ゴシッター

芸能界の噂や芸能人の素顔、彼氏彼女といったゴシップから飲み会で使えるネタまでエンタメ情報をお届けします。

「夏美のホタル」映画のロケ地は?有村架純含むキャスト情報も

2016/05/30

夏美のホタル
 
 
「夏美のホタル」は、写真家を志す夏美(有村架純)が恋人との関係を悩んでいたときに、亡き父との思い出深い森に向かい、そこで出会った老親子と過ごした日々を綴ったヒューマンストーリーです。
 
森沢明夫原作の小説「夏美のホタル」が原作で、読者の感想を調べてみると、
 
「夏の大自然の情景と登場人物の心の温かさ涙腺崩壊」
「成長する主人公の姿が四季のうつりかわりとうまくマッチしていた」
「映画公開前に読んで泣いた」
 
など、「夏美のホタル」の内容に感動する声はもちろん、目の前に浮かぶような山里の風景などの大自然へのコメントが多かったように感じました。
 
そこで今回は、多くの人びとに印象づけた大自然をどこで再現したのかが特に気になったので、「夏美のホタル」のロケ地と主演の有村架純を含むキャスト情報をまとめました!
 

スポンサーリンク

 
 

「夏美のホタル」のキャスト

河合夏美(有村架純)
 
有村架純
 
写真学校に通い、将来は写真家を夢見る学生。
 
周りの同級生の作品が評価される中、自分の作品はなかなか評価されず、同じ学校の恋人である慎吾ともうまくいかないことに嫌気がさす。
 
そんなある日、亡き父が遺したバイクに乗って幼少期に父と遊んだ懐かしい森に出かける。
 
その森で出会った老夫婦の優しさに触れる中で、本当に大切なものを見つけていく。
 
 
 
河合忠男(淵上 泰史)
 
淵上泰史
 
夏美(有村架純)の亡き父で、昔はレーサーでバイクが大好きだった。
 
 
 
相羽慎吾(工藤阿須加)
 
工藤阿須加
 
夏美(有村架純)の恋人で、同じ写真学校に通う学生。
夏美を追って森へ行き、ひと夏を過ごす。
 
 
 
福井恵三(光石 研)
 
光石研
 
通称「地蔵さん」で、小さな商店たけ屋を経営。
夏美(有村架純)たちを泊めてあげる優しい心の持ち主。
母親は福井ヤスエ(吉行和子)。
 
 
 
福井ヤスエ(吉行和子)
 
吉行和子
 
通称「ヤスばあさん」で、息子は恵三(光石 研)。
夏美(有村架純)を居候させる。
 
 
 
榊山雲月(小林 薫)
 
 
「地蔵さん」の友人で仏師。
夏美(有村架純)にはあまり良い態度をとらず、夏美からやや敬遠される。
 
 
 
公英(村上虹郎)
 
村上虹郎
 
 
 
美也子(中村優子)
 
中村優子
 
 
 
なんとも、心温まる雰囲気を醸し出せる一流のキャスト揃いですね。
 
今からワクワクしてしまいます!
 

スポンサーリンク

 
 
 

「夏美のホタル」ロケ地は?

まずは、予告編をご覧下さい。
 

 
 
 「夏美のホタル」のメインロケ地は、千葉県夷隅郡(いすみぐん)大多喜町(おおたきまち)です。
 
これは千葉県公式観光物産サイトで発表されていることなので、間違いありません。
 
 
ご紹介した予告編を見ていただくと分かるのですが、山里や田んぼ、川などの大自然のシーンを中心に撮影されています。 
 
では、「夏美のホタル」の小説でも人々の印象が強かった大自然を再現した大多喜町とはどこなのか、予告編で出てくる映像はどこなのかを調査しました!
 
 
 
1、大多喜町基本情報
 大多喜町
 
 
大多喜町は、千葉県房総半島の南東部に位置する人口約9800人の町です。面積の7割が森林という自然豊かな町というから驚きです!
 
大多喜町詳細(町役場) 
住所 千葉県夷隅郡大多喜町大多喜93
 
  
町の中心駅は、いすみ鉄道の大多喜駅と、小湊鉄道の上総中野駅です。
予告映像で相羽慎吾(工藤阿須加)が乗っていたのは、内装や風景からこの後ご紹介する小湊鉄道だと予測できます。
 
 
 
 
2、菜の花畑で有名な「石神」
  菜の花畑
 
3~4月は菜の花畑として大勢の観光客で賑わう人気のスポットです。
 
大多喜町役場からは約13kmほど離れていて、何人かの人がサイクリングロードとしても紹介していたので、予告編のバイクで駆け抜けるシーンはこの周辺だと予測できます。
 
 
菜の花畑「石神」詳細
住所 千葉県市原市石神225
交通 小湊鉄道「養老渓谷駅」徒歩15分
 
※東京駅からは約3時間。
JR京葉線「東京駅」→JR内房線「五井駅」→小湊鉄道「養老渓谷駅」
 
 
 
3、養老渓谷
  粟又の滝2
 
養老渓谷は車での移動が必要なほど広いです。
 
「夏美のホタル」という名前のように、この養老渓谷周辺では6月下旬から7月上旬にホタルを鑑賞することができます。
 
 ホタルは成虫になるまで水質のキレイな場所を選ぶため、この場所がいかにキレイかがお分かりいただけると思います。
 
「夏美のホタル」をより身近に感じれるスポットとして、栗又の滝があります。
予告編で流れていた場所は、人が川の中で遊んだり、川周辺の遊歩道がありました。
 
栗又の滝は、滝めぐりコースもあって遊歩道も整備されており、撮影地として選ばれたと思われます。
 
 
栗又の滝詳細(駐車場)
住所 千葉県夷隅郡大多喜町栗又157 
交通 小湊鉄道「養老渓谷駅」徒歩20分
電話 0470-85-0243
 
普通車 500円 マイクロバス1000円 中型バス 1500円 大型バス2000円
(普通車37台、大型車3台まで駐車可能)
 
 
 
 
3、小湊鉄道(里山トロッコ列車)
 小湊鉄道
 
 小湊鉄道は、五井駅(JR内房線と接続)から上総中野駅(いすみ鉄道いすみ線と接続)を結ぶ全長39.1kmのローカル線です。
 
大自然の中を颯爽と走る昔ながら車両にはファンも多く、土日には、乗り鉄や撮り鉄が鉄道沿線に集まります。
 
予告映像で一瞬映った相羽慎吾(工藤阿須加)の乗車シーンの内装や風景を見るに、この小湊鉄道の可能性が高いです
 
 
観光用に小湊鉄道が開業時に使用していたSLを使ったトロッコ列車が走っており、昔懐かしい雰囲気を楽しめるのも魅力ですね。
 
運転区間は上総牛久駅から養老渓谷駅、金土日の運行(夏休み期間は別ダイヤ)で基本的に予約制なので、詳しくはこちらのホームページでご確認ください。
 
小湊鉄道トロッコ列車ホームページ
 
 
 
 

まとめ 

 いかがだったでしょうか。
 
「夏美のホタル」で印象的な大自然を楽しめる千葉県夷隅郡大多喜町には、都会では楽しめない懐かしさが詰まっていると感じました。
 
バイクで菜の花畑ツーリングを楽しむのも良し。 
養老渓谷でマイナスイオンを感じて童心に返るのも良し。
小湊鐵道で大自然の中を満喫するのも良し。
 
人生で悩んだ時は、大多喜町に行って「夏美のホタル」を体験してみると、夏美のように大切な何かに気づくかもしれません。
 
 

スポンサーリンク

-映画・ドラマ