ゴシッター

芸能界の噂や芸能人の素顔、彼氏彼女といったゴシップから飲み会で使えるネタまでエンタメ情報をお届けします。

イチロー夫妻に子供がいない理由や絶縁した父との確執関係は?

 ichiro
 
イチローといえば、メジャーリーグという世界最高峰の舞台で活躍し、ストイックに野球に取り組む考え方はビジネスシーンでもよく例に挙げられるほどです。
 
1999年に元TBSアナウンサーの福島弓子さんと結婚したイチロー選手には子供はおらず、一弓というかわいらしい柴犬と日々過ごしています。
 
スーパースターであるがゆえに「なぜ子供がいないのか」「子供を認知したのでは」や最近はめったに2ショットを見なくなった父との絶縁、確執関係について取り沙汰されています。
 
そこで今回は、イチロー夫妻に子供がいない理由と認知の真相、絶縁した父との確執関係の真相はどうなのかが気になったのでご紹介します!

スポンサーリンク

イチロー夫妻に子供がいない理由は?

1999年に結婚したイチロー・弓子夫妻はイメージ通りのクリーンな結婚生活で特にスキャンダルもなく、これまで順調な結婚生活を送っています。
 
そこで気になるのが、スーパースターの遺伝子を受け継ぐ子供の存在。
 
イチロー選手がオリックス時代には、何度か妻の弓子さんに妊娠の噂が流れましたものの、現在まで子供はいない状態です。
 
イチロー・弓子夫妻に子供がいない理由として週刊誌やネット上で挙がっていた説は2つありました。
 

1、イチロー選手の子供嫌い説

これは、イチロー選手がインタビューであまり感情を見せない時期にネット上で出た噂でした。
 
当時は並の野球選手として入ってきたイチロー選手でしたが、活躍しだした途端にガラリと変わった周囲への戸惑いでふさぎ込んでしまったと後に語っています。
 
しかし、この説はこの写真を見れば一瞬で解決ですね。
 
ichiro-kodomo-inai
 
とても楽しそうに子供と触れ合っていますね!
 
 
また、イチロー選手自身も子供に関するインタビューで
 
  
「子供は欲しいですね。子供ができたらキャッチボールはしたいです」
 
と答えており、子供が嫌いではなく好きだということが伝わってきますね。
 

2、妻の弓子さんの不妊説

 イチロー選手と妻の弓子さんに子供がいない理由として、週刊誌やネット上でも有力だったのが妻の弓子さんの不妊説です。
 
イチロー選手が結婚した時の妻・弓子さんの年齢は34歳で、最近では40代での妊娠もあるので適齢期での結婚といえます。
 
yumikofujin-funin
 
しかし、不妊治療情報サイトによると20代~30代前半に比べて体力の問題や卵子の元気がなくなることで子供ができにくくなる現象が起こり始めるのが35歳のラインとされていました。
 
確かに、35歳前後で不妊治療を行う人も近年増加しています。
 
2000年には約30万人だったのが2010年には約60万人と倍増しており、子供がいない芸能人が不妊治療をするケースも多いです。
 
 
例えば、元スピードスケート選手で政治家の野田聖子さんやお笑い芸人のエドはるみさん、元ボクサーの井岡弘樹さんなど、男女問わずいます。
 
nodaseiko
 
野田聖子さんの場合は、40歳から10年間不妊治療をしていました。
 
最終的には50代でアメリカで卵子提供を受けての妊娠、出産ということもあり、話題になりましたね。
 
 
アメリカは卵子提供や精子バンク、代理母制度など日本より充実しています。
 
現地メディアによると、イチロー選手の妻の弓子さんもアメリカでの不妊治療を行っていたと報じています。
 
特にイチロー選手がシアトルマリナーズにいた約10年間は、妻の弓子さんがシアトルで不妊治療を続けていたのもあって他チームに移籍しなかったとの報道もありました。
 
ichiro-fusai-ikkyu
 
残念ながらイチロー選手と妻・弓子さんの不妊治療が実りませんでしたが、現在は愛犬の一弓(いっきゅう)と一弓の子どもたちと幸せに暮らしているんですね。 
 
このことから、イチロー夫妻に子供がいない理由は、子どもが欲しかったけれども残念ながらできなかった、ということなんですね。
 
 
一方で、イチロー選手は子供がいないところから認知の噂もありました。
 
しかし、認知に関しては根拠はなく、イチロー夫妻が認知を進めている事実もありません。
 
なぜ認知の噂が出たのかを調べたところ、イチロー選手が野球引退後は子供と過ごしたいという思いが強く認知をするのでは?といったネット上の憶測が元のようです。
 
イチロー選手も妻の弓子さんも子供が好きなので認知をする可能性はなくはないですが、今のところは認知の事実や認知を進めているということはないです。
 
 
近年では価値観も多様化し、子供がいない選択肢をとる家庭も増えていますし、子供は授かりものなのでどうしようもないことではありますよね。
 
イチロー選手や妻の弓子さんは、これからも愛犬の一弓とともに幸せに暮らしていくことでしょう。
 

スポンサーリンク

 

絶縁した父との確執関係は?

ichiro-chichi-kakushitu 
イチロー選手の父は鈴木宣之さんで、チチローの愛称としてもご存じの方も多いのではないでしょうか。
 
イチロー選手がオリックスにいた時代は、テレビや雑誌でイチロー選手との思い出を語ったり、1996年から毎年開催される少年野球大会「イチロー杯」に親子で出席したりと絶縁や確執とは無縁の姿が見受けられました。
 

確執が出始めた時期や理由は?

これまで絶縁や確執とは無縁の父と子でしたが、イチロー選手が妻の弓子さんと結婚した1999年頃から確執が広がり始めたようです。
 
 
イチロー選手の父は、イチロー選手を幼少期から手塩にかけて育てあげました。
 
イチロー選手がプロ野球選手になってからも父の溺愛度は変わりませんでしたが、有名になった息子を利用してビジネスを繰り広げたことや、妻の弓子さんへの発言が絶縁の理由と週刊誌で報じられました。
 
 
・鈴木家のチチローカレー発売
(イチロー選手が実家で食べていたカレーとして発売)
 
・イチロー選手の名前を使った本の発売や講演会の開催
 
・イチロー選手出演のCM料を父が代表の「オフィス・イチロー」の所得として計上
後に約9千万円の申告漏れが発覚)
 
・父が弓子さんに向けたと言われている発言
「結婚相手は2~3歳上が良かった」
「(なかなか子供ができない中)早く孫がほしい」
 
こういった状況に2010年頃にはイチロー選手の父とイチロー夫妻との確執は広がり、イチロー選手とは絶縁状態が続いています。
 

絶縁状態を示すイチロー選手と父の様子

 とはいえ、こういった確執関係や絶縁状態はメディアが面白がって取り上げているただの噂という可能性もありますので、徹底的に調べてみました。
 
その結果、絶縁状態を示すイチロー選手と父の確執関係が見えてきました。
 
 
・メジャーリーグ挑戦を反対していた父に黙って公表
 
・イチロー選手が首位打者やMVPを獲っても父は現地に行かず
(父は以前は何度も球場に通っていた)
 
・シーズン最多安打記録を達成時のインタビューで「妻の弓子と愛犬に感謝したい」と父に触れず
 
・毎年オフに帰国してもイチロー夫妻は実家の豊山町には近づかない
 
・毎年開催の「イチロー杯」にも父は姿を見せず代わりに母が出席するように
 
このことから、ネット上でもイチロー選手と父との確執は深く、絶縁状態だと言われています。
  
 
「確かにこの確執関係はすごい。絶縁確実か・・・」
 
「絶縁ってこういうこというんだな」
 
「あんなに仲がよかったのに確執とか絶縁が信じられない」
 
イチロー選手と父の関係のように、確執が広がる時期や絶縁状態にある親子はいるのでそこまで特殊な状況だとは思いません。
 
 
こういった絶縁や確執関係は年齢を重ねるにつれ解消することもありますので、今後はイチロー選手と妻の弓子さん、そして父との仲睦まじいショットを見せてほしいですね。
 
 

まとめ

いかがだったでしょうか。
 
スーパースターであるがゆえに、子供がいない理由や認知疑惑や父親との確執など様々なことが報道されるイチロー選手。
 
メジャーリーグという世界最高峰の舞台で戦いながら、こういった世間の注目も浴び続けながらも軸がぶれない姿勢は本当のプロフェッショナルだなと感じます。
 
これからも、野球だけでなくプライベートでも充実した日々を送ってほしいですね!
 

スポンサーリンク

-スポーツ