ゴシッター

芸能界の噂や芸能人の素顔、彼氏彼女といったゴシップから飲み会で使えるネタまでエンタメ情報をお届けします。

静電気の除去や放電方法まとめ!服や髪の毛への対策や体質も紹介

2017/04/29

 
 
冬になると、服やマフラーを脱ぐとバチバチなり、髪の毛もまとまらない・・・。
 
ドアノブや人に触れる時も一瞬ではありますが緊張感を持つものですよね(笑)
 
今回は、そんな静電気の除去対策や放電方法と服や髪の毛への対策、体質をご紹介していきます!

スポンサーリンク

静電気の発生原因

 
 
静電気の除去対策や放電方法の前に、静電気の主な発生原因を見ていきましょう。
 
静電気の発生原因は、次の通りです。
 

 
□摩擦時
 
□乾燥時
 
□血液ドロドロ時(酸性化)
 
こうした発生原因が起きやすいのが冬であって、1年中静電気は発生しています。
 

摩擦時

動くもの同士がこすり合う摩擦には、次のような帯電の種類があります。
 
◇接触帯電(2つの物質が接触する)
 
→セーターと下敷きを接触させると、セーターの毛が下敷きにくっつく
 
 
◇摩擦帯電(2つの物質がこすれ合う)
 
→服を脱ぐとき、体と服がこすれ合って静電気が発生
 
 
◇剥離帯電(接触した物質同士を剥がす)
 
→パソコンなどの画面のシートを剥がす剥がすとき等に静電気が発生
 
 

乾燥時

空気が乾燥しやすい冬は、静電気がとても発生しやすい環境です。
 
具体的には、
・気温 25度以下
・湿度 20%以下
 
で、空気の中に水分が少なくなると、電気が空気中に放電せず静電気になります。
 
 

血液ドロドロ時(酸性化)

中学校の理科の授業で習ったと思いますが、酸性はプラスの電気、アルカリ性はマイナスの電気(マイナスイオンは体に良いと聞いたことがありますね)です。
 
血液がドロドロになると、それとともに電気も通りにくくなって溜まりやすくなり、静電気が発生しやすくなるというわけですね。
 
ドロドロになる原因は、
・暴飲暴食
・血糖値が高い
・喫煙
 
など普段の生活習慣がとても大切になってきます。
 
 
このようなことが原因で静電気が発生するので、生活している以上は静電気の発生は避けられないことが分かります。
 
では、その静電気の除去や放電方法はどのようなものがあるのかを見ていきましょう。
 

スポンサーリンク

 

静電気の除去対策や放電方法

 
 
こちらでは、物質に帯びている静電気の除去対策や放電方法をご紹介します。
 
静電気の除去対策や放電方法は、基本的には静電気の「素材が近い者同士は静電気が起きにくい性質」をうまく利用します。
 
次の表を見てみましょう。
 
 
プラス 人毛や毛皮
ガラス
羊毛
ナイロン
レーヨン
木綿
木材
人の皮膚
ガラス繊維
アルミニウム
マイナス ゴム
ポリスチレン
ポリプロピレン
ポリエステル
アクリル
ポリエチレン
セロファン
塩化ビニル
 
 
対象物の静電気を除去したい場合、対象物の素材に近い物を使うわけです。
 
例えば、
・人の皮膚であれば木材を使う
・鉄であればアルミニウムや銅を使う
 
ということですね。(それ以外の方法もご紹介します)
 
 
では、具体的な静電気除去対策と放電方法を見ていきましょう。
 

鉄の静電気除去対策

 
ドアノブや車などの鉄製のものを触る前に放電する静電気除去方法です。
 
◆コインを使う
 
ドアノブなどに直接触らず、コイン、特にアルミニウムや銅でできている1円玉や10円玉でドアノブにタッチする対策で放電します。
 
そのあとは普通に触ってOKです。
 
 
◆カギを使う
 
カギも1円玉や10円玉と同じ静電気除去方法で、ドアノブにタッチして放電してから手で触りましょう。
 
 
◆スマホを使う
 
これも上記と同じ静電気除去方法で、タッチして放電します。
 
レザーケースをつけていても、そのままドアノブにタッチしてから手で触れば静電気は直接手にきませんが、プラスチック製ケースを使用している人はプラスチック面を避けてタッチしてください。
 
 
◆コンクリートにまず触る
 
洗濯物の干し竿などに触る前に、微量のアルミニウムを含むコンクリートにタッチして放電します。
 
 
◆木材にまず触る
 
帯電しにくく電気を通す木材にまず触ることで、放電します。
 
 
◆ガムテープを貼る
 
鉄に素材が近いゴムを成分としたガムテープをドアノブやハンガーの金属の部分に貼ることで、立派な静電気除去方法になります。
 
金属の部分にタッチする前にガムテープにタッチすることで体から放電するので、その後は直接触ってもOKです。
 
 

服の静電気除去対策

 
 
◆同じ素材の衣服を着る
 
衣服の素材を見るために、さきほどの表をもう一度見てみましょう。
 
 
プラス 人毛や毛皮
ガラス
羊毛
ナイロン
レーヨン
木綿
木材
人の皮膚
ガラス繊維
アルミニウム
マイナス ゴム
ポリスチレン
ポリプロピレン
ポリエステル
アクリル
ポリエチレン
セロファン
塩化ビニル
 
 
衣服の素材のプラスとマイナスの距離が大きいほど、静電気は発生しやすいです。
 
例えば、
 
ポリエステルのTシャツ(中間)には、綿のTシャツ(中間)を着るよりウールのセーター(プラス)を着た方が静電気は発生しやすくなってしまうということですね。
 
したがって、同じ素材の衣服を着ることが静電気除去方法になります。
 
 
◆静電気防止スプレーを使う
 

物質の境の面の性質を変化させる表面活性剤が入っている静電気防止スプレーは、衣服の汚れや静電気までも除去してくれます。

表面活性剤はリンスや柔軟剤にも入っており、これら1~3滴と水を100均スプレーボトルに入れて混ぜることで手作りでこの静電気防止スプレーをつくることもできます。

 
◆柔軟剤を使う
 
ご紹介した手作りの静電気防止スプレーの成分でもある柔軟剤を使うと、衣服の滑りをよくして、服同士の摩擦をなくします。
 
 
◆ブレスレットをする
 
衣服の装飾としても使えるブレスレットは、静電気除去方法として効果があります。
 
静電気除去ブレスレットには銅が入っている場合が多く、つけることで常に放電状態になるので、衣服を身に着けるときにはすると良いですね。
 

髪の毛の静電気除去対策

 
 
◆トリートメントをする
 
静電気は乾燥時に起こります。
 
したがって、髪の毛も乾燥していては静電気が発生してしまうのでトリートメントで髪の毛を潤った状態にしおくことで静電気を除去することができます。
 
髪の毛につけて洗い流すトリートメントもありますが、洗い流さないトリートメントの方が髪の毛の乾燥をおさえてくれるのでオススメです。
 
 
◆天然木材や動物の毛を使ったヘアブラシを使う
 
髪の毛を整える際に使用するヘアブラシですが、多くの人はプラスチック製をつかっているのではないでしょうか。
 
下敷きと同じプラスチック製のヘアブラシで髪の毛を整えるということは、下敷きで髪の毛を整えているのと同じことです。
 
髪の毛と下敷きといえば、子どものころによく遊んでましたよね(笑)
 
天然の木材や動物の毛を使うと静電気が起こりにくく、何より髪の毛にダメージがいかないのでオススメの対策方法です。
 
 
◆ナイトキャップ
 
睡眠中の人間は、一般的に20回~30回寝返りをしていると言われています。
 
寝返りをするたびに枕と髪の毛がこすれるわけですから、摩擦が起き静電気が起こります。
 
ナイトキャップをすることで髪の毛に静電気が発生することをおさえ、ツヤのある髪の毛を保つことにもなる対策方法のでオススメです。
 
 
◆応急措置でヘアスプレー
 
あまり髪の毛には良くありませんが、エレガードなどのヘアスプレーをすることで静電気除去対策にはなります。
 

その他の静電気除去対策

 
 
◆湿度の調整
乾燥時に静電気が発生しやすいならば、加湿器で湿度を低めれば対策として有効ですね。
 
部屋の湿度は、50~60%が目安です。
 
 
◆保湿をする
これも加湿と同じ理由で、ハンドクリームを携帯してカサカサになる前に保湿しておくことで静電気除去対策として効果があります。
 

スポンサーリンク

  

静電気をためやすい体質について

 
 
静電気をためやすい体質の人を、帯電体質と呼びます。
 
帯電体質の人の特徴は、
・乾燥肌である
・生活習慣が良くない
 
ということが多いです。
 
体質的に乾燥肌の人は、さきほどご紹介したように保湿を心がけましょう。
 
 
生活習慣が良くない人は、体内の電気がプラスになっており、血液がドロドロであることが多いです。
 
電気にはプラス電気とマイナス電気があり、標準体質の人はプラス電気とマイナス電気のバランスがとれています。
 
標準体質の人が金属などを触っても、体内と金属類との電気の距離がそこまで離れていないので静電気がバチっ!とくることは少ないのですが、帯電体質の人はプラスの電気であふれているので一気にマイナス電気が移動しバチっ!とくるわけですね。
 
帯電体質、つまり体内が酸性になることで電気が通りにくくなって電気が溜まりやすくなります。
 
酸性体質は、普段の食生活や喫煙習慣などを改善させることで弱アルカリ性体質に(健康体の人)変えることができます。
 
 
アルカリ性か酸性かは、1~14で表すことのできるペーハー(pH)で判断します。
 

ph 液性
3未満 強酸性
3以上6未満 弱酸性
6以上8以下 中性
9以上11以下 弱アルカリ性
12以上 強アルカリ性
★飲み物
・酸性の飲み物 
 コーラ、栄養ドリンク、ジュース、ワイン、ビール、日本酒、焼酎など
 
・中性の飲み物
 牛乳、豆乳、ミネラルウォーター、コーヒーなど
 
・アルカリ性の飲み物
 アルカリイオン水など
 
 
☆食べ物
・酸性の食べ物
 肉類、魚類、穀類、卵、砂糖など
 
・アルカリ性の食べ物
 野菜類、果物類、海藻類、きのこ類、大豆類
 
 
弱アルカリ性体質になるためとはいえ、アルカリ性のものばかり摂取すればいいというものではありません。
 
あくまでも体質改善のために、バランスの良い食事を心がけ、暴飲暴食や喫煙しないことも体質改善において大切になってきます。
 
体質改善に取り組む人に役立つ農林水産省の食事バランスガイドを参考にしてみてください。
 
 

まとめ

いかがだったでしょうか。
 
衣服の洗濯やちょっとした工夫をするだけで、物や髪の毛などへの静電気の除去対策や放電方法になるんですね。
 
また、普段の食生活で体質を改善することで静電気の発生しにくい体をつくることも大切になってきますので、是非参考にしてみてくださいね!
 

スポンサーリンク

-雑学・おもしろ