ゴシッター

芸能界の噂や芸能人の素顔、彼氏彼女といったゴシップから飲み会で使えるネタまでエンタメ情報をお届けします。

髪の毛を早く伸ばす方法や食べ物は?お金のない学生でも簡単!

2016/08/30

kaminokewohawakunobasuhouhou 
 
髪の毛を早く伸ばしたい!といっても、なかなか伸びてくれない髪の毛。
 
しかし、日々の生活の中でちょっとした工夫をするだけで1.5倍~2倍の効果が出る人もいるんです。
 
サプリや医薬品などで効果を出す例もありますが、今回は学生でも簡単に実践できるようにお金を使わない髪の毛を早く伸ばす方法や食べ物をご紹介していきます!

スポンサーリンク

髪の毛は1日どのくらい伸びる?

髪の毛は頭皮の一部であり、たんぱく質でできています。
 
髪の毛は1日で約0.3mm伸び、1か月では約1cm伸びます。
 
0.3mm-kaminoke
 
髪の毛が胸のあたりまである人はだいたい50cmくらいですので、坊主から伸ばすと単純計算で50か月(約4年)かかることになります。
 
ちょっと長いですね(笑)
 
坊主から50cmは言い過ぎですが、学生でもできる簡単でお金のかからない髪の毛を早く伸ばす方法を知っておけば短い期間で楽に髪の毛を伸ばすことができますよね。
 
では、医学書によると1日で0.6mm(平均の倍!)伸びた人もいるという髪の毛を早く伸ばす方法を見ていきましょう。
 
 

髪の毛を早く伸ばす方法

髪の毛を早く伸ばす方法として、お金のない学生でも簡単にできることとして以下の方法があります。
  
 
・頭皮マッサージ
 
・シャンプーの仕方を工夫する
 
・喫煙しない
 
・ストレスをためない(無理なダイエット等)
 
・髪の毛先を定期的に切る(傷んでいる場合)
 
・睡眠の質を良くする
  
お金がない学生でも簡単にできそうな髪の毛を早く伸ばす方法ではないでしょうか?
 
それでは、髪の毛を早く伸ばす方法を1つひとつみていきましょう!
 

頭皮マッサージ

 
 
頭皮マッサージは、髪の毛を早く伸ばす方法としてお金がない学生でも簡単にできます。
 
頭皮マッサージで血行を良くして老廃物を流すことによって頭皮の環境が良くなり、活性化して髪の毛の伸びも良くなるんですね。
 
通常のマッサージと同じで、患部を温めると血行が良くなってマッサージ効果も高くなるので、お風呂上りに3分~5分程度マッサージをすると良いでしょう。
 
学生だろうが大人だろうが、お風呂には入るのでお金の心配はいりませんね。
 

シャンプーの仕方を工夫する

 
シャンプーの仕方を工夫することも、お金をかけずに学生でも簡単にできる髪の毛を早く伸ばす方法として有効です。
 
髪の毛を少し濡らしてシャンプーをするのではなく、少なくとも30秒はしっかり汚れを洗い流してからシャンプーをしましょう。
 
また、上の動画でも説明していましたがシャンプーを直接頭につけないで手のひらでなじませてからつけましょう。
 
また、髪を乾かすときにはなるべくタオルドライをしてから、ドライヤーは冷風で乾かす方が良いです。
 
温風だと、熱気で余計な汗や脂が出てしまうために髪の毛の伸びが悪くなりやすいからです。
 
冷風で地肌から毛先にかけてしっかり乾かすようにしましょう。
 
こちらもシャンプーの方法を工夫するだけなので、学生でも簡単にできますね。
 

喫煙しない

kinen

 
喫煙しないことでお金もかからないので学生には是非やってもらいたい髪の毛を早く伸ばす方法です。
 
タバコには血管を収縮させるニコチンが含まれているので、髪の毛への栄養が行き届かなくなりやすいのです。
 
最近では喫煙しない学生も増えてきましたので、簡単な髪の毛を早く伸ばす方法ではないでしょうか。
 

ストレスをためない

stressfree
 
 
日々生活をする中で、学生でも大人でもストレスは避けて通れません。
 
したがって、定期的にストレス発散させることは髪の毛を早く伸ばす方法として有効です。
 
ストレスは、タバコと同じく体内の血管を収縮させて血液循環を悪くさせます。
 
無理なダイエットは精神的なストレスがたまりやすいだけでなく、栄養も取れないので髪の毛が細くなって抜け毛が増えることにつながるので注意しましょう。
 
社会人よりは学生のほうがストレスを解消できる時間もあるので、髪の毛を早く伸ばす方法としては簡単に実践できるのではないでしょうか。
 

髪の毛先を定期的に切る(傷んでいる場合)

edage 
 
もし、毛先がカラーやパーマで傷んでいる場合は毛先まで栄養が行き届きにくいので、定期的(1カ月に1回など)に毛先をカットすることが髪の毛を早く伸ばす方法として有効です。
 
傷んでいなければ特に定期的に毛先をカットする必要はないのでご注意を。
 
頻繁に行くと美容院もお金がかかりますが、月1回程度であれば学生でも簡単に実践できますね。
 

睡眠の質を良くする

suiminnoshituwoyokusuru 
髪の毛を早く伸ばす方法として学生にも社会人にも基本にしてほしいのが、睡眠の質を良くすることです。
 
睡眠のゴールデンタイムと言われる「午後10時から午前2時の間」に寝ることで最高の質の睡眠をとることができます。
 
人間の体内は朝に活動的になり、夜に眠くなるようなリズムに自然となっています。
 
体内時計は朝日を浴びてリセットされるので、朝日を浴びれる時間に起きるように午後10時から午前2時までの間に寝ることが大切なんですね。
 
友達と遊んだり、試験勉強などで夜更かしすることが多い学生には意外に難しいことかもしれませんが、簡単には実践できると思います。
 

スポンサーリンク

 

髪の毛を早く伸ばす食べ物は?

髪の毛を早く伸ばす方法として次に食べ物をご紹介しますが、まずは髪の毛を早く伸ばすことに必要な栄要素からご紹介しましょう。
 
 
・亜鉛
たんぱく質を髪の毛や筋肉に変える働きがあり、髪の毛の美しさのもとになる
 
・クエン酸
亜鉛を体内に吸収しやすくする効果がある
 
・ビタミンC
クエン酸の効果をさらに上げ、亜鉛の体内への吸収率を上げる効果がある
 
・たんぱく質
亜鉛によって髪の毛に変わる
 
 
髪の毛を早く伸ばす栄養素のベースは亜鉛とたんぱく質で、クエン酸やビタミンCを一緒に摂取していく形が理想です。
 
それでは、具体的に髪の毛を早く伸ばす栄養素を含む食べ物を見ていきましょう。 

亜鉛を含む食べ物

食べ物 1単位当たりの重さ 亜鉛含有量
魚介類 からすみ 140g(一腹) 13mg
するめ 110g(1枚) 5.9mg
カニ(缶も含む) 100g前後 5mg前後
牡蠣 60g(1個) 2mg
煮干し 20g(10尾) 1.4mg
肉類 ビーフジャーキー 50g(1袋) 4.4mg
牛ロース 70g(1枚) 3.2mg
牛もも 70g(1枚) 2.8mg
牛肩 50g(1枚) 2.5mg
豚レバー 30g(1切れ) 2.1mg
レバー(牛/鶏) 40g(1個) 1.5mg
乳類 粉チーズ 5g(大さじ1杯) 0.5mg
脱脂粉乳 6g(大さじ1杯) 0.2mg
ナッツ類 アーモンド 14g(10粒) 0.8mg
カシューナッツ 15g(10粒) 0..7mg
ひまわりの種 9g(大さじ1杯) 0.5mg
いりごま 6g(大さじ1杯) 0.4mg
ピーナッツ 9g(10粒) 0.2mg
その他 小麦胚芽 8g(大さじ1杯) 1.3mg
卵黄 18g(1個) 0.8mg
抹茶 6g(大さじ1杯) 0.4mg
きなこ 7g(大さじ1杯) 0.2mg
海苔 3g(10枚) 0.1mg

髪の毛を早く伸ばす栄養素として欠かせない亜鉛の1日の摂取目安は10mg(10歳以上)で、それ以上摂取すると逆効果なので注意が必要です。

 
牡蠣が最高ですが、苦手な人は牛肉や海鮮系を食べると良いですね。
 

クエン酸を含む食べ物  

lemon,lime,grapefruit,orange

 
クエン酸を含むものは、レモンやグレープフルーツ、オレンジ、梅干、酢など主に柑橘系が多いです。
 
クエン酸の1日の摂取目安は2gで、運動する人や疲れを感じている人は5g摂取すると良いです。
 
2gとは、レモンやグレープフルーツ、オレンジなどを1個食べれば充分満たされます。
 

ビタミンCを含む食べ物

食品 1個あたりの重さ ビタミンC含有量
赤ピーマン 150g(1個) 230mg
黄ピーマン 150g(1個) 203mg
ケール 200g(1個) 147mg
にがうり 193g(1個) 145mg
カリフラワー 250g(1個) 131mg
ブロッコリー 165g(1個) 89mg
しし唐辛子 90g(1パック) 44mg
大根の葉 180g(1本) 37mg
緑ピーマン 35g(1個) 23mg
ミニトマト 15g(1個) 5mg

 

ビタミンCの1日の摂取目安は150mg前後で、サラダにレモン汁を少し絞るだけで充分とれますね。
 
タバコを1本吸うとビタミンCの約25gが簡単に失われてしまうので、喫煙はやめましょう。
 

たんぱく質を多く含む食べ物

食べ物 100gあたりタンパク質含有量
ゼラチン 87.6g
ふかひれ 83.9g
かつおぶし 77.1g
するめ 69.2g
煮干し 64.5g
ビーフジャーキー 54.8g
高野豆腐 49.4g
しらす干し 40.5g
いわし 32.8g
いくら 32.6g
牛肉(腱、すじ) 28.3g
焼きたらこ 28.3g
あじ 27.5g
さんま 24.9g
いか 24.1g
うなぎ 23g

たんぱく質の1日の摂取目安は「体重1kgあたり1g」とされており、体重が60kgであれば60gというわけですね。

 
 
社会人でも学生でも食べ物にはあまりお金をかけたくない人もいますが、健康を保つ上でも非常に大切なことなので、ぜひ意識して摂取するようにしましょう。
 
 

まとめ

いかがだったでしょうか。
 
髪の毛を早く伸ばす方法だけでなく、髪の毛を早く伸ばす食べ物をバランスよく食べることによって、学生でも簡単に実践できると思います。
 
薬やサプリメントに頼るのもいいですが、現実的にはお金の面で学生には手が出しにくいです。
 
こうしたものに頼らなくても、ご紹介した方法で髪の毛を早く伸ばせる効果は期待できるので、是非チャレンジしてみてください!
 

スポンサーリンク

-雑学・おもしろ