ゴシッター

芸能界の噂や芸能人の素顔、彼氏彼女といったゴシップから飲み会で使えるネタまでエンタメ情報をお届けします。

床暖房とエアコンの電気代はどっちが安い?併用時との比較も紹介

yukadanbou-eakonhikaku
 
 
寒い冬にはすぐに暖まる電気ストーブやエアコンは必需品ですが、最近は新しい暖房として床暖房を導入する一戸建てやマンションが増えてきました。
 
足下から暖めてくれる床暖房はとても魅力的ですよね。
 
ただ、電気代や設置料金、耐久年数などはエアコンと比較するとどっちが良いのかが気になるのではないでしょうか。
 
そこで今回は、エアコンと床暖房の電気代はどっちがやすいのか、暖房効果を比較するとどっちが効果的なのか、また併用した場合は安いのか等をご紹介してきましょう。

スポンサーリンク

床暖房とエアコンについて

床暖房とエアコンについての電気代はどっちが安いのか、暖房効果はどっちが高いかなどの前に、簡単に床暖房とエアコンの仕組みについて見ていきましょう。

床暖房について

yukadanbou

温水式
 
□温水式電気床暖房(電気でお湯を温める)
 
□温水式ガス床暖房(ガスでお湯を温める)
 
 
電気式
 
 
□蓄熱式(電気代の安い夜間に熱を蓄える)
 
□非蓄熱式(使う時にスイッチを入れる)
 
床暖房には大きく分けて温水式と電気式があります。
 
簡単に説明すると、次のようになります。
 
・温水式は床の下に電気かガスで温めた水を流して暖める
(温水式ガス床暖房はガス料金+電気料金月々500~600円程度)
 
・電気式は床の下にフィルムを貼って電気ヒーターで暖める
 
 
床暖房の部屋の暖め方は、電動熱(熱が物質の内部から伝わる)と放射熱(熱が空気などの空間から伝わる)になります。
 
以前は、床暖房を設置するにはどっちも温度変化で床材が変形しないよう決まったものしか使えませんでした。
 
しかし、今ではどっちも場所にこだわらず設置できるように進化しています。
 
最近ではマンションなど床暖房が標準で設置されているところも増えてきており、床暖房がだいぶ身近になってきていますよね。
 

エアコンについて

 
一般的に部屋を暖めるといえば、どっちかといえばエアコンを思い浮かべる人が多いと思います。
 
エアコンの部屋の暖め方は、対流熱といって高温に熱した空気を送り込んで暖めます。
 
小型のものもあるので一人暮らしでも使い勝手がよく、設置も簡単なイメージがありますよね。
 
 

床暖房とエアコン比較

それでは、床暖房とエアコンの電気代や設置費用はどっちが安いのか、暖房効果はどっちが高いのかなどをみていきましょう。

1ヶ月あたりの電気代比較

shiyouryoukin
 
まずは、床暖房とエアコンの1か月の電気代はどっちが安いのかの比較(1日8時間使用)です。
 
1か月あたりの電気代比較(目安)
広さ 床暖房 エアコン
温水式電気 温水式ガス 電気式
6畳 2,100円 3,300円 3,900円 2,700円
8畳 2,800円 4,300円 6,100円 3,200円
10畳 3,900円 5,200円 7,300円 4,300円
12畳 4,900円 6,100円 8,500円 5,700円
16畳 6,500円 7,900円 11,500円 10,300円
※温水式ガスはガス代と電気代を含めた使用料金
 
床暖房だけでも電気代にバラつきはありますが、他と比較して温水式電気床暖房が広さにかかわらず安定的に電気代が安い傾向です。
 
電気代がどっちが安いかと言われれば、平均値で比較しても床暖房の方が電気代が安いことになります。
 
個人の部屋の大きさで平均的な6~8畳ではエアコンも充分有効で電気代も安いですが、大きい部屋になればなるほど床暖房と比較して電気代が高くなりますね。
 

設置料金比較

secchiryoukin
 
設置料金(目安)
広さ 床暖房(熱源機含む) エアコン(本体除く)
6畳 65万円 1~2万円
8畳 70万円
10畳 75万円
12畳 80万円
16畳 95万円
 
設置料金はどっちが安いのかは、圧倒的にエアコンが安いです。
 
借家で長く住むつもりがない人にとっては、いくら月々の料金が安いとはいえ設置料金が高い床暖房は手が出しにくいですね。
 

暖房効果比較

danboukouka
 
 
床暖房とエアコンの電気代と設置料金がどっちが安いのかを見てきましたが、それぞれの暖房効果はどうなのかをみていきましょう。
 
暖房効果 床暖房 エアコン
暖まり方 部屋全体が暖まる 足元が暖まりにくい
暖まるスピード 遅い(約1時間) 早い(数分)
乾燥度 乾燥しない 乾燥しやすい
空気のきれいさ きれい チリやほこりが舞う
 

床暖房の暖房効果

床暖房は、電動熱(物質内部から熱を伝える)と放射熱(空気などの空間から熱を伝える)で部屋を暖めます。
 
そのため、部屋全体を暖めて室内のどこにいても頭から足先まで体全体が暖まります。
 
立ち上がりに約1時間要しますが、温風が出ないのでエアコンで気にする嫌な臭いや乾燥を気にせずキレイな空間で過ごすことができます。
 
 

エアコンの暖房効果

エアコンは、対流熱(高温に熱した空気を送る)で部屋を暖めます。
 
暖かい空気は上にたまる性質があるので、上半身は暖まっているのに足元が冷たいままになりやすいです。
 
スイッチを入れて数分で暖まり、最近は空気清浄機の機能もあるので空気のいれかえも併用してできます。
 
温風が出るので、チリやほこりが舞うことによるハウスダストや花粉などのアレルギーや温風による水分蒸発でカサカサ肌になりやすいのが難点です。
 
 
このことから、どっちが暖房効果があるのかといえば、床暖房の方が体全体が暖まるという意味で暖房効果が高いと言えます。
 

安全性や耐用年数比較

anzensei
 
 
床暖房とエアコンの安全性の比較ですが、これはどっちも石油や直接火を取り扱わないため安全性は高いです。
 
どっちが耐用年数が長いかですが、
・床暖房  30年
・エアコン 10年
 
と、比較すると圧倒的に床暖房の方が耐用年数が長いです。
 
エアコンは設置料金は安いですが耐用年数が短く、床暖房は設置料金や工事などに時間がかかる分、長く使えるんですね。
 

スポンサーリンク

 

床暖房とエアコンのメリットとデメリット

merit-demerit
 
 
これまでに、ご紹介した床暖房とエアコンの料金がどっちが安いかや暖房効果はどっちが高いか、耐用年数はどっちが長いかなどをみてきました。
 
こちらでは、床暖房とエアコンのメリット・デメリットをまとめてみました。
 
<床暖房のメリットとデメリット>
メリット デメリット
広い部屋ほど使用料金が安くなる 設置料金が高い
部屋全体を暖めるので、体全身がポカポカ 部屋が暖まるまでに時間がかかる
暖めても部屋全体が乾燥しにくい 冬しか使えない
耐用年数が長い 食べ物が腐りやすくなる
床暖房は、エアコンと比較しても安定的な暖かさは大きいメリットですが、設置料金やメンテナンス料金が高いデメリットはあります。
 
他にも冬しか使えないデメリットもあるものの、持ち家で何十年も住む予定で、比較的寒い地域に住んでいる人やハウスダストや花粉などのアレルギーが気になる人は床暖房がオススメでしょう。
 
  
<エアコンのメリットとデメリット>
メリット デメリット
設置料金が安い 足元まで暖まりにくい
部屋全体が数分で暖まる 空気が乾燥しやすい
一年中使える チリやほこりが舞う
取り付け・取り外しが簡単 耐用年数が短い
エアコンは、床暖房と比較しても設置や使いやすさは大きいメリットですが、乾燥しやすくチリやほこりが舞うデメリットがあります。
 
8畳前後の部屋や数年しか住まないという場合であれば、メリット・デメリットを考えても料金面でエアコンはオススメです。 
 
 

床暖房とエアコンの併用は?

heiyou
 
 
これまで見てきたように、床暖房とエアコンはそれぞれメリットデメリットがあるので一概にこれが良いということはありません。
 
それでは、一見贅沢に見える床暖房とエアコンの併用の料金や効果はどうなのでしょうか。
 
 
併用についてネット上の意見を見てみましょう。
 
 
「床暖房はエアコンと比較して静かだから使い続けた結果、ガス代と電気代合わせて4万円だった。エアコンと併用して2万5千円に」
 
 
「床暖が暖まるまでエアコン併用して料金下がった。併用せず床暖だけだとデメリットが多いかな」
 
 
「エアコンだけのときは部屋の広さもあってなかなか暖まらなかったけど、床暖房と併用したら解消した」
 
このように、床暖房とエアコンを併用することで料金が下がったり暖房効果も上がったという声が多数ありました。
 
もちろん、併用といっても両方つけっぱなしにするわけではありません(笑)
 
 
一例として、ネット上の意見でご紹介した約18畳で床暖房のみ4万円から併用で2万5千円にした人を見てみましょう。
 
その方の併用前後の状況を見てみましょう。
 
 
併用前
 
□床暖房を10時間ほど使用
 
 
□就寝時に床暖房のスイッチを切る
 
 
 
併用後
 
□床暖房の温度を28度から26度に下げる
 
 
□床暖房を立ち上げてから30分間のみエアコンを使用
 
 
□就寝1時間前に床暖房のスイッチを切る
(切ってから2時間程度は暖かい)
   
この結果、約1万5千円の節約に成功しています。
 
床暖房かエアコンのどちらかよりは、併用してどちらのメリット・デメリットをカバーする方法は有効だということですね。
 
 

まとめ

いかがだったでしょうか。
 
月々の電気代だけ見れば床暖房が安い、設置料金はエアコンが安い結果になりました。
 
床暖房とエアコンは、家の大きさやアレルギー等の体質などによって使い分けても併用しても、どっちでも快適な空間を作り出すことが可能です。
 
メリット・デメリットを参考にして、自分なりの快適空間で冬を乗り切りましょう!
 

スポンサーリンク

-雑学・おもしろ