ゴシッター

芸能界の噂や芸能人の素顔、彼氏彼女といったゴシップから飲み会で使えるネタまでエンタメ情報をお届けします。

【夏フェスファッション女性版】人気の服装や髪型と持ち物まとめ

2016/08/08

natufesu 
夏フェスは、2000年頃から浸透し始め、今や夏の風物詩とも言われるほど定着している音楽イベントですね。
 
ロッキンジャパンやサマーソニックなどの夏フェスは、普通のライブと違って開放感がある中で様々なアーティストの曲を聴けたり、屋台の料理を楽しめたりと様々な魅力があります。
 
一方で、夏フェスは満員電車並の混雑の中での移動や炎天下の中での立ちっぱなしなど、服装や髪型、持ち物などのファッションでの対策が必要なビッグイベントでもあります。
 
当然女性であれば、かわいくオシャレなファッションで夏フェスに参戦したいですよね。
 
そこで今回は、ストレスフリーで夏フェスを楽しめる人気の服装や髪型、持ち物を紹介します! 

スポンサーリンク

夏フェスファッション~女性に人気の服装~

natufesu-kakkou

夏フェスと一口に言っても、キャンプ場での夏フェスやビーチでの夏フェス、お台場など都市型の夏フェスなど場所は様々です。
 
共通していることが、どこの夏フェスも野外で会場がいくつかあるので移動が多く、長時間立ちっぱなしということ。
 
そこで、「夏フェスファッション女性編」では、
 
 
・日差し対策を考えたファッション

・熱中症対策を考えたファッション

・立ちっぱなし対策を考えたファッション
 
に焦点をあてて、オシャレも忘れない女性に人気の服装を紹介していきます。
 

夏フェスNGファッションは?

夏フェスは開放的な中で男性も女性も集まるわけですから、セクシーなファッションで行って音楽を楽しみたい!という気持ちはとても分かります。
 
しかし、セクシー重視のファッションで行くと後悔します(笑)
 

ヒール

hi-ru

大人の女性を演出する服装アイテムで必須のヒールは、夏フェスにはNGファッションの定番。
 
アーティストによっては盛り上がりすぎてジャンプ!なんてこともあるわけですが、ヒールでジャンプして隣の人の足を踏んだりしたら間違いなくトラブルになります。
 
イメージとしては、満員電車の中でヒールを履いてジャンプしたりさわぐ感じなのでとても危険です(笑)
 
ぺったんこのスニーカーだと背が小さくてお目当てのアーティストが見えない、という方は厚底スニーカーや中敷きを入れて対応してみると良いでしょう。
 

ミニスカート・ロングスカート

suka-to

かわいい女性を演出する服装アイテムのミニスカートは夏フェスにはNGファッション。
 
夏フェスには、残念ながら痴漢をする輩もごく一部います。
 
したがって、そういった輩の気を引いたりしないためにも丈の短いスカートはやめてパンツスタイルのファッションをオススメします。
 
ロングスカートも、歩きづらく隣の人がスカートの裾を踏んづけたりする可能性もあるので、スカートは全般的に控えたほうが良さそうです。
 
ということで女性の夏フェスファッションNGの服装はヒールとスカートでしたが、早速女性に人気の服装をタイプ別に見ていきましょう!
 

女性に人気の服装は? 

ラフ×洗練

natufesu-fukusou
 
 
ハット×デニムシャツ×ショートパンツ×バッグ×スリッポン
 
服装注目アイテム
 
バッグ Bershka(ブラック)
 
シューズ nano universe(ネイビー)
 
 
白のショートパンツが映えて一見ラフに見えますが、タンクトップの上にデニムシャツを合わせることで落ち着いた色味を演出し、全体的に洗練された印象を与えます。
 
フリンジバッグは夏フェスだけでなくバーベキューやちょっとしたお買い物にも使えるアイテムで、スリッポンとともにダーク系の落ち着いた色で大人っぽさを加えましょう。
 

ふんわり×華奢

natufesu-fassion2
 
 
ヘアアクセ×フレンチスリーブ×ガウチョパンツ×サンダル
 
服装注目アイテム
 
ヘアアクセ CA4LA(ベージュ)
 
トップス mystic(ブラック)
 
 
ふんわりで華奢という女性最強のイメージを実現したコーデです(笑)
 
シルエットがかわいいと人気のmysticの黒のフレンチスリーブトップスに通気性が最高の白のガウチョパンツを合わせてモノトーンの落ち着いた雰囲気に。
 
ヘアアクセを加えてオシャレにふんわり感を演出しましょう。
 
サンダルもぺったんこで歩きやすく、靴下を履いてもオシャレを邪魔しないところが人気のコーデです。
 
  

メリハリ×爽快

 
 キャップ×白シャツワンピース×カットソー×赤スニーカー
 
服装注目アイテム
 
スニーカー VANS(レッド)
 
 
ひと目で爽やかさが伝わる白のワンピースにポイントでカットソーを加えることで、シンプルながらオシャレな女性を演出できます。
 
目を引くのが赤のスニーカーで、白と青だけの単調な服装から一気にメリハリを持たせるとともに、歩きやすさも重視した服装ですね。
  

リラックス×機能性

natufesu-fassion
 
 
ハット×カットソー×レギンス×ショートパンツ×シューズ
 
服装注目アイテム
 
トップス BEAMS BOY(グレー)
 
 
山での夏フェスなら日焼けや虫除けを特に注意するため、長袖が必須。
 
トップスは速乾性の高いシャツだとなお良く、山は天気が変わりやすいので防水ハットなどの防水グッズを用意しておくと良いです。
 

スポンサーリンク

 

夏フェスファッション~女性に人気の髪型~

 夏フェスでは隣の人との距離も近いため、髪が長い人は特に隣の人にピタッとまとわりつかないようにまとめておくことがポイントです。
 
まとめておくことに焦点を絞って、夏フェスで女性に人気の髪型を紹介していきましょう!
 

ヘアアクセを使った髪型

kachu-sha

 
ショートの髪型からロングの髪型まで対応できるヘアアクセは夏フェスの定番で人気も高いです。
 
種類もカチューシャやヘアバンド、バンダナなどたくさんあるのでパターンも無限。
 
髪型をまとめるだけでなく、ワンポイントで女性らしさもアピールできるオシャレ女子必須のアイテムです。
 
natufesu-kamigata1
 
後ろで巻いたり、色違いのヘアアクセをしたり、かぶるだけのターバンスタイルのヘアアクセもあるので、自分の好みに合わせて素敵な髪型にスパイスを加えてみてください!
 

みつあみスタイルの髪型

mituami

 
みつあみといっても、後ろやサイドでまとめたり、ツインにしたりと色々とアレンジができて男子にかわいいと思ってくれやすい髪型です(笑)
 
ライブ中に激しく動いても髪がくずれないですし、暑い時に帽子をかぶりやすいのも、人気の髪型の理由ですね!
 

シニヨン(お団子)スタイルの髪型

natufesu-ninki-kamigata

 
 女性の可愛らしさが存分に発揮され、アレンジもしやすいことで人気なのがシニヨンスタイルの髪型です。
 
シニヨンとは、頭のサイドや後ろで髪型をまとめたお団子スタイルの髪型のことです。
 
アクセサリーや花かんむりもつけやすくて髪型もまとまるので、夏フェスでオシャレな髪型として写真をお願いされるかもしれません(笑)
 

ポニーテール

natufesukamigata 
 
女性らしさの定番、ポニーテールもセットが楽チンでシュシュなどでオシャレさをプラスすることができることで人気の髪型です。
 
シンプルな分、色々な服装との相性が良いのでも人気の髪型の理由ですね。
 
  

夏フェスの持ち物で必須なのは?

natufesumochimono

夏フェスにスーツケースを持って参戦している人もたまに見かけます。
 
しかし、とーっても移動しにくいのでなるべく少ない持ち物で済ませて、動きやすさを重視した最低限の持ち物で参戦しましょう!
 
夏フェスに必須の持ち物  
 
□チケット(意外に忘れる持ち物)

□財布(小さめの財布が持ち運びにGOOD)

□現金(カードは使えないことが多いです)

□保険証(熱中症にかかった場合に必要な持ち物)

□時計(高価なものは失くすとショック大きめ)

□携帯電話(充電器も忘れずに)

□タオル(バンダナ)・ハンカチ(日焼け防止にもなる持ち物)

□汗拭きシート(制汗スプレーでも可)

□ティッシュ

□レジャーシート

□日焼け止め

□防水グッズ(レインジャケットやポンチョなど100均で買えます。会場内は傘禁止

□虫除けグッズ

□簡単な着替え(Tシャツだけでも持ってると良い持ち物です)

□帽子

□応急処置セット(バンドエイドは必須の持ち物)

□ゴミ袋(少し休みたい時にレジャーシート替わりにもなる持ち物)
  
 
山フェスに行く人は、山は天気が変わりやすいのでレインウェアや長靴は必須の持ち物です。
 
必要に応じて生理用品やコンタクトを使用する人は、使い捨てのコンタクト用品を持ち物リストに加えましょう。
 
これ以外に、扇子や目薬などの持ち物は自分が必要だと感じたら持ち物リストに加えてください。
 

まとめ

いかがだったでしょうか。
 
夏フェスは、開放感があって普段のストレスを発散したり、友達や家族と思い出をつくるには最高のイベントです。
 
そんな最高の場所で最高の思い出をつくるために、ルールをしっかり守った上でオシャレな服装と髪型と万全の持ち物で夏フェスに臨みましょう!
 

スポンサーリンク

-雑学・おもしろ