ゴシッター

芸能界の噂や芸能人の素顔、彼氏彼女といったゴシップから飲み会で使えるネタまでエンタメ情報をお届けします。

スーツのシワ取りやアイロンのかけ方は?出張時の持ち運び方も

2017/04/28

 
 
社会人になったら毎日のように使うスーツですが、いつの間にかついているシワや出張時の持ち運び方に苦戦している人も多いのではないでしょうか。
 
そんなときに、シワをしっかりとるアイロンのかけ方やシワのつきにくい持ち運び方、出張時などの出先でシワをすぐとれる方法を知っておくととても便利ですよね。
 
そこで今回は、スーツのシワ取りやアイロンのかけ方、さらには出張時の持ち運び方をご紹介します!

スポンサーリンク

スーツのシワの取り方

スーツのシワ取りについては、次の方法があります。
 
 
◆アイロンでシワ取り
 
◆衣類スチーマーでシワ取り
 
◆霧吹きやスプレーでシワ取り
 
◆浴室でシワ取り
 
◆脱水でシワ取り
 
◆クリーニングでシワ取り
 
それでは、それぞれのシワの取り方を詳しく見ていきましょう!
 
◆アイロンでのシワの取り方
 
シワ取り時間目安:5~10分
 
通常のアイロンのかけ方は後述していますので、こちらではもう一つのアイロンであるヘアアイロンを使ったシワの取り方を見ていきましょう。
 
ヘアアイロンはその名の通り髪の毛に使うアイロンですが、シワ取りの箇所をピンポイントで対応できることや大きさもコンパクトで非常に使い勝手がいいです。
 
立ち上げも30秒もあれば熱くなります。
 
ヘアアイロンを使う際には、ヘアアイロン自体にワックスや髪の毛などが付着していないか、スーツにほこりなど溜まっていないかをチェックしてから使いましょう。
 
 
ヘアアイロンは、このように挟むタイプが一般的なので使い方も簡単ですね。
 
 
◆衣類スチーマーでのシワの取り方
 
シワ取り時間目安:5分程度
 
プロのスタイリストの必需品でもある衣類スチーマーは、通常のアイロンと違ってアイロン台がなくてもハンガーにかけたまま衣類をアイロンがけできる利点があります。
 
立ち上げもヘアアイロン同様30秒もあれば充分です。
(下の画像をクリックすると楽天の衣類スチーマーのコーナーに進めます)
 
 
衣類スチーマー(2,600円前後)
 
 
 
おまけとして、出張先などですぐに使えるアイロンもご紹介しましょう。
 
最近は出張向けのビジネスホテルやシティホテルでも、アイロンを貸してくれるところもありますので、宿泊の出張であれば安心ですね。
 
しかし、日帰り出張の場合はそうもいきません。
 
日帰り出張などで急きょシワをとりたいときは、携帯用の衣類スチーマーを使うと便利です。
(下の画像をクリックすると楽天の携帯スチーマーのコーナーに進めます)
 
 
海外対応ミニアイロン(1,100円前後)

 

このミニアイロンを含む衣類スチーマーはアイロン台がなくてもハンガーなどにかけたままアイロンができるため、どこででもシワ取りができます。

 
とりあえず目立つシワだけでも取りたい・・・というときには重宝しますね。
 
 
◆霧吹きやスプレーでのシワの取り方
 
シワ取り時間目安:30~40分程度
 
アイロンやスチーマーなど、熱と圧力があればほとんどのシワは取れますが、それでも取れないシワがあります。
 
そんなときは、水分を含ませて残りのシワ取りをしましょう。
 
霧吹きやスプレーの中身は、次のようなものがあります。 
 
 
・水 
 
・ファブリーズやリセッシュなど
 
・シワ取りスプレー
 
乾燥したものは水分を得ると柔らかくなるので、それを利用してシワの部分の繊維を柔らかくしてシワ取りをするんですね。
 
これらを使って、シワの部分に水分を含ませてシワを縦横に伸ばしたり、パンパンと叩いて自然乾燥させます。
 
シワ取りスプレーは自作でも簡単にでき、スプレーボトルに水150ml+柔軟剤50mlを入れて振れば出来上がりです。
 
ただし、ポリエステル100%や着物、毛皮などには使わないようにしましょう。
 
 
◆浴室でのシワの取り方
 
シワ取り時間目安:シャワーやお風呂の時間による
 
浴室にハンガーでスーツを吊るしたままお風呂を溜めたりホットシャワーを使ったりして、その湯気でスーツに水分を含ませるシワの取り方です。
 
換気扇をつけると湯気がたちにくいので、換気扇はつけずに浴室で行いましょう。
 
 
お湯にタオルを浸して絞り、それを洋服のシワにあてても同じ効果が期待できます。
 
出かけ際に水分を含ませて、出勤時間で乾かすのもありですね。
 
 
◆脱水でのシワの取り方
 
シワ取り時間目安:3分程度
 
前述の水分を含ませるアプローチとは全く逆のシワの取り方ですが、スーツに水分が充分含まれていることが前提です。
 
水分を含むことでシワも取れやすくなって、そこに脱水で熱を使うためさらにシワも取れやすくなるんですね。
 
 
ただし、次の注意事項は守りましょう。
 
 
・脱水は3分程度
 
・2枚以上入れない(絡まって余計にシワになる)
 
・結婚式用スーツなどは入れない(傷むのでもったいない)
 
 
 
◆クリーニングでのシワの取り方
 
シワ取り時間目安:半日以上
 
クリーニング店では、「プレスのみ」でスーツなどのシワを取ってくれるサービスがあります。
 
料金は通常のクリーニング料金の6~7割程度で、時間は1日程度(午前中受付で早くて当日夕方)見ておきましょう。
 
シワくちゃのものやとれにくいシワがあって時間に余裕がある場合には利用してみるのもいいですね。
 

スポンサーリンク

 

スーツのアイロンのかけ方

スーツのアイロンの丁寧なかけ方は、霧吹きと当て布をつかったかけ方になります。
 
当て布とは、テカリが出ないようにしたり、仕上げを柔らかくしたりする役割があり、綿100%のハンカチや白色で薄い生地のものなどでOKです。
 
当て布が必要な素材としては、次のようなものがあります。
 
 
・黒色の衣装
 
・Tシャツなどにプリントされた部分
 
・ニット類
 
・カシミヤ
 
・シルク
 
・ウール
 
・ポリエステル
 
・レーヨン
 
 
ということで、当て布を使う前提でアイロンのかけ方を見ていきましょう。
  
スーツのジャケットとスラックスに分けて、アイロンのかけ方を見ていきましょう。
 
<ジャケットのアイロンのかけ方>
 
スーツジャケットのアイロンのかけ方は、シワの部分に2~3吹ほど霧吹きをかけることは共通していますが、箇所によって若干かけかたが変わります。
 
◇肩から袖のかけ方 
利き手が右手の場合は左手でシワを伸ばしながらなでるようにかけましょう。
 
袖の外側の縫い目に沿って丁寧にかけていくと、形もきれいになります。
 
 
◇襟のかけ方
 
 
襟は裏返してシワを伸ばしながらなでるようにかけましょう。
 
 
◇後見頃(うしろみごろ)のかけ方 
 
 
後身頃は、背中の部分のことです。
 
後見頃を掛ける際は、アイロン台にスーツジャケットを覆うようにのせて、なでるように上から下へかけていきます。
 
 
◇前身頃(まえみごろ)のかけ方
 
 
前見頃は、次のように衣服の前の部分のことです。
 
前見頃には、スーツジャケットのボタン部分に気を付けながら軽くなでるようにかけていきましょう。
 
 
◇ラベルのかけ方
ラベルは、少しだけアイロンが触れるくらい軽くなでるようにかけましょう。
 
 
<スラックスのアイロンのかけ方>
 
スーツスラックスの場合も霧吹きを2~3吹かけることは共通していて、箇所によってアイロンのかけ方が異なります。
 
◇腰回りのかけ方 
 
 
前と後ろを同時にアイロンがけしないように、アイロン台にスラックスをはさみこむように載せます。
 
前側のファスナーに気を付けてかけていきましょう。
 
 
◇腰から裾のかけ方
腰から裾に関しては、折り目を意識してアイロンをかけることで折り目を複数つくってしまうことを防ぎ、スラックスの形を整えていきます。
 
 
裾は内側からかけ、足下まで丁寧にかけていきます。
 

スポンサーリンク

 

出張時のスーツの持ち運び方

出張時にシワにならないスーツの持ち運び方には、大きく分けて3つの方法があります。
 
ジッパー付の袋に入れる持ち運び方
 
◆ローリングコンパクト方式の持ち運び方
 
◆ローラー・エッセンシャル方式の持ち運び方
 
それでは、出張時にシワにならないスーツの持ち運び方を詳しく見ていきましょう。
 
◆ジッパー付の袋に入れる持ち運び方
 
ジッパー付の袋に入れて、スーツケースに入れる持ち運び方についてご紹介します。
 
<ジッパー付の袋に入れる運び方>
 
   
 
1、袖を広げた状態でスーツジャケットをテーブルへ
 
袖を広げることで、裏返しても手でシワをきれいにのばすことができます。
 
 
2、ジャケット下部をそろえて裏返す
 
 
3、ジャケット上部と下部をつまんで真ん中へ折り返す
 
自分寄りのジャケットの再度を背中側に折って、袖先をジャケット下部にそろえましょう。
 
両肩がそろうように両側たたみます。
 
 
4、スラックスを折り目が合うようにたたむ
 
折り目が合わないと、シワができてしまいます。
 
 
5、スラックスを半分、さらに半分に折る
 
半分に折るごとにシワを伸ばしていきましょう。
 
 
6、ジャケットの上にスラックスを載せる
 
 
7、ジャケット袖を上へ折る
 
シワを整えて、ギュッと押し込まずフワッとたたんでジッパー付の袋に入れましょう。
 
途中の3番までできれば、腕にかけた持ち運び方にもなるので、出張でなくても知っておくと便利ですね。
 
 
◆ローリングコンパクト方式での持ち運び方
 
ローリングコンパクト方式は、要は丸めてコンパクトにする持ち運び方のことです。
 
<ローリングコンパクト方式の運び方動画>

 
 
1、スーツを裏返しにする
  
2、ジャケットの肩の部分に衣類等(パンツや靴下など)を入れる 
 
3、全てを丸め込むようにローリング(伸ばすイメージで)する
  
4、スラックスも同様
 
 
こちらは、宿泊出張でタオルやパンツなど物が多いのを逆に利用した持ち運び方ですね。
 
日帰り出張だとこの持ち運び方はあまり有効ではないので、宿泊出張時に試してみましょう!
 
 
◆ローラー・エッセンシャル方式での持ち運び方
 
 
ローラー・エッセンシャルはオランダ発祥のスーツバッグで、スーツをシワや汚れから守る特許品です。
(下の画像をクリックすると楽天のローラー・エッセンシャルのコーナーに進めます)
 
ローラー・エッセンシャル(13,000円前後) 
 
 
スタイリッシュでかつ900gと軽量なので出張時の持ち運びも便利ですね。 
 
こちらは、宿泊出張でも日帰り出張でも使える持ち運び方なので、かさばらないという意味では試す価値はあります。
 
 

まとめ

いかがだったでしょうか。
 
スーツのシワのとり方や出張などへの持ち運び方にも色々方法があることを知っていただけたかと思います。
 
今回の記事を参考にして、出張時や時間がない時などに即効で使えるシワの取り方を是非実践してみてください!
 

スポンサーリンク

-雑学・おもしろ