ゴシッター

芸能界の噂や芸能人の素顔、彼氏彼女といったゴシップから飲み会で使えるネタまでエンタメ情報をお届けします。

大原櫻子の本名や父の林田尚親を調査!高校退学理由や出身大学も

ooharasakurako
 
大原櫻子といえば、少女のような見た目と歌声の力強さのギャップが魅力の歌手兼女優です。
 
もともとはダンサーとしてスカウトされたものの、ドラマや映画のみならず、高校サッカーの応援歌を担当するなどマルチな才能を見せています。
 
また、大原櫻子さんの父がテレビのバラエティ番組で聞かない日はない林田尚親さんということも判明して話題になりました。
 
今回は、大原櫻子さんの本名や退学させられたと言われている高校と退学理由、出身大学に加えて父である林田尚親さんについても詳しく紹介します!

スポンサーリンク

プロフィール

ooharasakurako-kawaii

大原櫻子さんは、東京都出身で1996年1月10日生まれの歌手・女優です。
 
身長は158cmともう少し小さいイメージでしたが、意外と背が高いんですね。
 
本名は林田さくらこで、父親の林田尚親さんの苗字である「林田」、名前は平仮名で「さくらこ」なんですね。
 
大原櫻子さんがダンサーとしてスカウトされた中学生当時の事務所である藤賀事務所の当初のプロフィールでは、本名である「林田さくらこ」も記載されていました。(後に本名は削除)
 
hayashidasakurako
 
大原櫻子さんが本名から芸名に変えた理由としては、父親である林田尚親さんが名ナレーターであるため2世タレントとして扱われるのが嫌だったからではないかということです。
 
大原櫻子さんは脚光を浴びてから父が林田尚親ということを認めたので、親の七光りという人もいませんよね。
 
 
毎年何千人、何万人がデビューしては去っていく厳しい芸能界で生き残るために利用できるものは利用するタレントは多いですよね。
 
父親や母親が本名で活動していたらなおさら、本名で活動することで注目度も上がったのでしょうが、あえて本名を使わず自分の力で切り開くんだという強い決心が伝わってきますね。
  
見た目によらず、とても根性がある女性だなと感じました!
  
そんな本名もあえて使わないド根性精神が、高校退学にも関係していました。
 
  

大原櫻子の高校退学理由は?

ooharasakurako-taigaku
 
大原櫻子さんの高校退学理由は、2013年に公開された映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」への出演だと言われています。
 
 
大原櫻子さんは、校則が厳しいことで有名な桐朋女子高校に通っていました。
 
桐朋女子高校は、東京都調布市にある中高一貫のお嬢様学校で、偏差値が67と非常に賢い高校で、進路も京都大学や一橋大学、九州大学など日本の伝統ある名門校揃いです。
  
同校出身の芸能人は、はいだしょうこさんやグラビアアイドルの小泉麻耶さん、ヴァイオリニストの高嶋ちさ子さんらがいます。
 
校則は茶髪やピアスはもちろん、携帯電話も化粧も禁止。
 
芸能活動も禁止事項に含まれていて実際に退学処分になった人もおり、芸能人では過去に小泉麻耶さんがグラビア活動をしたことで退学処分になるなど、芸能人だからといって容赦しないとても厳しい校風です。
 
 
しかし、大原さんがダンサーとしてスカウトされて藤賀事務所に入ったときは桐朋女子中学2年生の時です。
 
芸能活動が禁止の桐朋女子では退学に値する行為に見えますが、なぜ大原櫻子さんは退学せずに済んだのでしょうか。
 
退学処分がくだされなかった理由として考えられることは、
 
 
・当時の大原櫻子さんがテレビや雑誌などの活動は多くなく、大きく取り上げられることがなかったこと
 
・父親の林田尚親さんが芸能界で働いているという特殊な事情があったこと
 
 
これにより、芸能事務所に入ることは学校側でギリギリ許容範囲で、雑誌のグラビアや映画で主演級の「目立った芸能活動」は禁止だったのでは、とされています。
 
大原櫻子さんが高校に進学し、2012年のフジテレビ系ドラマ「高校入試」にエキストラとして出演したことに関しては「目立った芸能活動」に該当せず退学処分にはならなかったようですね。
 
しかし、常に退学処分と隣り合わせの状況で監視されているような環境に大原櫻子さん自身も嫌気がさしていたとも言われています。
 
そして、大原櫻子さんは2013年に「カノジョは嘘を愛おしすぎてる」のヒロインに決定します。
 

 
これは完全に「目立った芸能活動」に該当しますよね(笑)
 
 
映画に出演するか、学校を退学するか。
 
芸能活動に憧れを抱いていた大原櫻子さんにとっては、ヒロイン役は願ってもないチャンスで、退学を選んだことに迷いも少なかったと思われます。
 
したがって、この2013年公開の映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」への出演が、退学理由といってよいでしょう。
 
 
桐朋女子高校を退学後、芸能活動が可能な東京の世田谷と町田にある和光学園に転入することになったようです。
 
和光学園は幼稚園~大学までの一貫校として、芸能人の子どもも多く通っている芸能人学校としても有名です。
 
ミスターチルドレンの桜井和寿さんの息子さん、やタレントの千秋さんの娘さん、ダウンタウンの浜田雅功さんの息子さんのハマ・オカモトさんも通っていました。
 
同じ学校の生徒かは不明ですが、大原櫻子さんが和光学園に在籍していたことを示すツイートがあったので、桐朋女子高校を退学後に和光学園に転入した可能性は高いですね。
 
ooharasakurako-wakougakuen
 
 
大原櫻子さんの大学に関しては目撃ツイートも多く、日本大学芸術学部ではないかとされています。
 
「大原櫻子、俺の友達と同じクラスだったんだけど」
 
「大原櫻子と同じ講義なう」
 
「大原櫻子かわいい。まさか同じ日芸(日本大学芸術学部)とは思わなかった」
 
大原櫻子さんの通う高校についてのツイートに比べて大学に関するツイートは多く 、「大学に入るのを見た」とか「似てる人を大学ですれ違った」のようなものではないので信憑性も高いと思います。
 
日本大学芸術学部といえば、有名脚本家の宮藤官九郎さんやお笑いコンビ「爆笑問題」の太田光さんなど、才能豊かな人が集まっている印象が強いですね!
 

スポンサーリンク

 

大原櫻子の父の林田尚親とは?

hayashidanaochika

 
大原櫻子さんの父の林田尚親(はやしだなおちか)さんは、1962年8月31日生まれで演出や構成までこなす舞台俳優でもあり、日本を代表するナレーターでもあります。
 
「行列のできる法律相談所」や「ザ!世界仰天ニュース」などのバラエティ番組を見たことがある人であれば林田尚親さんの声を聞いたことがない人はいないのではないでしょうか。
 

 
安定感があって、聞いてて安心できるナレーションですよね。
 
 
林田尚親さんがまさか大原櫻子さんの父親だとは思いませんでしたが、娘の活躍を受けて「素直に嬉しいです」と父親らしく喜んでいるようです。
 
 
林田尚親さんと大原櫻子さんのように、父親がナレーターで子どもも有名人のパターンは日本だけでなく世界を見てもそれほど多くはありません。
 
日本 
父 蟹江敬三(俳優・ナレーター) 息子 蟹江一平(俳優)
 
海外
モーガン・フリーマン(俳優・ナレーター) 息子 アルフォンソ・フリーマン(俳優)
 
いずれにしても、父を超えるほどの活躍はいずれも見せていない印象です。
 
そんな中、大原櫻子さんは自らの力で父の林田尚親さんを凌ぐ知名度を築き上げた根性はすごいですよね。
 
 

まとめ

 いかがだったでしょうか。
 
大原櫻子さんの本名を変えてまで活動する強い想いが、父の林田尚親さん並みの人気を築き上げつつあることが分かりました。
 
大原櫻子さんは今後、女優業だけでなく音楽業、父の林田尚親さんが活躍するナレーター業への進出で父娘共演なんてこともあるかもしれませんね。
 
これからの大原櫻子さんと父の林田尚親さん家族の活躍に注目したいと思います!
 

スポンサーリンク

-芸能