ゴシッター

芸能界の噂や芸能人の素顔、彼氏彼女といったゴシップから飲み会で使えるネタまでエンタメ情報をお届けします。

電車の車内アナウンスの隠語やセリフまとめ!なぜ鼻声かの理由も

2017/04/28

 
 
世の中には、それぞれの業界で使われる専門用語と同様に、特定の仲間内だけで通じる隠語があります。
 
スーパーで「1番」は1時間休憩、「3番」はトイレ、などがその例ですね。
 
そういった隠語が鉄道業界にもあるのではと思い調べたところ、電車の車内アナウンスでよく聞く「車両点検」や「線路内人立ち入り」などは「痴漢」ではないかといった内容がありました。
 
痴漢の隠語と思われている言葉の真偽を確かめるべく、今回は電車の車内アナウンスの隠語やセリフ、なぜ特徴的な鼻声なのかの理由も調べましたので、ご紹介します!

スポンサーリンク

電車の車内アナウンスの隠語について

 
 
電車の車内アナウンスのセリフで隠語と思われる表現ですが、多少の表現の違いはありますが主に次の通りでした。
  
 
・車両点検
 
・車内点検
 
・車内清掃
 
・線路内立ち入り
 
・急病人の救護
 
・迷惑行為/車内トラブル
 
 
それでは、電車の車内アナウンスの隠語と思われる表現を詳しく見ていきましょう。
 
なお、実際に鉄道会社に聞き込みをしたり、鉄道会社に勤める人の回答を参考にしています。
 
◆車両点検
 
車両点検が痴漢対応の隠語か?という質問に対して、鉄道会社は否定しています。
 
「車両点検」の電車の車内アナウンスのセリフをみていきましょう。
 
セリフ例
 
お客様にお知らせいたします。
 
ただ今~のため、車両点検を行います。
 
安全の確認が取れ次第、運転を再開いたします。
 
ご迷惑をおかけしますが、発車までしばらくお待ちください。
  
 
車両点検の「~」の部分は、主に次の内容の時に車内アナウンスのセリフに登場します。
・緊急停止ボタンが押された
・手荷物等の挟まりでドアが完全に閉鎖していない
・忘れ物確認
・空調設備不良や車内設備破損
・人身事故等によるブレーキ装置等損傷確認
・投石や飛来物によるガラスなどの損傷確認
 
これらの原因が特定されるまでは車両点検を行う、ということで、隠語ではなく車内アナウンスのセリフそのままの意味ということが分かりました。
 
原因が特定されれば、遅延の理由を車内アナウンスします。
「緊急停止ボタンが押されたため」
「異音が発生したため」
 
のようなセリフを電車で一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
 
 
◆車内点検
 
車内点検も、痴漢対応の隠語ではありません。
 
「車内点検」の電車の車内アナウンスのセリフをみていきましょう。
 
セリフ例
 
お客様にお知らせいたします。
 
ただ今車内の確認を行っております。
 
ドアが開くまで、もうしばらくお待ちください。
 
大変ご迷惑をおかけしております。
  
 
車内点検は、主に次のような内容の時に車内アナウンスのセリフに登場します。
・車内に不審物(謎の液体やカバン、嘔吐物など)がある
・車内に不審者(痴漢や挙動不審者など)がいる
・女性専用車両に居続ける男性の対応
・急病人が出た
・痴漢や喧嘩などの迷惑行為をしている人がいる
 
痴漢対応は一つの理由にすぎないということですね。
こちらも、これらの原因が特定されるまでは車内点検を行う、ということで、隠語ではなく車内アナウンスのセリフそのままの意味ということになります。
 
このように、車両点検と車内点検は原因を特定するまでに使われる車内アナウンスのセリフの一つで、原因が特定できれば改めて放送するということです。
 
 
ちなみに、女性専用車両は法的拘束力はなく、あくまでもお願いにとどまります。
 
法律上は男女平等なので、強制的に排除して訴えられて敗訴でもしたら女性専用車両は置けなくなってしまいます。
 
ルールとして半ば強制的にお願いしているところがあるんですね。
 

スポンサーリンク

 
◆車内清掃
 
これまでの流れでいくと分かりやすいですが、車内清掃に関しても痴漢対応の隠語ではありません。
 
「車内清掃」の電車の車内アナウンスのセリフをみていきましょう。
 
セリフ例
 
この電車は次の駅で車内清掃に入ります。
 
発車が少し遅れます。
 
ご利用のお客様にはご迷惑をおかけします。
 
 
業務放送。
 
到着5号車、車内清掃入ります。
  
 
車内清掃で清掃するものは、主に次の通りです。
・嘔吐物
・喧嘩などでの血液
・大小便
これらを清掃しても臭いがとれない場合、運休することもあります。
 
JR神戸線では、過去に大便とみられる汚物が2両目~6両目まで落ちており、清掃したものの異臭が消えず運転を取りやめる自体がありました。
 
ツイッター上で「ウン休」だと大騒ぎになっていました(笑)
 
 
◆線路内立ち入り
 
線路内立ち入りに関しては痴漢対応の隠語の可能性が高そうですが、実際は痴漢だけを指す隠語ではありません。
 
「線路内立ち入り」の電車の車内アナウンスのセリフをみていきましょう。
 
セリフ例
 
お客様にお知らせいたします。
 
ただいま入った情報によりますと、人が線路内に立ち入った影響により、ただいま電車の運転を見合わせております。
 
ただいま駅係員、警察が確保にあたっております。
 
しばらく時間がかかる見込みです。
 
お急ぎのところ、大変ご迷惑をおかけします。
 
今後の車内放送にご注意ください。
 
 
線路内立ち入りは、主に次のような内容の時に車内アナウンスのセリフに登場します。
・視覚障がい者や不注意による転落
・踏切が閉まっているときの横断
・踏み切りでないところでの横断
・線路際での撮影等(危険ラインより先に侵入)による立ち入り
・自殺未遂による立ち入り
・痴漢や喧嘩など迷惑行為をした人の逃亡による立ち入り
 
痴漢は一つの理由にすぎないわけですね。
 
なお、不注意による転落などを除いて悪質と判断された場合は、列車往来妨害罪で刑事事件化することもあるので注意が必要です。
 
 
◆急病人の救護
 
急病人の救護は、その言葉そのものの意味であり、痴漢を指す隠語ではありません。
 
「急病人の救護」の電車の車内アナウンスのセリフをみていきましょう。
 
セリフ例
 
お客様にお知らせいたします。
 
この列車内で体調の悪いお客様がいるとのことで、ただいま救護手配を行っております。
 
詳しい情報が入り次第すぐにお知らせいたします。
 
恐れ入りますが、しばらくお待ちください。
 
 
急病人というのは病気で急に倒れてしまった人だけのことを指すのではなく、次のような場合に急病人といいます。
・病人
・酔っ払い
・嘔吐した人
・大小便を漏らした人
 
酔っ払いも含めるので、ある意味隠語かもしれません(笑)
 
嘔吐や便などがあれば、車内清掃と車内アナウンスがされるわけですね。こうしたことから、急病人が原因の遅延は長くなる傾向にあります。
 
 
◆迷惑行為/車内トラブル
 
今度こそ痴漢の隠語か!・・・と思いきや、痴漢は理由の一つにすぎず、色々な内容があります。
 
「迷惑行為/車内トラブル」の電車の車内アナウンスのセリフをみていきましょう。
 
セリフ例 
 
申し上げます。
 
〇〇駅停車中の電車におきまして、迷惑行為/お客様同士のトラブルが発生しております。
 
その影響で現在安全確認を行っております。
 
運転再開までしばらくお待ちください。
 
ご利用のお客様にはご迷惑をおかけします、申し訳ございません。  
 
 
迷惑行為/車内トラブルは、主に次のような内容の時に車内アナウンスのセリフに登場します。
・痴漢行為
・乗客同士の喧嘩
 
しかし、明らかに痴漢行為があったとしても「痴漢行為により」とは聞いたことがありません。
 
その理由は、まだ「痴漢の疑い」であって確定ではないからです。
 
痴漢かどうかは警察が判断することであって、捕まえた時点では疑いのため「迷惑行為」として車内アナウンスするわけですね。
 
 
ということで、電車の代表的な隠語と思われる用語を扱ってきましたが、痴漢だけを指す隠語はないことが分かります。
 
この他の細かな隠語のようなものもふくめ、まとめてみたのでご参考ください。
 
用語 内容
車両点検 緊急停止ボタンが押された
手荷物等が挟まってドアが閉鎖していない
忘れ物確認
空調設備や車内設備不良
人身事故等によるブレーキ装置等損傷確認
投石や飛来物によるガラス等の損傷確認
車内点検 車内に不審物や不審者がいる
女性専用車両に居続ける男性への対応
急病人がでた
痴漢や喧嘩などの迷惑行為への対応
車内清掃 嘔吐物
喧嘩などでの血液
大小便
線路内立ち入り 視覚障がい者や不注意による転落
踏切閉鎖時の横断
踏切以外の場所での横断
線路際での撮影等による立ち入り
自殺未遂による立ち入り
痴漢や喧嘩等の迷惑行為をした人の逃亡
急病人の救護 病人
酔っ払い
嘔吐した人
大小便を漏らした人
迷惑行為/車内トラブル 痴漢行為
乗客同士の喧嘩
異音確認 鳥や犬などの動物との接触事故
信号トラブル 落雷等による信号機や遮断機のトラブル
これはほんの一部ですが、色々ありますね!
 

スポンサーリンク

 

車内アナウンスはなぜ鼻声なのかの理由

 
最近は、電車やバスでも女性の車内アナウンスや自動音声も増えて、以前よりは鼻声車内アナウンスを聞く機会も減ってきました。
 
とはいえ、なぜか電車の車内アナウンスといえば鼻声というイメージはありますよね。
 

ネット上でも、疑問に思っている人は多くいました。

 
「なぜ車掌の声って鼻声なの?」
 
 
「電車のアナウンスってなぜあんな特徴的なんだろう・・・」
 
 
「なぜかって、理由ないんじゃない?ただの伝統芸というか(笑)」
 
 
「子どもからなぜ電車の放送って変なの?って聞かれたけど答えられず」
 
 
「なぜかは電車業界の人のみぞ知る」
  

子どもだけでなく、大人もなぜかは気になりますよね!

 
 
ということで、なぜ電車の車内アナウンスは鼻声なのかの理由を調べたところ、そこには有力な説も含めて3つの説がありました。
 
<なぜ鼻声かの理由 その1>(有力)
・聞き取りやすい周波数に合わせた説
 
人間の耳は2~4キロヘルツの周波数域が一番聞こえやすく、鼻声がちょうどその周波数域だということです。
 
電車はトンネルや鉄橋など騒音の大きさや種類が色々あるので、そうした雑音にかき消されず、でもうるさくない聞き取りやすい車内アナウンスを心がける必要があります。
 
トンネルや鉄橋の周波数は2キロヘルツ以下で普通の声だと低い部分が聞こえにくいという理由から、鼻声で聞こえやすくしている説ですね。
 
また、鼻声は喉に負担がかからず省エネにもなるという一石二鳥(笑)
 
これらは朝日新聞のコラムの内容なので信憑性が高く、なぜ車内アナウンスが鼻声なのかの有力な説ですね。
 
 
<なぜ鼻声かの理由 その2>
・昔の放送機器の性能が悪かった説
 
昔の車内アナウンス機器は性能が悪く、雑音が入りやすかったようです。
 
鼻から抜けるような高音やサ行は特に聞こえづらかったため、声のトーンを下げて歯と舌をつけないように話したら鼻声になった説です。
 
1の説と同じように、雑音にかき消されないように鼻声にしているということですね。
 
 
<なぜ鼻声かの理由 その3>
・乗客の話声と区別するため説
 
ある程度放送機器の性能がよくなった今でも、鼻声の車掌さんはなぜかいますね。
 
車掌さんの話によると、今の車内アナウンス用マイクは性能がよくて吐息や鼻息まで拾ってしまうほどだといいます。
 
したがって、普通にアナウンスすると乗客の話声と区別がつきにくいので鼻声になったという説です。
 
 
いずれの節にせよ、なぜ鼻声にするのかというと、聞き取りやすくするための工夫だったんですね。
 
ただ伝統で鼻声にしているかと思っていました(笑)
 
 

まとめ

いかがだったでしょうか。
 
電車の車内アナウンスの隠語やセリフは、意識をしていなくても気になっていた人も多かったと思います。
 
また、なぜ鼻声かの理由も日本人らしいきちんとした理由があったのも意外でしたね。
 
今後は、車内アナウンスで新しい隠語やセリフが登場するかもしれませんので、鼻声も含め意識してみてください(笑)
 

スポンサーリンク

-雑学・おもしろ