ゴシッター

芸能界の噂や芸能人の素顔、彼氏彼女といったゴシップから飲み会で使えるネタまでエンタメ情報をお届けします。

リオオリンピックの海外美女アスリートの収入や人気ランキング!

2016/08/02

bijoasuri-to
 
リオオリンピックがいよいよ2016年8月5日に開幕します。
 
ブラジルのリオデジャネイロでは町をあげて盛り上がっている様子がテレビでも見て取れます。
 
そんな盛り上がりの中、各メディアがこぞって狙うのが国内と海外のイケメンと美女アスリート(笑)
 
今回は、リオオリンピック出場の美女アスリートの紹介とともに年収や人気度をツイッターフォロワー数をもとにランキングにしてみました!

スポンサーリンク

リオオリンピック海外美女アスリート人気ランキング

リオオリンピック出場の海外イケメン・美女アスリートたちは、自国ではもちろんスターですが海外ではそこまで知られていないことも多いです。
 
 
ちなみにリオオリンピックの海外イケメンや日本代表イケメンなどはこちらを参考にしてください。
 
 
 
 
今回も、リオオリンピック海外イケメン時と同様、世界に3億人以上の利用者を誇るツイッターのフォロワー数をもとに世界中でどれだけ人気なのかをランキングにしました。
 
それでは、リオオリンピック海外美女アスリート人気ランキングにレッツゴー!
 

10位 メラニー・アダムス(オーストラリア)

Melanie Adams

 
ツイッターフォロワー 約600人
 
推定年収 約1500万円
 
種目:棒高跳び  生年月日:1988年6月17日
 
 
雑誌のモデルコンテストなどのモデルオーディションで多くの優勝、ファイナリストになるほどの美貌とスタイルを持つ海外美女アスリート。
 
将来のフィットネス経営をするために勉強も熱心にするなど才色兼備の海外美女アスリートでもあります。
 
オーストラリア国内での棒高跳び人気はそれほど高くはなく、収入も200~300万ではありますが、モデルや雑誌などのメディア出演料等の収入が1000万近くあると推定されています。
 

9位 ナターシャ・ヘイスティングス(アメリカ)

natasha hastings

 
ツイッターフォロワー 約31000人
 
推定年収 約5000万円
 
種目:棒高跳び  生年月日:1986年7月23日
 
 
2012年世界陸上400mで銅メダルを獲得し、2013年全米選手権を制すなど陸上界では知らぬ者がいない海外美女アスリート。
 
北京オリンピックで金メダルを獲得しており、リオオリンピックで連覇が期待されています。
 
陸上での収入は約1000万ほどですが、アメリカのスポーツ雑誌によるとアンダーアーマーなどのスポンサー契約料や雑誌などのメディア出演料収入が4000万を越えるとされています。
 
 

8位 エレン・フッグ(オランダ)

Ellen-Hoog(field hockey)

 
ツイッターフォロワー 約33000人
 
推定年収 約4000万円
 
種目:ホッケー  生年月日:1986年3月26日
 
 
オリンピックの女子ホッケーでは2連覇中のオランダでもひときわ目を引く美貌の海外美女アスリートです。
 
オランダ国内での女子スポーツ人気は、サッカーや自転車、ボクシングが高く、ホッケーはそこまで人気のスポーツとは言えませんが、リオオリンピックでは3連覇が期待されているだけあって注目度は高いです。
 
そのため、ホッケー自体での収入は約500万前後ですがナイキをはじめとするスポンサー契約料およびメディア等への出演料などが約3500万あると推定されています。
  
 

7位 ミシェル・ジェニーク(オーストラリア)

Michelle Jenneke
 
ツイッターフォロワー 約5万人
 
推定年収 約2500万円
 
種目:陸上競技(ハードル) 生年月日:1993年6月23日
 
 
2010年のユースオリンピックでは銀メダルに輝き、リオオリンピックでは期待がかかる海外美女アスリートです。
 
オーストラリアメディアによると、国内ではモデル活動もしており、そちらの収入が約1000万程あるとのことです。
 
  

6位 ジャクリン・カルバーホ(ブラジル)

 Jaqueline Carvalho

ツイッターフォロワー 約21万8千人
 
推定年収 約4000万円
 
種目:バレーボール  生年月日:1983年12月31日
 
 
ジャクリン選手はP&GのCMに起用されたり、モデル活動もするなどその美しさはブラジルバレーボール界でもトップクラスの海外美女アスリートです。
 
バレーボール自体の年収は800万前後ですが、CMやモデル活動の年収が推定約3000万とされています。
 
2008年北京オリンピック、2012年ロンドンオリンピックで金メダルを獲得するなどブラジルバレーボールの歴史の中でも最強のカナリア軍団と言われており、リオオリンピックでの3連覇が期待されています。
  
 

5位  レリン・フランコ(パラグアイ)

Leryn Franco

ツイッターフォロワー 約22万4千人
 
推定年収 約1500万円
 
種目:陸上競技(やり投げ) 生年月日:1982年3月1日
 
 
陸上選手でありながら、モデルや女優をこなす異色の海外美女アスリートで、ミス・パラグアイコンテストでは準グランプリに選ばれるほどの人気で、リオオリンピックも彼女目当てに見る国民も大勢いるようです(笑)
 
陸上競技での年収は300万前後ですが、モデルや女優活動での年収が約1000万円と推定されています。
 

4位 サリー・フィッジボーンズ(オーストラリア)

Sally Fitzgibbons

ツイッターフォロワー 約22万9千人
 
推定年収 約1億円
 
種目:サーフィン  生年月日:1990年12月19日
 
 
ジュニア時代から数々のサーフィン大会で優勝し、リオオリンピックでも優勝候補筆頭の海外美女アスリートです。
 
サーファー天国オーストラリアでプロで生きていくだけでも狭き門の中、オリンピッククラスになるとスポンサー料に加え、自らがデザインしたサーフボードやサンダルなどの印税もあるため、トップサーファーは1億円前後の年収と推定されています。
 

スポンサーリンク

 

3位 ウージニー・ブシャール(カナダ)

Eugenie Bouchard

ツイッターフォロワー 約66万人
 
推定年収 約1億5000万円
 
種目:テニス  生年月日:1994年2月25日
 
 
デビュー当時から、かわいらしいルックスと迫力のあるサーブで「シャラポワ2世」とも言われた海外美女アスリートです。
 
2014年にはウインブルドン女子シングルス準優勝を果たし、世界ランクも5位になるなど順風満帆でしたが、近年は怪我の影響もあり苦しんでいますが、リオオリンピックでは復活してくれることでしょう!
 
それでも、ナイキやコカコーラなど多くのスポンサー収入が約1億円とカナダのメディアも報じています。
 

2位 アナ・イバノビッチ(セルビア)

Ana Ivanovic

ツイッターフォロワー 約84万人
 
推定年収 約10億円
 
種目:テニス  生年月日:1986年11月6日
 
 
2008年全仏オープン女子シングルス優勝で世界ランク1位にもなり、美貌と実力を備える海外美女アスリートです。
 
サッカードイツ代表経験もあるシュバインシュタイガー選手と2016年7月に結婚し、プライベートも順調なイバノビッチ選手は、年間賞金約2億円、アディダスやロレックス等のスポンサー契約が約8億円といわれています。
 
公私ともに最高の状態で臨むリオオリンピックではどのような活躍を見せてくれるのかが楽しみです。
 

1位 キャロライン・ウォズニアック(デンマーク)

Caroline Wozniacki

ツイッターフォロワー 約111万人
 
推定年収 約14億円
 
種目:テニス   生年月日:1990年7月11日
 
 
デンマーク人として初の世界ランク1位になる実力だけでなくその美貌も毎年注目されている海外美女アスリートです。
 
スポーツ選手の年収に詳しいフォーブスによると、年間賞金は約4億円、スポンサー契約だけでも10億円はくだらないとされており、リオオリンピックでは活躍して当たり前と言われるほどの人気ぶりです。
 
 
最後に、ランキングを表にまとめたので参考にしてみてください!
 
  
 

まとめ

いかがだったでしょうか。
 
リオオリンピックでは世界レベルの熱い戦いも注目ですが、海外美女アスリートにも注目して別の楽しみも見つけてみると良いですね(笑)
 
海外美女アスリートにはもちろん注目ですが、応援はやはり日本にしましょう!
 

スポンサーリンク

-スポーツ