道が脂肪や筋肉などによって狭まることによって起こります。
 
約3割の人がいびきをかくとされ、本人は気づかず周りに「うるさいな」と思われて相手が寝れないこともしばしばです。
 
今回は、いびきがうるさい相手への対処方法と、寝れないときの対策をご紹介します!

スポンサーリンク

いびきの原因

 
いびきがうるさい相手への対処法や寝れないときの対策の前に、簡単にいびきの原因を見ていきましょう。
 
<いびきの主な原因>
 
◆太っている
→特に首周りが太ることで気道がせまくなり、いびきがうるさい原因に
 
 
◆鼻がつまっている
→鼻がつまることで口呼吸になって気道がせまくなり、いびきがうるさい原因に
 
 
◆細菌やウイルスによって扁桃腺が腫れる
→扁桃腺が呼吸の気道をせまくし、いびきがうるさい原因に
 
 
◆顎が小さく筋肉が弱いため舌を支えられない
→舌が喉の奥に下がって気道がせまくなり、いびきがうるさい原因に
 
 
◆女性ホルモンが減る(更年期)
→舌を支える筋肉に張りを与える女性ホルモンが減ることで舌が下がり、いびきがうるさい原因に
 
 
◆アルコールによる筋肉のゆるみ
→筋肉のゆるみにより舌が下がって気道がせまくなり、いびきがうるさい原因に 
 
 
◆仰向けで寝ている
→仰向けで寝ることで舌が重力で喉もとに下がって気道がせまくなり、いびきがうるさい原因に
  
 
このようにいびきがうるさい原因は、自分で治せるものから治療で治すものまで様々です。
 
いびきによって相手を精神的に追い込んだり、睡眠不足に陥らせてしまったり、恋人や夫婦の離婚問題に発展するケースもあります。
 
次の項目では一時的ないびきでうるさい時の対処法や寝れないときの対策をご紹介していますが、ひどいときは耳鼻咽喉科で診てもらうことをオススメします。
 

スポンサーリンク

 

いびきがうるさい相手への対処法(一時的な対策)

 
こちらでは、いびきがうるさい相手への一時的な対処法をご紹介します。
 
<いびきがうるさい相手への対処法> 
 
◆光の刺激を与える
 
◆振動を与える
 
◆音の刺激を与える
 
◆肌に刺激を与える
 
◆刺激臭を与える
 
 
このように、いびきがうるさい相手に刺激を与えて対処する方法ということですね。
 
◆光の刺激を与える
 
いびきがうるさい相手に光の刺激で対処する方法は、次のようなものが挙げられます。
・電気をつける
・懐中電灯で目のあたりを照らす
 
目を閉じていても光を照らされれば明るいと感じるので、効果的ですね。
 
 
◆振動を与える
 
いびきがうるさい相手に振動を与えて対処する方法は、次のようなものが挙げられます。
・ポンポンたたく
・少し揺らす
・軽く蹴る
・軽く押す
・枕を少しずらす 
 
強くやると相手を不機嫌にさせてしまうので、くれぐれも軽めにやってくださいね。
 
 
◆音の刺激を与える
 
いびきがうるさい相手に音の刺激を与えて対処する方法は、次のようなものが挙げられます。
・拍手をする
・咳払いする
・鈴を鳴らす
・壁をたたく
・名前を呼ぶ
・「もうっ!!」「おいっ!!」など短い言葉で大声を発する
 
名前を呼ぶ場合は耳元でささやくと、相手もハッとしてとても効果がありそうですね(笑)
 
 
◆肌に刺激を与える
 
いびきがうるさい相手に肌に刺激を与えて対処する方法は、次のようなものが挙げられます。
・室内の温度を変える(冷房時は消して暑くするなど)
・鼻から下にタオルをかける
 
タオルくらいのちょっとした刺激でうるさいいびきに対処する方法は、意外と効果的なんですね。
 
 
◆刺激臭を与える
 
いびきがうるさい相手に刺激臭を与えて対処する方法は、次のようなものが挙げられます。 
・使用済みの靴下やパンスト
・くさや
・カレー
 
カレーについては、テレビで実験して効果が確認されています。
 
カレーライスをそのまま近づけるわけにはいかないので、タオルなどに染み込ませて使うのも一つの手ですね。
 

スポンサーリンク

 

いびきで寝れないときの対策(事前の対策)

 
 
いびきがうるさい相手への対処法をご紹介しましたが、それでもいびきがうるさくて寝れないときの対策をご紹介します。
 
<いびきで寝れないときの対策> 
  
◆いびき音を遮断する
 
◆ダイエットさせる
 
◆相手にマウスピースをして寝かせる
 
◆相手を横向きに寝かせる
 
◆低めの枕で寝かせる
 
◆相手の鼻や口にテープを貼って寝かせる
 
◆リラックスさせる
 
◆いびき体操(あいうべ体操)で顎を鍛える
 
◆お酒やタバコを控える
 
◆病院に行く
 
  
◆いびき音を遮断する
 
いびきで寝れないときに、いびき音を遮断して次のような対策をしましょう。
・耳栓をする
・ふとんをかける
・イヤホンでリラックス音楽などを聴きながら寝る
 
などの方法が効果的ですが、それでも寝れないときは別の部屋で寝ましょう!
  
 
◆ダイエットさせる
 
ダイエットで呼吸の気道を狭くしている脂肪を減らす対策で、いびきだけでなく高血圧や糖尿病などその他の病気の予防にもなります。
 
最寄駅の1駅先から歩いたり、炭水化物の量を少しずつ減らしたりして、嫌にならない程度から始めると良いでしょう。
 
 
◆相手にマウスピースをして寝かせる
 
マウスピースで気道を確保する対策で、寝れないときに効果的です。
 
マウスピースはドラッグストアで1500円前後~、歯医者で数万円~(自分の歯型に合わせるため高額)と様々です。
(下の画像をクリックすると楽天のマウスピースのコーナーに進めます)
 
★マウスピース(1,200円前後)
 
 
 
◆相手を横向きに寝かせる
 
いびきをする相手を横向きに寝かせることで気道を確保する対策で、寝れないときに効果的です。
 
仰向けで寝ると舌が喉に下がってきて気道がせまくなってしまうため、横向きを意識して寝かせましょう。
 
 
◆低めの枕で寝かせる
 
いびきをする相手の枕を低くすることで気道を確保する対策で、寝れないときに有効です。
 
枕専門店に行って、自分の頭にあった枕をオーダーメイドするのも一つの手ですね。
 

スポンサーリンク

 
◆相手の鼻や口にテープを貼って寝かせる
 
鼻の通りを良くするためのテープを貼る対策で、寝れないときに効果的です。
 
鼻腔拡張テープやいびき防止テープなどがあり、鼻腔拡張テープは鼻に貼るだけ、いびき防止テープは口に貼って口呼吸を防ぐ役割があります。
(下の画像をクリックすると楽天の各コーナーに進めます)
 
★鼻腔拡張テープ(370円前後)
 
 
 
★いびき防止テープ(1,100円前後)
 
 
 
◆リラックスさせる
 
いびきの相手をリラックスさせるために、次のような対策をしてみましょう。
・ハーブやオイルなどのアロマの香りをかぐ
・歌う
・リラックスミュージックを聴く
・寝る前にストレッチをする
・ゆず茶やカモミールティーなどを飲む
 
リラックスすることで呼吸が落ち着き、口呼吸を多くすることを防いでくれます。 
 
 
◆いびき体操(あいうべ体操)で顎を鍛える
 
アゴ付近のオトガイ筋を鍛えて気道を確保する対策で、寝れないときに効果的です。
 
<いびき体操動画>
 
 
少し照れますが、鏡の前で練習するといいですね!
 
 
◆お酒やタバコを控える
 
筋肉のゆるみや喉への炎症などを防ぎ、気道を確保する対策です。
 
いきなり断酒や禁煙は続かないので、少しずつ量を減らして体を慣らしていく方法が成功へのカギですね!
 
 
 
◆病院に行く
 
いびきの原因を除去する治療や手術をする対策で、内容によって金額は違ってきます。
 
治療法 内容 治療時間 治療費(3割負担)
高周波ラジオ波 原因の肉塊を縮める 数十秒 約1万円
レーザー 喉奥の一部を焼く 約10分 約3万円
扁桃腺切除 扁桃腺を切る 約1週間入院 約15万円
鼻マスク(CPAP) 鼻の通りを良くする 睡眠時に装着(レンタル) 約5千円/月
これらの治療については、睡眠時無呼吸症候群などの症状が認定されて保険が適用になったときの金額です。
 
医師の診断で症状が認定されないと保険適用がされず、費用も高くなるので注意が必要です。
 
 
ご紹介したこれらの対策は、いびきがうるさくて寝れないといっても相手があることですので、相手としっかりと話し合うことが大切です。
 
なかなか相手が自分のいびきを認めない場合は、実際のいびき音を録音することも一つの手です。
  
 
いびきをかく人の割合は、男性25% 女性10%という調査結果もあるように、男性の方が多いです。
 
男性はプライドが高い生き物なので、あまり強い口調で責めずに優しい口調で説明してあげてくださいね。
 
 

まとめ

いかがだったでしょうか。
 
様々な対処法や寝れないときの対策をご紹介しましたが、中にはネタっぽい面白いものもありましたね(笑)
 
いびきがうるさい相手も悪気があってやっているわけではないので、こちらでご紹介した対処法や対策をそれとなく勧めてみてくださいね。
 

スポンサーリンク

-雑学・おもしろ