ゴシッター

芸能界の噂や芸能人の素顔、彼氏彼女といったゴシップから飲み会で使えるネタまでエンタメ情報をお届けします。

クリスマスマーケット2017横浜の限定メニューや花火時間まとめ

 

中世の1393年にドイツで始まったと言われる、ヨーロッパの伝統的なクリスマスイベントのクリスマスマーケット。

「アヴェント」と言われるクリスマス前の4週間の期間にクリスマスに向けての準備のショッピングを楽しむ市場で、ドイツではほぼ全ての都市で行わる定番の催しです。

2017年の今回で8回目となる横浜赤レンガ倉庫でのクリスマスマーケットについて、概要や限定メニュー、イベント情報などをまとめました!

スポンサーリンク

クリスマスマーケット2017概要

まずはクリスマスマーケット2017in横浜の概要と、アクセスや駐車場情報について見ていきましょう!

クリスマスマーケット2017横浜とは

横浜赤レンガ倉庫で行われるクリスマスマーケットは2017年の今年、8回目の開催になります。

2016年には80万人以上の人々が来場した横浜クリスマスマーケットですが、まずは概要を見ていきましょう!

名称 クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫
会場 横浜赤レンガ倉庫
住所 横浜市中区新港一丁目一番
開催期間 11/25(土)~12/25(月)
ライトアップ 16:00~22:00(12/16~は16:00~23:00)
入場料 無料(飲食代別途)

横浜赤レンガ倉庫とは、横浜港にある歴史的建築物で1号館は展示スペース、ホールなどの文化施設、2号館は商業施設となっています。

付近一帯は広場と公園を備える赤レンガパークとして整備され、横浜みなとみらい21地区の代表的な観光施設となっています。

天気があまりにも荒れてしまったり強風の場合、休業もありますのでご注意ください。

また開催期間前日の11/24(金)は点灯式やプレオープンを予定しています!

ちなみに開催期間が1ヵ月というのはドイツのクリスマス準備期間「アヴェント」になぞったものですが、11月終わり頃になると、本場ドイツでは下記の様なクリスマス準備が始まります。

<ドイツのクリスマス準備>
 
*11月最後の日曜日からクリスマスの準備を始める
 
*家庭でアドヴェントクランツ(今でいうリースです)を飾る
 
*4本のローソクを立て、1本のローソクに火を灯す
 
*日曜日が来るたびに1本ずつ火を灯していく
 
*最後の4本目が灯るとクリスマス目前になっている
 
この期間、クリスマスのプレゼントや飾りつけを買うために人々はクリスマスマーケットに集います。
 
身体を温めるためにグリューワインと呼ばれるホットワインを飲みながら買い物をして、来るべきクリスマスに備えるのです。
 
そしてイヴは家族で晩餐をし、25日は家庭で静かに時を過ごすというのがドイツのクリスマスの過ごし方です。
 
伝統的で、思わずこんなクリスマスの過ごし方をすることが出来たら良いなと思いますが、そんなクリスマスの準備ができるマーケットを日本でも体験できるなんて素敵なイベントですね。
 
 
さて、横浜みなとみらい駅周辺の数ある施設の中でも特に人気のスポットである赤レンガ倉庫で開かれるクリスマスマーケットですが、2017年の今年はケルンのクリスマスマーケットをイメージしたものです。
 
ケルンの6種類のクリスマスマーケットの中でも、世界遺産である大聖堂の前で開催されるマーケットが一番人気の上、イルミネーションが美しいことで有名です。
 
次は、そんなクリスマスマーケットのアクセス方法について見ていきましょう。
 

会場へのアクセスと駐車場情報

横浜赤レンガ倉庫のアクセスと駐車場情報を見ていきましょう!

公共交通機関でのアクセスには下記の方法があります。 

 
◆電車
◇JR・市営地下鉄「桜木町駅」より汽車道経由で徒歩約15分
 
◇JR・市営地下鉄「関内駅」より徒歩約15分
 
◇みなとみらい線「馬車道駅」または「日本大通り駅」より徒歩約6分「みなとみらい駅」より徒歩約15分
 
 
◆バス
◇観光スポット周遊バス"あかいくつ"「桜木町駅」から「赤レンガ倉庫・マリン&ウォーク」下車(毎日運行)
 
◇市営バス"ぶらり赤レンガBUS"「横浜駅」から「赤レンガ倉庫・マリン&ウォーク」下車(土曜・日曜・祝日のみ運行)
 
◇市営バス"ぶらり三溪園BUS"「横浜駅」、「桜木町駅」から「赤レンガ倉庫・マリン&ウォーク」下車(土曜・日曜・祝日のみ運行)
 
◇京浜急行バス空港リムジンバス「羽田空港」から「赤レンガ倉庫」下車
 
 
◆シーバス
◇横浜駅東口・ぷかりさん橋・山下公園より「ピア赤レンガ」下船
 
 
◆その他
◇baybike(ベイバイク)
 
◇シクロポリタン
 
その他に記載したbaybikeはどこのサイクルポートでもレンタルや返却ができるレンタサイクルです。
 
会場への自転車の乗り入れは禁止されていますので、所定の駐輪場に停めてから会場まで徒歩で行く形になります。
 
また、シクロポリタンはフランス発の三輪自転車タクシーで、大人1人初乗り300円からという安い値段で乗ることができます。
 
こんな方法で会場に行くのも楽しそうですね!
 
電車やバスを含めた利用料金や時刻表など、詳しくはこちらをご覧ください!
 
車で行く場合は、首都高速「みなとみらい」または「横浜公園」出口を利用していただくのが良いと思いますが、次は駐車場情報を見ていきましょう。
 
<横浜赤レンガ倉庫駐車場>
利用時間 24時間年中無休
駐車料金 最初1時間500円 以後30分毎に250円
収容台数 P1 96台 / P2 83台
備考 駐車券サービス有

収容台数が多い上に、1店舗につき3,000円以上の利用で駐車場が1時間無料になるというサービスも行っています!

もしもこちらの駐車場が開いていなかった場合の駐車場情報も載せていきますので参考にしてみてくださいね。

<7街区仮設駐車場>

利用時間 10:30~19:00(土日祝のみ営業)
住所 神奈川県横浜市中区新港1丁目4
料金 1日最大利用料金のみ。1500円
収容台数 200台
備考 赤レンガ倉庫まで徒歩5分
<タイムズ海岸通3丁目>

利用時間 24時間
住所 神奈川県横浜市中区海岸通3-9
料金 8-22時30分300円/22-8時120分100円
収容台数 7台
備考 車両制限 高さ2.1m、長さ5.0m、幅1.9m、重量2.5t
しかし次にご紹介するドイツのドリンク「グリューワイン」やご当地ビールなど、アルコール好きな方におすすめのドリンクもありますので、可能ならば公共交通機関での利用をお勧めします!
 

スポンサーリンク

 

横浜でのクリスマスマーケット限定メニュー

 

東京だけでなく福岡、名古屋、大阪など全国各地で行われるクリスマスマーケット2017ですが、横浜限定のメニューというのは無いようですね。

しかしクリスマスマーケットでしか味わえない限定メニューはたくさんありますので、ご紹介します!

クリスマスマーケットで限定メニューを販売するのは、ヒュッテと呼ばれる木の屋台ですが、公式HPで紹介されているだけでも16店舗あり、この時期でしか味わえない様々な限定メニューがありますが…どれも物凄く美味しそうです!

寒空の下この限定グルメを味わって身体を温めることを想像するだけで…寒さすら楽しみですね!

 
◆グリューワイン(ホットワイン)
 
◆ご当地のアルコール
 
◆ソーセージ
 
◆ホットチョコレート(ホットココア)
 
◆煮込み料理
 

 

◆グリューワイン(ホットワイン)

クリスマスマーケットと言えばグリューワインと言えるほど定番の飲み物です。

赤ワインまたは白ワインにたくさんの香辛料とオレンジやレモンを入れて温めて飲むワインで、今回公式HPで紹介されている店舗の殆どでもメニューとして出品されています。

アルコール度数は温めることによりやや低くはなりますが、完全に飛びませんのでお酒の弱い方は注意してくださいね。

フレーバーや種類など様々な試みが見られ、

・フルーツ入りグリューワイン
・すりおろしリンゴの自家製グリューワイン
・ドイツ産グリューハニーワイン
・仙台いちごのグリューワイン
・レモン香るドイツ産グリューワイン

など、色々な味を試してみたくなるグリューワインがいっぱいで目移りしそうです!

 

◆ご当地のアルコール

日本では中々味わう機会が無いものの、ヒュッテで販売されていたらついついご当地のアルコールは試してみたくなりますよね。

・アルコブロイヴァイスビア
・ラングブロイ ウィンターメルヘンフェストビア
・ホフブロイヴァイスビア
・BAEREN 季節限定ビール
・アップルボック
・ヴェルテンブルガーヴィンター・トラウム

…など、注文時に上手に名前が言えるか心配なものが多いですね(笑)

この他にもホットカクテルやホットワイン、ノンアルコール飲料なども用意されていて、こちらも目移りしてしまいそうですね!

 

◆ソーセージ

グリューワインと並んでドイツのクリスマスマーケットでの定番メニューがソーセージです!

ドイツではソーセージはナイフとフォークを使って食べますが、そこは日本で屋外ですので、食べやすい様に楽しんで食べれば良いでしょう。

やはりこちらのソーセージも味は一つでなく、種類も様々なものがあります。

ラクレット風チーズソーセージ
ニュルンベルガー
渦巻きソーセージ
ドイツ各街のソーセージ盛り合わせ

など、見た目もボリューム満点のものが多いです!

 

◆ホットチョコレート(ホットココア)

お酒が苦手な方やお子様は、ホットチョコレートで温まることができますよ。

温かい甘いチョコレートに身体がぽかぽかすること間違いなしです。

定番のホットチョコレートだけでなく、ホットストロベリーショコラなどイチゴの乗ったものやホイップたっぷりのものなど種類もあるので、お好みの物を見つけるのも楽しいですね!

 

◆煮込み料理

寒いと日本でも煮込み料理が食べたくなりますが、クリスマスマーケットでも様々な煮込み料理が並んでいます。

ビーフシチュー
煮込みハンバーグ
牛タンシチュー
チキンの煮込み豚肉の煮込み

味が染みてとろとろになったお肉を想像するだけでも頬が緩みますね。
煮込み料理と冷たいご当地ビールの取り合わせも最高ではないでしょうか。

他にもチュロスやドーナツなどのスイーツ、ラクレットなどのチーズ料理も充実していますので楽しみですね!
 

スポンサーリンク

 

クリスマスマーケット2017横浜の花火時間

 

クリスマスマーケット2017in横浜では、ヒュッテの他にも様々なイベントが行われます。

一昨年の2015年は、おしゃれHANABIという名前で花火のイベントが開催されました!

クリスマスや冬の定番BGMに合わせて、仕掛け花火を打ち上げたそうですが、昨年2016年は残念ながら花火のイベントは行われず、2017年の今年も花火の予定はない様です。

クリスマスマーケットのイルミネーションや飾りつけされたツリーの上に咲く花火を個人的にはとても見たかったので残念ですが、それに代わって人工雪を降らせるイベントが開催されます!

日程は以下の様になっています。

 
11/25(金)
12/1(金)
12/8(金)
12/15(金)
12/24(日)
 
時間:11/25のみ19:00~、20:00~各回5分
他日程では11:30~20:30の30分ごとに1回5分程度
 
花火ではありませんが、雪も風流で良いですね。
 
特に12/24の日曜日はクリスマスイブで、関東ではあまり雪は降らないためこのイベントでホワイトクリスマスを味わってみてはいかがでしょうか。
 
この他にも下記のイベントが実施されています!

 

 
◆高さ12mある本物のもみの木のクリスマスツリー設置
 
◆光のトンネルの出現
 
◆クリスマス音楽の生演奏
 
◆リースやキャンドルなどの創作ワークショップ
 
◆サンタクロースの出現(不定期)  
 
サンタクロースに運よく出会えると、プレゼントをくれたり記念撮影ができるようですよ。
 
また、雑貨ではクリスマスマーケットで定番のマグカップが、横浜限定の赤レンガオリジナルデザインが販売されるので、こちらも楽しみですね!

スポンサーリンク

 

空いている時間帯

 

クリスマスマーケット2017in横浜には、できるなら空いている時をねらって行きたいものですね。

当然土日の週末とクリスマスの12/24、25は混雑が予想されますので、絶対に土日しか行けない!という方や混んでてもクリスマスに行きたい!という方でなければ下記の時間帯に参加してはいかがでしょうか。

 
空いている時間帯1:11月下旬~12月上旬
 
空いている時間帯2:平日の夕方5~6時
 

22時までクリスマスマーケットは開催されていますので、会社帰りの社会人の方も参加する可能性を考えて、夕方の会社が終わる前、5~6時の時間帯を狙いましょう。

早めに屋台での限定メニューを楽しんでしまえば、ライトアップも22時までやっているので後は急ぐ必要はありません。

また、11月下旬~12月上旬までは日本ではまだクリスマス!という気分は訪れてないために比較的混雑は避けられますし、屋台に列が出来たとしてもそんなに長い時間並ばなくても良いので、スムーズに限定メニューを楽しむことや、ゆっくりと買い物することができますね。

今年はやりませんが一昨年の花火イベントに参加した方のブログを拝見したところ、花火の時間になるにつれ身動きさえ取れなくなって引き返せずに屋台で半分隠れた花火を見ることになった…という情報も。

花火のイベントは見る人々が立ち止まってしまうために、混雑が酷くなってしまうことがあって翌年から実施されなくなってしまったのでしょうか。

この花火イベントのあった2015年で来場者数は65万人以上、2016年も80万人もの方が来場したクリスマスマーケットですので、2017年の今年は更なる来場者数が予想されますよね。

土日やクリスマスに行く方も少々覚悟が必要ですが、誰もが笑顔になれるイベントですのでそれを楽しみながら参加してくださいね。

まとめ

今回はクリスマスマーケット2017in横浜について概要や限定メニュー、イベントや時間帯などについて見ていきました。

楽しみにしている方も多いと思われた花火イベントは復活せず、昨年に引き続き人工雪のイベントにはなりましたが、こちらも楽しみですね!

クリスマスマーケットで海外のクリスマスの気分を味わい、この期間でしか食べることのできない限定メニューをたくさん食べて楽しみましょう!
 

スポンサーリンク

-イベント