ゴシッター

芸能界の噂や芸能人の素顔、彼氏彼女といったゴシップから飲み会で使えるネタまでエンタメ情報をお届けします。

赤ちゃんの男女別名前ランキング2017!人気の姓名判断サイトも

2017年も残り僅かになってきましたが、そんな2017年生まれの赤ちゃんの名前はどういったものが人気があった年だったのでしょう。

2017年の男女別の赤ちゃんの名前人気ランキングを紹介しています。

また、赤ちゃんの名前の付け方や人気の姓名判断も紹介しているので是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

赤ちゃんの男女別名前ランキング2017

赤ちゃんの近年の名づけの傾向は「ゆ」から始まる名前が男の子、女の子ともに多いそうです。

これは女優の新垣結衣さんが大活躍している影響もあると言われており、また名前は3文字以内でおさめる傾向にもあるのだとか。

グローバル化が進んでいっているので、海外の人にも馴染みやすい、呼びやすい名前が3文字以内の名前なのでそういった呼びやすさも加味して名前を付けるようにもなっているようですね。

では男の子の名前ランキングから参りましょう。

調査件数はなんと33,789件!2017年8月14日から10月13日までに調査した最新版となっております。

スポンサーリンク

男の子の名前ランキング2017

  名前 よみ 漢字
1位 湊(みなと、そう) みなと
2位 蓮(れん) そうた  太 
3位 大翔(ひろと、やまと)  はると
4位 樹(いつき、たつき) ゆうと 
5位 大和(やまと) かなた 
6位 悠真(ゆうま) ひろと 
7位 奏太(かなた、そうた) そうま 
8位 新(あらた) いつき 
9位 悠人(はると、ゆうと) こうき 
10位 陽翔(はると、ひなと) れん 

男の子の名前で使用されている漢字は昨年と変わらず「大」「太」「翔」が2017年男の子の名前ランキングベスト3でも選ばれ人気です。

また、2017年の男の子の名前ランキング1位に輝いた湊は昨年の男の子の名前ランキング3位からの返り咲きとなっており、昨年男の子の名前ランキング10位の大翔が2017年男の子のランキング3位になるなど中々の動きを見せました。

例年よりも名前の終わりに「と」が付く名前が例年よりも人気が集まった年でもあります。

また、福士蒼汰さん人気も男の子の名前に影響があるようなランキング結果でしたね。

男らしい名前と言うよりは中性的な名前が人気なのも近年の特徴でしょう。

苗字呼びよりも名前呼びしやすい名前に人気が集中している傾向にあるため、2017年の男の子の名前ランキングでもそれが現れた結果になりました。

女の子の名前ランキング2017

  名前 よみ 漢字
1位 楓(かえで) あおい
2位 陽葵(ひな、ひなた、ひまり) あかり  奈 
3位 葵(あおい) ゆい 
4位 結菜(ゆな、ゆいな、ゆうな) ほのか 
5位 陽菜(はるな、ひな) はな 
6位 美月(みつき、みづき) ひまり 
7位 凛(りん) かえで 
8位 結月(ゆづき) めい 
9位 莉子(りこ) さら 
10位 芽依(めい) りん 

女の子の名前では楓が初の女の子の名前ランキング1位でした。

女の子の名前は植物・自然由来のものが多い年でもあったようですね。

使用漢字に至っては「菜」が2017年では女の子の名前の間で一番使われた漢字です。

「菜」を入れた名前は2007年からずっと常にランキング4位以内で、2017年は例年よりも菜のつく名前の割合が女の子の名前で人気だったことが2017年生まれの女の子の名前の特徴になります。

2017年生まれの女の子の名前は名前の終わりに「な」の付く名前が人気であるのも特徴的でした。

2017年も菜が女の子の名前で人気であるのは、名前の終わりに「な」がつく名前が人気であることも関係しています。

名前の終わりに「な」が付く名前もまた2007年から2017年まで女の子の名前ランキング1位であり、女の子の名前としてはとても人気な女の子の名前の語尾なのです。

優しそうな温かな響きが「な」にはあるので、そういったイメージを彷彿させるところが女の子の名前で人気の秘訣だと言えるでしょう。
 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんの名前が決まらないときは?

赤ちゃんにとっては名前が生まれて初めてのプレゼントです。

なので名前をプレゼントするママやパパにとっても赤ちゃんへ贈る名前は慎重に選びたいものですが、慎重になりすぎて名前が決まらない、そういった家庭も多いことでしょう。

夫婦で意見の食い違いがあったり、周りからの反対や、つけたい名前の画数を調べてみたら良い結果が出なかったり、被らない名前を考えすぎてよくわからなくなってしまったり……赤ちゃんの名前が決まらないのはこういった理由で決まらないことが多いですが、けれども赤ちゃんの名前の届け出は生まれてから14日以内と決められているため、いつまでも悩んでばかりではいられないのも事実。

出生届を出すのは明日なのにまだ名前が決まらない!とならないように赤ちゃんの名前に悩みだしたらまず、一旦考えをリセットして夫婦で紙に名前を書き出すなどしながら整理していきましょう。

赤ちゃんの名前を付けるにあたって、以下の点に注意してつけていくとスムーズになります。

  • 性別に沿った名前(男の子らしい名前・女の子らしい名前)か、中性的な名前にするか決める
  • 入れたい感じは先に書き出しておく
  • 親から1字入れるというのも人気がある
  • どう育ってほしいか考えながらつける
  • 案がいっぱいになりすぎた時は第三者に相談する

ある程度、漢字や名前の候補が絞られてきたら、姓名判断を利用するのも手です。

姓名判断とは字画などで漢字のバランス、運を見るもので赤ちゃんの名前をつける際、こういった姓名判断などを参考にするママやパパは多いです。

姓名判断で良い結果が出た名前はバランスも良いものが多いので是非姓名判断も参考に名前をつけていきましょう。
 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんの名前の姓名判断について

姓名判断とは文字の音、字画の組み合わせでその人の運命や吉凶を占うものです。

画数から姓名判断をするのは日本ならではの手法です。

漢字の発祥地中国では字が持っている意味で占うのが主流のようですが、日本式の姓名判断も逆輸入されて赤ちゃんの名づけなどの参考にされているようです。

無料の姓名判断サイトも多いので参考がてらのぞいてみてください。

オススメの姓名判断サイト

【いいなまえネット】名前がひとつも決められない人におすすめ

苗字で検索して苗字に合った画数、運勢の良い名前を表示してくれる姓名判断サイトになります。

逆引きするため、既に名前をあらかた決めてしまっている人には向きませんが、全く決められなかったり決めても「やっぱり別の画良いかも……」と悩んでしまう人におすすめです。

いいなまえネットには掲示板もあるため、そこで名づけの相談もできます。

男の子、女の子で検索もできるので赤ちゃんの性別が分かった時点でいいなまえネットで検索してみるのも良いかもしれません。

いいなまえネットのサイトはこちら

【赤ちゃんの名づけ命名】名前が決まっている人におすすめ

赤ちゃんの名前があらかた決まっている場合は赤ちゃんの名づけ命名での姓名判断がおすすめです。

赤ちゃんにつける名前ランキングなどもあるので、そういったランキングを参考にするために赤ちゃんの名づけ命名を覗いてみるのも良いかもしれませんね。

名前を入力して診断を押すと、想像力や才能、強運などの運命も占ってくれます。

細かい占い結果と言うよりは簡単な占い結果になりますが、わかりやすいサイトなのでおすすめです。

名前を入力したら男の子か女の子かのチェック欄にチェックを入れて占いましょう。

赤ちゃんの名づけ命名のサイトはこちら

【姓名判断を極める】名前に旧字が入っている人におすすめ

姓名判断はサイトによって結果が違うことがありますが、これは名前に旧字が入っているからとも言われているので名前に旧字が入っている人はこちらの姓名判断を極めるで姓名判断を行ってみてください。

こちらのサイトは旧字対応になっているので、旧字が入っている人でも安心して姓名判断を行うことができます。

名前を入力したら男の子か女の子か選択して【鑑定】という文字を押してください。

姓名判断を極めるのサイトはこちら

まとめ

2017年の赤ちゃんの名前ランキングいかがでしたでしょうか。

読めない名前よりは読めて短い名前が多いように思える結果でしたね。

海外の人でも読みやすい漢字が人気であるのも2017年ならではの結果と言えるでしょう。

赤ちゃんの名前が決められない時は最近の名前の傾向と、姓名判断などでバランスを見ながら決めていくと、読みやすく馴染みやすい名前をつけることができますよ。

良い名前を贈ってあげてくださいね。

参考になれば幸いに思います。

スポンサーリンク

-雑学・おもしろ