ゴシッター

芸能界の噂や芸能人の素顔、彼氏彼女といったゴシップから飲み会で使えるネタまでエンタメ情報をお届けします。

花粉症時期の洗濯や乾燥方法は?部屋と外干しの効果や注意点も

2017/04/28

 
 
花粉症の時期になると、鼻がむずむずしたり目がかゆくなったりと色々な症状に悩まされますよね。
 
症状が出るということは花粉が飛び散ってる証拠で、服にはもちろん、外干しの洗濯物にも花粉がついてしまっている可能性が高いです。
 
そのため、洗濯方法や乾燥方法(部屋干しや外干し)にも注意が必要です。
 
そこで今回は、花粉症時期の洗濯や乾燥方法、さらには部屋干しや外干しの効果や注意点をご紹介します!

スポンサーリンク

花粉症時期の洗濯方法

花粉症時期の洗濯方法についてネット上では、次のような意見がありました。
 
 
「洗濯方法はどれも変わらないんじゃないの?」
 
 
「花粉症時期に効果マックスの洗濯方法あれば教えて!」
 
 
「花粉症の時期って、マスクとメガネ以外で対策なんかないかな・・・」
  
効果的な洗濯方法を意外と知らない、もしくは軽視している人も多くいますね!
 
 
花粉症の時期はもちろん花粉が飛び散るわけですから、当然衣服にも付着します。
 
付着するのは避けられないので、正しい洗濯方法やちょっとした手間を加えて衣服につく花粉を少なくしましょう!
 
 
ということで、花粉症時期の洗濯方法は次の通りです。
 
 
・柔軟剤を使う
 
・正しい洗濯方法を行う(洗濯時の水温や洗濯物の量など)
 
・洗濯機をマメに手入れする
 
 
 
◆柔軟剤を使う
 
柔軟剤の効果として、洗濯物の仕上がりを柔らかくする効果のほかに静電気を防止する効果があります。
 
花粉は静電気につくので、この静電気の防止効果がある柔軟剤を使うことはとても効果的ということですね。
 
これはただの噂などではありません。
 
日本アレルギー学会の実験結果として、柔軟剤を使ったものは使っていないものより約3分の1も花粉がついてないことが発表されています。
 
 
柔軟剤の使い方は、手洗いと洗濯機の場合で異なります。
 
<手洗いの場合>
①すすぎの水がキレイになるまで待つ
 
②水に柔軟剤を溶かす
 
③時々かきまぜながら、3分間ほどつけておく
 
 
<洗濯機の場合>
①柔軟剤自動投入口に柔軟剤を入れる
 
②すすぎ時に自動で柔軟剤が入る
 
 
◆正しい洗濯方法を行う(洗濯時の水温や洗濯物の量など)
 
正しい洗濯方法のポイントは、主に次のようになります。
 
◇洗濯物の量
洗濯機の大きさの約7割を目安に入れましょう。
 
あまりに多いと、洗剤が溶けにくくなったり衣服の汚れがとれにくくなったりするためです。
 
 
◇洗濯の水温
理想の水温は20~40℃のぬるま湯です。
 
冬のように水温が低くなると汚れが落ちにくくなるので、お風呂の残り湯を使うなどして温度を上げましょう。
 
 
◇洗剤の量
洗剤ごとに使用量が異なるので、目安を守りましょう。
 
少なすぎると汚れが落ちにくく、多すぎるとすすぎきれなくなるので注意が必要です。
 
 
◇服に合わせた洗濯ネットの活用
洗濯ネットにはいくつか種類があって、次のように使い分けると良いでしょう。
 
<目が粗い洗濯ネット>
→洗濯のシワや型くずれ、服同士のからまりを防止する目的
 
・Yシャツ
・ブラウス
・パンツ
・ニット など
 
 
<目が細かい洗濯ネット>
→糸くずや毛羽立ち(けばだち)を防止する目的
 
・小さいボタンやホック等がついたもの
・スパンコールやビーズ等がついたもの
・フリースやビロード など
 
 
<毛布などの大きいもの用洗濯ネット>
これは、使えない洗濯機もあるので事前にチェックしましょう。
 
 
こうした洗濯ネットを使う時のポイントとしては、次のようなものがあります。
 
 
・ボタンやホックは閉めておく
 
・汚れ部分が外側にくるようにたたむ
 
・ビーズや刺しゅうなどは裏返す
 
少しの手間で汚れもキレイにとれちゃいます!
 
 
◆洗濯機をマメに手入れする
 
乾燥フィルターと洗濯槽の内側の手入れは洗濯の効果を高めるのに必要で、特に内側は花粉や汚れが残っていることがあって、それが服の臭いの原因にもなります。
 
洗濯槽の掃除をするときには、過炭酸ナトリウム(漂白剤)が効果的です。

(下の画像をクリックすると楽天の過炭酸ナトリウムのコーナーに進めます)

  
★過炭酸ナトリウム(500円前後~)
 
 
 
このように、ちょっとした手間を洗濯方法にかけることで効果が違ってきますので参考にしてください。
 

スポンサーリンク

 

花粉症時期の乾燥方法

 
 
花粉症の時期は、洗濯方法に加えて乾燥方法もちょっとした手間や工夫を加えることで効果が違ってきます。
 
乾燥方法には部屋干しと外干しがあり、次のような効果の違いがあります。
 
  部屋干し 外干し
効果 花粉がつかない 天候が良ければ早く乾く
天候に左右されない 洗濯物のにおいの心配なし
防犯上の心配がない  
また、天候や干す物によって、部屋干しか外干しかの乾燥方法を変えた方が効果的だったり、それぞれの効果的な乾燥方法があります。
 
そこで、乾燥方法を部屋干しと外干しに分けてコツや注意点をご紹介していきましょう。
 

部屋干しのコツや注意点

部屋干しの場合、花粉がつかないメリットがありますが、以下のような注意点があります。
 
・布団や毛布などは干しにくい
・洗濯物のにおいが部屋についてしまう
・洗濯物が乾きにくい
 
このような注意点に対して、次のように対応しましょう。
 
 
・布団やタオルなどを部屋干し
 
・強風・晴れで湿度が低い・暖かく日照時間が長い日・雨の翌日は部屋干し
 
・窓際に干す
 
・扇風機や除湿器を使う
 
 
◆布団やタオルなどは部屋干し
 
布団は花粉が中に入ると、寝ている間に出てきて花粉を吸いこんでしまうことがあり、タオルは顔をふくときに吸い込む恐れがあります。
 
そのため、このように顔付近に近い洗濯物は部屋干しが効果的です。
 
 
◆天候によって部屋干しにする
 
花粉は、天候によって飛び散る割合がかわるので注意が必要です。
・晴れで湿度が低い
・暖かく日照時間が長い日
・雨の翌日
 
は特に飛びやすいので、乾燥方法は部屋干しにする方が花粉症には効果的です。
 
 
◆窓際に干す
 
部屋干しは外干しに比べて乾きにくいですが、日のあたる窓際は乾きやすく、においもつきづらいです。
 
窓際なのでカーテンレールもあるのでかけやすいですし、日があたるので生乾きの臭いも気にならないので、窓際に干しましょう。
 
 
◆扇風機や除湿器を使う
 
部屋干しで素早く乾かすために、扇風機や除湿器(洗濯物の下)を使うと効果的です。
 
注意点としては、冬は扇風機の風が寒いので別の部屋で干しましょう(笑)
 
 
また、洗濯物を効率の良い乾燥方法として、ちょっとした干し方のポイントがあります。
 
 
・2回脱水をかける
 
・裏返しにして干す
 
・洗濯物同士の隙間を空けて干す
 
 
脱水を2回することで水分もとび乾きやすくなりますが、注意点として、かけた分電気代がかかるので嫌な人はサッとかけるにとどめましょう。
 
裏にはポケットや縫い後がある衣類も多いので、裏返すことで効率の良い乾燥方法になりますね。
 
 

外干しのコツや注意点

外干しの場合、晴れていれば洗濯物が乾きやすいメリットがありますが、注意点としてとにかく花粉がつきやすいことがあります。

 
この注意点はどうしようもありませんが、次のように花粉を少なくする乾燥方法はあります。
 
 
・早朝~11時、14時~17時に干す
 
・洗濯物を叩かない
 
・花粉防止カバーを使う
 
・取り込む際にはらったり、花粉対策スプレーをかける
 
 
◆早朝~11時、14時~17時に干す
 
「昼間は花粉が飛ぶから夜に干す」という説もありますが、夜は夜風で昼間に落ちた花粉が飛んでいくのでそこまで効果は期待できません。
 
都市部の花粉飛散調査によって、1日で花粉が飛びやすい時間帯が
11時~14時
17時~19時
 
ということなので、せめてこの時間をズラして外干しするということですね。
 
 
◆洗濯物を叩かない
 
布団などは叩くのが定番ですが、外干しの際には叩いてしまうと花粉が中に入り込んでしまい、家の中に花粉を入れてしまうことにもなるので注意が必要です。
 
軽く振り払うように心がけましょう。
 
また、布団を干す際には触れる部分を内側にして干すと効果的です。
 
 
◆花粉防止カバーを使う
 
花粉がどうしても気になる方は、外干しの際に専用の花粉防止カバーという手もあります。

(下の画像をクリックすると楽天の洗濯物ガードのコーナーに進めます)

  
★洗濯物ガード(2000円前後~) 
 
取り込む際には、カバーに花粉がついているので軽くはらうのを忘れずにしましょう。
 
 
◆取り込む際にはらったり、花粉対策スプレーをかける
 
カバーをかけたり、花粉が少ない時間帯に外干ししても、花粉は多少はついてしまいます。
 
そこで、外干しした後は部屋の中に取り込む際は軽くはらったり、花粉対策スプレーをかけたりして対策しましょう。
 
花粉を軽く振りはらうと、実験の結果でシャツは約40%、タオルは約60%まで花粉を減らすことが分かりました。
 
 
また、花粉対策スプレーは、イオンの効果で花粉をよせつけないタイプや花粉を固めてまとめるタイプなど様々あり、外干しには効果的です。
 
使い勝手がいいのはファブリーズでしょう。

(下の画像をクリックすると楽天のファブリーズのコーナーに進めます)

  
★ファブリーズ(400円前後~) 
 
 
ファブリーズというと消臭剤のイメージですが、花粉にも効果があるので一石二鳥ですね。
 

スポンサーリンク

 

換気について

部屋と外に分けて乾燥方法をご紹介しましたが、花粉症の時期は、花粉が入るのでなるべく窓は開けたくないとはいえ換気はしたいですよね。
 
花粉症の友人にきいたり、ネット上での対策を見たりしたところ、 

 
・早朝に10cmくらい窓を開ける
 
・空気清浄機のみ
  
という意見が多かったです。
 
 
早朝は花粉もあまり飛んでいない時間帯なので、そこを狙って少し開けているというわけですね。
 
最近の空気清浄機は性能もかなり良くなっていて、換気をするより空気がキレイになることも多いです。
 
空気清浄機だけで花粉症の症状が良くなったという人もいるくらいなので、これだけでもいいかもしれません。
 
 

花粉症の時期

 
 
花粉症の時期といっても、花粉は1年中飛び散っており、地域ごとにそのピークは異なります。
 
簡単に、地域ごとに花粉の種類を見ていきましょう。
 
地域 時期(ピーク) 花粉の種類
北海道 3~5月(4月) ハンノキ
3~4月(5月) スギ
4~6月(5月) ヒノキ、シラカンバ
5~9月(6月) イネ
8~9月 ヨモギ
東北 1~6月 ハンノキ
2~6月(3~4月)、8~12月 スギ
3~5月(4月) ヒノキ
4~6月(5月) シラカンバ
3~10月(5月) イネ
8~10月(9月) ブタクサ
8~10月(9月) ヨモギ
8~10月(9月) カナムグラ
関東 1~5月(3月) ハンノキ
1~7月(2~4月)、9~12月 スギ
1~7月(3~4月) ヒノキ
2~12月(5月) イネ
7~12月(9月) ブタクサ
7~11月(9月) ヨモギ
8~11月(9月) カナムグラ
東海 1~4 ハンノキ
1~5月(3月)、10~12月 スギ
3~5(4月) ヒノキ
4~10月 イネ
9月 ブタクサ、ヨモギ
9~11月 カナムグラ
関西 1~6月(3月) ハンノキ
1~5月(3月)、10~12月 スギ
1~5月(4月) ヒノキ
1~11月(5月、8月) イネ
8~10月(9月) ブタクサ
8~11月(9月) ヨモギ
8~11月(10月) カナムグラ
九州 1~5月 ハンノキ
1~7月(3月)、8~12月 スギ
3~5月(3月) ヒノキ
2~11月(5月) イネ
9~10月(9月) ブタクサ
8~11月(9月) ヨモギ
8~11月(9月) カナムグラ
 
このように、地域によって種類やピーク時期はそれぞれです。
 
また、スギやヒノキだけでなく、イネやヨモギなどは寒い時期でも飛んでいるので気を抜かずに花粉症対策をすることが大切ですね。
 
 

まとめ

いかがだったでしょうか。
 
花粉症の時期には、洗濯や乾燥方法に少し工夫をこらすことで多少は症状も緩和することができます。
 
部屋干しや外干しの効果や注意点も意識をするだけでかなり効果的な乾燥方法に変わることも分かっていただけたかと思います。
 
今回の洗濯や乾燥方法のコツや注意点を参考にしていただき、花粉症時期を乗り越えていただきたいと思います!
 

スポンサーリンク

-雑学・おもしろ