ゴシッター

芸能界の噂や芸能人の素顔、彼氏彼女といったゴシップから飲み会で使えるネタまでエンタメ情報をお届けします。

【夏休み自由研究小学生版】簡単にできる理科実験や工作7選!

2016/07/24

 
natuyasumi-jiyuukennkyu
夏休みといえば、海やプール、花火大会など楽しいことがたくさんありますよね。
 
一方で、気づいたらもう夏休みが終わりそうで宿題も自由研究も何もやっていなくて焦る人が続出する季節でもあります(笑)
 
今回は、そんな時間がない人でも1日~数日でできる簡単な夏休み用理科実験や工作(自由研究小学生版)7選をご用意しましたので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

小学生向けの簡単な夏休み理科実験・工作7選

自由研究で理科実験や工作となると、意外と銅線やら豆電球やら買いに行かないとないものというイメージもあります。
 
そこで、今回はなるべく家の中にありそうなものを使って簡単にできる、小学生向けの夏休み理科実験をまずはご紹介しましょう。
 

小学生向け自由研究~夏休み用簡単理科実験~

1、水×ワイングラス=音楽演奏実験(小学1~2年生向け)

 shougakusei-rikajikken
 
  
 
<用意するもの>
 
 
大きさや形が同じワイングラス 8個
(ドレミファソラシドの8音を出すため。ワイングラスに似たフチが薄くて口が広がってないグラスなら音が出ます)
 
 
実験内容
 ①8個のワイングラスに水をいれ、指を水で濡らした上でグラスのフチをなぞる。
 
②ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ドの8音になるように水の量を調節する。(水の量が少なければ高音、多ければ低音になります)
 
水の量と音の高さにはどのような関係があるのかをまとめてみましょう。
 
 
少しレベルは上がりますが、水の入った8個のグラスで演奏しているところを動画で撮影してもいいですね。
 
ちなみに、8音で簡単に演奏できる曲は、 
 
 
などがありますので、小学生の子どもと一緒にお母さんお父さんも演奏して夏休みの思い出作りにも最適ですよね。
 
もちろん、この理科実験は自由研究なのでグラスを増やしても良いですし、水の量を増減させれば簡単に音色を変えることができるのも魅力ですね。
 
 

2、氷×塩×ジュース=アイスキャンディー実験(小学3~4年生向け)

aisukyandeli-tedukuri

  
 
<用意するもの>
 
細長い入れ物か高さのあるコップ
 
わりばし
 
輪ゴム
 
ポリ袋
 
好きなジュース
 
 
 
ボウル
 
温度計
 
 
実験内容
①細長い入れ物か高さのあるコップにジュースを入れる
 
②ジュースを入れた入れ物にわりばしを入れ、入れ物をポリ袋で包み、輪ゴムでわりばしを固定する
 
③ボウルに塩と氷を入れて※、スプーンなどでかき混ぜる(手だと冷たいので)
※塩は、氷の溶けるスピードを上げてくれるため温度をマイナスの状態にしてくれる
 
④ボウルの中にジュースを入れた入れ物を入れる
 
ジュースが固まっていく様子(何分後に固まったのかや、ボウルの中の温度を計るなど)を記録しましょう。
  
簡単に理科実験もできて、夏休みの暑い時期にアイスキャンディーも食べれるとあって、自由研究の中でもトップクラスで小学生に人気の実験です。
 
  

3、酢×たまご=溶解実験(小学5~6年生向け)

sutamago-rikanojikken
 
 
 
<用意するもの>
 
 
たまご
 
 
実験内容
 ①たまごが入る大きさの透明のグラスか入れ物に、酢を入れる
 
②その中にたまごを入れ、殻がとけるまで数日観察する
 
→たまごの殻は90%以上が炭酸カルシウムでできており、酢と反応して二酸化炭素が発生して殻が溶けていきます。
 
たまごの殻が解けていく様子を写真を撮ってどのくらいで溶けきるのかを記録しましょう。
 
自由研究なので自分のコメントを自由に記録したり、殻が溶けた後にひと工夫するのもありです。
 
例えば、殻が溶けたあとの透けたたまごを水につけるとたまごの半透膜が水を通す性質により大きくなります。
 
水に入れる前後の大きさを写真にとっても良いですね。
 
筆者も大人になってからやってみましたが、簡単な理科実験ながら思わず「すごい!」と声をあげてしまったので、大人でもこの自由研究は楽しめることでしょう。
 
夏休みにたまごがなくなることだけは目をつぶってあげてください(笑)
 
 

4、野菜×水=浮遊実験(小学5~6年生向け)

yasai-uku
 
  
 
<用意するもの>
 
野菜
 
透明な入れ物
 
 
 
 
実験内容
 ①自分で水に浮くと思った野菜と水に沈むと思った野菜を選ぶ
 
②入れ物に水をいれ、それぞれの野菜を水に浮かべて自分の予想と合っているかを記録する。
 
③水で浮かんだ野菜を、塩水ではどうかを同じように記録する。
 
地上で育つ野菜(きゅうりやかぼちゃなど)は水には浮き、地中で育つ野菜(ゴボウやにんじんなど)は水に沈むということが小学生の理科の教科書でも説明されています。
 
そのため、この理科実験は学校の勉強にもなり、自由研究なので自分の好きな野菜を選ぶこともできて小学生の興味もひけます。
 
また、水に浮いても塩水では浮かないものもあるので自分で確かめてみましょう。
 
塩を溶かすことで水の比重が高くなり、水より比重が高くて水に沈む野菜でも塩水より比重が低いものは浮きます。
 
もちろん、塩水は夏休み中に行った海の水を持ち帰って使ってもOKです。  
 
 
続いて、なるべく家の中にあるものを使ってできる小学生向けの簡単な夏休み用工作をご紹介しましょう。
 

スポンサーリンク

 

小学生向け夏休み用工作

 1、草花×ハガキ=手作り絵ハガキ工作(小学1~2年生向け)

tatakizome

 
<用意するもの>
 
ハガキか画用紙
 
好きな草花や葉っぱ
 
ビニール
 
布を巻いた金づち
 
 
工作内容
 ①ハガキか画用紙の上に用意した草花を置く
 
②草花や葉っぱを置いたハガキか画用紙をビニールでかぶせる
 
③その上から布を巻いた金づちで軽くたたいていく
 
→金づちを使う際には小学生のお子さんだけでは危険なので、大人がそばにいるようにしましょう。
 
自由研究は想像力も必要ですが、自分の好きな色を集めてオリジナルの絵ハガキをつくれたときには、簡単なわりに買ったものとは比べ物にならないほど感動します。
 
完成した絵葉書は、額に入れて保管してもいいですね。
 
  

2、牛乳パック→ブックスタンド工作(小学3~4年生向け)

gyuunyuubookstand
  
 
 
<用意するもの>
 
牛乳パック
 
油性ペン
 
じょうぎ
 
はさみ
 
カッター
 
セロテープ
 
  
工作内容は、こちらを参考にしてみてください。
 

牛乳パックブックスタンドは、簡単で手作り感満載のまさに「自由研究工作」らしい作品ですよね。
 
小学生の夏休みの課題図書は、自作のブックスタンドを使って少しずつ読むのもいいですね(笑)
 
  

3、ストロー →コースター工作(小学5~6年生向け)

sutoro-ko-suta-

  
 
<用意するもの>
 
ストロー数本
 
クッキングペーパー
 
両面テープ
 
ピンセット
 
接着剤
 
アイロン
 
はさみ
 
じょうぎ
 
 
工作内容
①ストローを1cmの長さに切る
 
②両面テープを貼ったクッキングペーパーの上に切ったストローを並べる
 
③ストローの上に別のクッキングペーパーをのせて、上からアイロンをかけてストローを少し溶かす
 
④ストローが冷えたらはがし、さらにクッキングペーパーの両面テープからはがす
 
⑤熱していない方のストローの面にクッキングペーパーをかけて同じようにアイロンをかけて溶かす
 
⑥熱し終わったら上に重しを置く
 
→コースターの形は丸やハートなど自分の好きな形にすればいいので、小学生のお子さんだけでなく大人もハマってしまうかもしれませんね。
 
 

 まとめ

 いかがだったでしょうか。
 
小学生の夏休み用の理科実験や工作とはいえ、大人でも楽しめるような自由研究内容ばかりではなかったでしょうか。
 
時間がなくても簡単にできる理科実験や工作ということでしたが、夏休みの宿題は早めにやっておきましょうね(笑)!
 

スポンサーリンク

-雑学・おもしろ