ゴシッター

芸能界の噂や芸能人の素顔、彼氏彼女といったゴシップから飲み会で使えるネタまでエンタメ情報をお届けします。

フィギュアNHK杯2017の放送日程や注目選手!チケット入手方法も

 

徐々に寒くなり冬の気配が訪れ、フィギュアスケートのシーズンがはじまりましたね!

五輪シーズンで一戦一戦の戦いが見逃せない中、今回は前年度の成績などにより出場資格を満たした選手しか出場できないISUグランプリシリーズ第4戦、NHK杯2017について放送日程や注目選手、チケットの入手方法をまとめました!

スポンサーリンク

フィギュアスケートNHK杯2017とは

NHK杯(NHK杯国際フィギュアスケート競技会)は日本で開催されるフィギュアスケートの国際競技会で、国際スケート連盟による2017-2018年のISUグランプリシリーズの第4戦です。

ISUグランプリシリーズとは国際スケート連盟(ISU)が承認するフィギュアスケートのシリーズ戦のことで、前年度の成績など出場資格を満たした選手しか出場できず、アメリカ、カナダ、中国、フランス、ロシア、日本で開催される6大会と、その6大会の上位選手が出場するグランプリファイナルを含めた総称のことを言います。

まずは、NHK杯2017の概要を見ていきましょう! 

<NHK杯2017概要>
 
日程:2017年11月10日(金)から12日(日)
 
競技:シニアクラスの男女シングル、ペア、アイスダンス
 
場所:大阪市中央体育館
 
 
会場である大阪府大阪市の中央体育館は、地下鉄中央線朝潮橋駅から徒歩約1分とアクセスの良い場所にあり行きやすいですね。
 

 

2017-2018シリーズのグランプリシリーズ(GPS)はポイント上位者のみ出場できる2017年12月開催のグランプリファイナル(GPF)を目指し、ロシア、カナダ、中国、日本、フランス、アメリカの順番で開催されます。

今回大阪で行われる第4戦NHK杯2017の細かい日程はこのようになっています。

<1日目:11月10日(金)>
競技名 開始予定時間
ペア(ショート) 14:20~
女子シングル(ショート) 16:10~
氷上オープニングセレモニー 18:15~
男子シングル(ショート) 19:05~
終了時間は20:40頃予定
<2日目:11月11日(土)>
競技名 開始予定時刻
アイスダンス(ショート) 12:45~
ペア(フリー) 14:35~
女子シングル(フリー) 16:40~
男子シングル(フリー) 19:30~
表彰式  
競技終了21:30頃、表彰式終了時間22:00頃予定

 <3日目:11月12日(日)>

競技 開始予定時刻
アイスダンス(フリー) 11:45~
エキシビジョン 15:00~
エキシビジョン終了17:30頃予定

2日目の終了予定時刻は表彰式が終わると22時と遅い時間帯なので、遠方から日帰りの場合は帰りの時刻を前もって調べることが大切ですね。

では、会場には行けないけれど試合は見たいという方に、テレビやネットでの放送日程を見ていきましょう!
 

スポンサーリンク

 

フィギュアスケートNHK杯2017の放送日程

 

フィギュアスケートNHK杯2017の放送日程ですが、まだ詳しい情報は出ていませんので、分かる範囲でまとめていきたいと思います。

はっきりとした情報が出次第追記していきますので、お楽しみに!

<放送予定>
 
◆NHK総合テレビ
放送日程:未定
 
 
◆NHK BS1
放送日程:未定
 

放送日程こそ未だ発表されていませんが、上記の2つでの放送は予定されているとNHK杯HPにて発表されています。

どちらも毎年生放送で中継をするとのことですので、上記の2つを見ることで2017年もきっと生放送で試合を楽しむことができると予想していますが、次に放送されると予想される局も見ていきましょう。

ネットでのテレビもご紹介していますので、家に居なくても試合を見ることができていいですよね。

<放送されると予想される局>
 
<テレビ>
◆J sports
 
◆テレ朝チャンネル2
 
◆TBSチャンネル2
 
◆日テレ+
 
◆フジテレビONE or TWO
 
◆GAORA
 
 
<ネット>
◆AbemaTV
 

上記のテレビでの視聴番組はどれも有料になっており、スカパー!やケーブルテレビへの加入が必要です。

おすすめはスカパー!で、月額421円+見たい番組のセットやパックという料金体系でフィギュアスケートの試合を楽しむことができますよ。

こちらも放送日程は未定ですので発表があったら加入を検討してみても良いですね。

また、やはり放送日程ははっきりとしていませんが、インターネットではAbemaTVがおすすめです。

AbemaTVは月額960円のプレミアムプランもありますが、加入しなくても無料で番組を楽しむことができ、生放送なども多いですので、もし放送されるのであれば放送日程のチェックをかかさずにしていきたいですね。

では次に、フィギュアスケートNHK杯2017の出場予定選手や注目選手を見ていきましょう!
 

スポンサーリンク

 

フィギュアNHK杯2017の注目選手

フィギュアスケートNHK杯2017の出場予定の選手や、その中でも注目の選手をまとめました。

フィギュアスケートNHK杯2017の出場予定選手

現在、以下の選手の出場が予定されています。

<男子シングル/女子シングル>
男子シングル 女子シングル
パトリック・チャン カナダ アレーヌ・シャルトラン カナダ
ナム・ニュエン カナダ カロリナ・コストナー イタリア
ミハル・ブレジナ チェコ 本郷理華 日本
アレクセイ・バイチェンコ イスラエル 宮原知子 日本
羽生結弦 日本 白岩優奈 日本
村上大介 日本 ソヨン・パク 韓国
佐藤洸彬 日本 アリョーナ・レオノワ ロシア
デニス・バシリエフス ラトビア エフゲニア・メドベージェワ ロシア
ドミトリー・アリエフ ロシア ポリーナ・ツルスカヤ ロシア
セルゲイ・ボロノフ ロシア ニコル・ライチョバ スロバキア
ジェーソン・ブラウン アメリカ マライア・ベル アメリカ
アダム・リッポン アメリカ 長洲未来 アメリカ
<ペア>
ミリアム・ジーグラー/セベリン・キーファー オーストリア
ジュリアン・セギン/シャルリ・ビロドー カナダ
ウェンジン・スイ / ツォン・ハン 中国
須藤 澄玲 / フランシス ブードロ・オデ 日本
須﨑 海羽 / 木原 龍一 日本
クリスティナ・アスタコワ / アレクセイ・ロゴノフ ロシア
クセニア・ストルボワ / フョードル・クリモフ ロシア
アレクサ・シメカ・ケネリム / クリス・ケネリム アメリカ
<アイスダンス>
テッサ・バーチュー/スコット・モイヤー カナダ
ロランス・フォルニエボウドリー / ニコライ・ソレンセン デンマーク
マリージャド・ロリオー / ロマン・ルジャク フランス
イザベラ・トビアス/イリア・トカチェンコ イスラエル
アンナ・カッペリーニ / ルカ・ラノッテ イタリア
小松原 美里 / ティム・コレト 日本
村元 哉中 / クリス・リード 日本
ビクトリア・シニツィナ / ニキータ・カツァラポフ ロシア
アレクサンドラ・ナザロ / マキシム・ニキーチン ウクライナ
マディソン・ハベル / ザッカリー・ドノヒュー アメリカ

多くの選手が出場するので見ごたえたっぷりですね!

NHK杯2017の注目選手

次に先程挙げたNHK杯に出場する多くの選手の中で、注目選手として4名挙げました!

 <フィギュアスケートNHK杯2017注目選手>
 
注目選手1:羽生結弦選手
 
注目選手2:パトリック・チャン選手
 
注目選手3:宮原知子選手
 
注目選手4:白岩優奈選手
 
 
注目選手1:羽生結弦選手
 
言わずと知れた「絶対王者」羽生結弦選手は、2017-2018シーズンはショートに「バラード第1番ト短調」、フリーは「SEIMEI」(2015-2016シーズン再演)を演じます。
 
フリーは4回転5本を組み込むなど難易度を上げ、どこまで得点が伸びるのかを見所として注目選手に挙げました!
 
 
注目選手2:パトリック・チャン選手
 
パトリック・チャン選手はバンクーバーオリンピックの2011年から世界選手権三連覇を成し遂げた元世界王者、2014年のソチオリンピックでは銀メダリストになりました。
 
ショートは「Dust in the wind」、フリーには「Hallelujah」の演目で羽生選手と優勝争いを繰り広げるであろう候補の1人です!
 
 
注目選手3:宮原知子選手
 
 
全日本フィギュアスケート選手権優勝3回(2014-2016)、2016年四大陸選手権優勝など輝かしい成績を持つ宮原選手ですが、2017年2月に左股関節の疲労骨折の診断を受け予定していた試合を欠場しました。
 
このNHK杯2017で復帰の予定ですので、無理はしてほしくないですが楽しみですね!
 
 
注目選手4:白岩優奈選手
 
 
2015-2016年シーズン、日本スケート連盟の強化選手に選ばれた白岩選手は、ジュニア1年目でシリーズ2連勝と鮮烈のデビューを果たしました。
 
2017-2018シーズンのショートは「亜麻色の髪の乙女」、フリーは「展覧会の絵」で臨みますが、上位に入賞と思ったら次の試合では7位など、少しむらっ気があるように思います。
 
NHK杯2017ではどのような演技を見せてくれるのか注目ですね!
 
 
以上、フィギュアスケートNHK杯2017の注目選手を4名に厳選して挙げてみました!
 
みなさんはどの選手に注目していますか?
 

スポンサーリンク

 

チケット入手方法

チケットの入手方法と、パブリックビューイングについてまとめました。

NHK杯2017のチケット入手方法

人気のフィギュアスケートのチケットは以下の入手方法があります。

 
入手方法1:チケットぴあ
 
入手方法2:ローソンチケット
 
入手方法3:ツアーチケット抽選
 
入手方法4:公式チケットトレード
 

会場の大阪市中央体育館の収容人数は10000人ですので、当然激しいチケット争奪戦が予想され、チケットの入手方法も先着順ではなく抽選になります。

しかも入手方法1と2のチケットぴあ、ローソンチケットの抽選期間は

◇通し券(3日間)抽選
受付期間:8/10(木)~8/13(日)
 
◇単日券抽選
受付期間:8/26(土)~9/1(金)

 

入手方法3のツアーチケット抽選はJTBツアー、近畿日本ツーリストで行われたものですが、

◇受付期間:8/16(水)~8/22(火)

と、既に終了してしまいました…。

そこで、注目するべきなのが入手方法4の「公式チケットトレード」です!

公式チケットトレードチケット購入後急きょ行けなくなってしまった場合に定価でチケットの取引ができるサービスです!

トレードの実施期間はこちらの期間ですので、まだ間に合いますね!

◆電子チケット
通し券:2017年9月25日(月) 正午〜2017年11月6日(月) 午前11:59
単日券:2017年9月25日(月) 正午〜2017年11月9日(木) 午前11:59
 

◆紙チケット

単日券:2017年9月25日(月) 正午〜2017年11月2日(木) 午前11:59
 

注意事項として例え家族間でも転売禁止や出品数制限がありますが、売る方もチケットを余らせてしまう心配もないですし、行きたい方に嬉しいサービスですよね!

しかしこちらも倍率は高いと予想されますので、他の人と試合の熱気を楽しみたい方はパブリックビューイングを利用してみてはいかがでしょうか?

最後にパブリックビューイングについてまとめました!

NHK杯2017のパブリックビューイング

パブリックビューイングはイベント時に大型スクリーンなどを通して観戦、観覧を行うイベントで、NHK杯2017では東京、大阪、仙台で行われます。

 
<東京>
・iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ
東京都世田谷区玉川1丁目14 玉川一丁目14番1号 二子玉川ライズ2F
 
・TOHOシネマズ 六本木 Hillsスクリーン9
東京都港区六本木6-10-2 六本木ヒルズけやき坂コンプレックス内
 
・パナソニックセンター東京 有明スタジオ Bスタジオ
東京都江東区有明3丁目5番1号
 
<大阪>
・グランフロント大阪 北館4階 ナレッジシアター
 大阪市北区大深町4-1 3-1(北館)
 
<仙台>
・仙台市一番町 ぶらんど~む商店街内
宮城県仙台市青葉区一番町
 
どの会場も基本的には入場無料の観覧自由となっていますが、以下の会場が事前申し込みが必要になりますので注意が必要です。
 
・iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ
・TOHOシネマズ 六本木 Hillsスクリーン9
東京会場事前申し込みページ
 
・グランフロント大阪 北館4階 ナレッジシアター
大阪会場事前申し込みサページ

 

1人でテレビを見ているよりみんなで盛り上がる方が楽しいですよね。

みなさんも都合が良ければぜひパブリックビューイングに行ってみてくださいね!

まとめ

 以上、フィギュアスケートNHK杯2017の概要や出場選手、放送日程、注目選手やチケットの入手方法についてまとめました!
 
放送日程は未定のものが多いですが、情報が出次第追記していきますの楽しみにしていてくださいね!
 

スポンサーリンク

-スポーツ