ゴシッター

芸能界の噂や芸能人の素顔、彼氏彼女といったゴシップから飲み会で使えるネタまでエンタメ情報をお届けします。

羽生結弦展の開催期間や入場料は?待ち時間や展示物含むグッズも

 

2018年、平昌五輪のフィギュアスケート男子で連覇(男子シングル種目で66年ぶりの2連覇)を達成した羽生結弦(はにゅう・ゆづる)選手の演技を見て感動した方も多いはずです。

怪我からの復帰と王者としての貫禄と金メダルへの熱意と普段の笑顔と多彩な顔を持った選手です。

圧倒的な演技力、表現力と技術で今や男子フィギアスケート界のエース、羽生結弦選手について皆さんは知っていますか?

羽生結弦選手ってどんな人?と言う方のために、羽生結弦展の開催を前に、羽生選手のプロフィールを見て行きましょう。

スポンサーリンク

羽生結弦のプロフィール

  • 1997年12月7日生まれ
  • 宮城県仙台市出身
  • 名前の由来は、弓の弦を結ぶように凛とした生き方をして欲しいと父が命名
  • 姉がスケート教室に通い始め、その影響から4歳から始める
  • 2010年 ISUグランプリシリーズのNHK杯でシニアデビューし、4位となる
  • 2011年3月11日東日本大震災では、家族ともに被災、リンクが確保できない為、羽生選手のみが家族と離れる
  • 2012年 シニアの世界選手権で初の優勝
  • 2014年 ソチ五輪に初出場し金メダル獲得
  • 2018年 平昌五輪にて、金メダル獲得
  • 2013年10月より1位(世界ランキング)を保持している

ジュニア時代から、いきなりトップ選手ではなかった羽生選手は、フィギアスケートを始めたきっかけとして持病のぜん息の治療もかねていました。

そのため、当時は、体力も持久力もありませんでしたが、それを克服するための努力をしていたのでしょうね。

スポンサーリンク

 

羽生結弦展とは?

羽生結弦展が、開催される事が主催者の読売新聞の公式サイトで発表されました。

羽生結弦展の概要を確認してみました。

羽生結弦選手の今シーズンまでの競技生活を振り返ります。読売新聞社が撮影した写真を中心に、衣装、スケート靴、メダルなどを展示する予定です。

読売新聞社公式サイトより引用

公式サイトの中で、羽生結弦展の内容を示す一文を確認するとことができました。

今シーズンまでの競技生活を振り返る内容で、メダルの文字から金メダルの展示物も注目です。

羽生結弦展の開催期間や入場料、開催地をみていきましょう。

スポンサーリンク

 

開催期間と開催地は?

開催地は、日本各地にある高島屋の特設展示スペースと羽生選手の地元仙台の百貨店のようです。

展示物は、金メダルや衣装もあります。間近で、観てみたいですね。多くのファンが訪れると思われ、待ち時間も気になりますが、まずは、会場と開催期間も知りたいですね。

会場と開催期間は、どうなっているのでしょうか?

では、各地の開催地と開催期間について確認してみましょう。

開催地(会場) 開催期間
日本橋高島屋 8階ホール  4月11日(水)~4月23日(月)
10:30~19:00(最終日17:30迄)
大阪高島屋 7階 グランドホール 4月25日(水)~5月7日(月)
10:00~19:30(金・土は20:00迄 最終日16:30迄)
京都高島屋 7階 グランドホール  5月9日(水)~5月21日(月)
10:00~19:30(最終日16:30)
藤崎百貨店(仙台) 本館7階 催事場  6月28日(木) ~ 7月3日(火)
10:00~19:30(最終日16:30)
ジェイアール 名古屋高島屋 10階特設会場  7月19日(水)~7月30日(月)
10:00~1930(最終日16:30迄)
横浜高島屋 ギャラリー 8階 8月8日(水)~8月20日(月)
10:00~19:30(最終日17:30迄)

高島屋5店舗、開催される羽生結弦展の開催期間は、各店舗とも2週間です。羽生選手の地元、仙台の百貨店1店舗での開催期間は、1週間です。

仙台は、羽生選手の地元でもあり人気が高そうです。しかも開催期間が、他の会場に比べて短いです。

待ち時間が長くなる事も覚悟して行く予定を立てた方が、気になるのは入場料だと思います。

一流現役の羽生選手が使用した衣装や金メダルの展示物が見られる羽生結弦展の入場料は、どのくらいなのでしょうか?

入場料は?

主催は、読売新聞社です。

写真は、全て読売新聞社が提供しているプロが撮影した写真ばかりです。

また、展示物も本人使用のスケート靴や衣装です。レアな展示物もあるようなので入場料も高いのでは?

規模が大きくなるであろう羽生結弦展の入場料は、無料です。

入場が無料なら、この機会にぜひ羽生結弦展に行って衣装やスケート靴、金メダルの展示物を見てみたいですね?

羽生結弦展の待ち時間を予想

大阪高島屋の開催期間に、ゴールデンウィークが入ります。また、ジェーアール名古屋高島屋と横浜高島屋の開催期間は、学生の夏休みが入ります。

開催期間が、長期休暇や学生の休みにあたる場合混雑が予想されます。

どのくらいの待ち時間が、発生するのか予想してみたいと思います。

羽生結弦展と同様の規模で、比較できる浅田真央(あさだ・まお)展で見てみましょう。

こちらの浅田真央展も高島屋が会場で入場無料でしたので、参考になると思います。

浅田真央展の開催期間は?

浅田真央公式ツイッターです。

長い長いフィギアスケート人生を振り返る展示物や写真に、浅田真央さん自身も集大成と表現されてます。入場料が無料だというのに、展示物もかなり豪華です。

開催地と開催期間

開催地と開催期間は下記の通りです。

  • 日本橋高島屋 8階ホール 2017年9月13(水)~25日(月)
  • 横浜高島屋ギャラリー 8階 2017年10月18日(水)~29日(日)
  • 大阪高島屋 7階グランドホール 2017年12月13日(水)~25日(月)
  • 京都高島屋 7階グランドホール 2018年1月4日(木)~22日(月)
  • 新潟伊勢丹7階 アートホール  2018年1月31日(水)~2月15日(木)
  • 岡山高島屋 8階催事場 2018年3月7日(水)~19日(月)
  • 高崎高島屋 6階催場 2018年3月21日(水)~4月3日(火)
  • ジェイアール名古屋高島屋 10階特設会場 2018年4月18日(水)~30日(月)

太文字は、追加された会場です。

会場は、当初の予定から3会場が追加され、開催期間中に8箇所になりました。最終会場は、浅田真央さんの地元のジェイアール名古屋高島屋です。

入場料は、無料です。

浅田真央展に並んだファンは?

開催期間を確認すると、9月~翌年の4月です。

つまり冬の寒い中並んでいたファンがいた可能性があります。

こちらのツイッターの投稿時間を確認すると、8:50です。およそ待ち時間は、1時間で、50人以上が高島屋の前で並んでいたという事です。

 

開催期間中に追加されて伊勢丹での様子です。かなりの行列です。列の進み具合によっては、待ち時間も長くなりますね。

 

開催期間が、バレンタインディーに近いという事で伊勢丹では、チョコが配布されたようです。8時から並ぶという事は、開店する10時まで、2時間の待ち時間があったという事ですね。

 

京都高島屋では、入場整理券が配られたようです。開催時間前に、すでに約1000人が並んでいた事になります。9:50迄再び会場前に集合しないと入場ができないという内容ですね。

各会場の待ち時間についてみていきました。東京、大阪、京都など都市になると待ち時間は、長くなる可能性が高いようです。

待ち時間を緩和するために整理券を配ったり、待ち時間の間店内に入れてもらえるなど会場スタッフの対応も工夫されています。

今回の羽生結弦展の開催期間で、気になるのは真夏にあたる会場があるという事です。

名古屋、横浜の会場に行く予定の方は、待ち時間が長くなっても良い様に、暑さ対策をしていった方が良さそうです。

浅田真央展には、本人も登場

浅田真央さんは、この展示イベント直前にフィギアスケートを引退しました。多くのファンから惜しむ声と感謝の声がありました。

初日の日本橋高島屋に、展示物や写真パネルをめあてに集まったファンを驚かせたのは、本人・浅田真央さんのお出迎えでした。

姉の舞(まい)さんと一緒に決めポーズを見せメディアへのアピールもバッチリです。

浅田真央さんが登場したのは、日本橋・横浜・大阪・岡山・京都・新潟です。ファンひとりひとりを目を見て接するその姿に人柄が伺えます。

また、展示物はガラスケースなどに入っておらず間近で見ることができるものも多かったようです。一部の展示物を除いて、写真撮影も可能だったためSNSへアップするファンも多かったです。

高崎には、まだ登場していませんが、まだ開催期間中ですし、名古屋はこれからの開催なので本人の登場もありえますね。

では、羽生選手が開催期間中に各会場に登場する可能性は、あるのでしょうか?

スポンサーリンク

 

羽生結弦展に、本人が登場する可能性は?

ファンへの感謝の気持ちをいつも持ち続け、特に東日本大震災で、多くの方々が傷つき、復興しようと今も力を合わせている地元の宮城県・仙台への想いが強い羽生選手です。

今回の羽生結弦展の開催期間である4月~9月は、フィギアスケート選手にとってオフシーズンになります。各会場の初日に、本人の登場の可能性も考えられます。

また、開催地についても、浅田真央さんのように追加される可能性もあります。

羽生結弦展での、グッズ情報は、ありません。

会場に行ったら、やはり気になるのはグッズ販売があるのか?もしあるのならどんなグッズなのか気になります。グッズについても予想していきましょう。

ここでも、浅田真央展を参考にグッズを見てみたいと思います。

浅田真央展のグッズは?

グッズは、浅田真央展オリジナルのキャラクターの描かれたクリアファイルや、マスキングテープ、キーホルダー、タオルが販売されています。

全体的に可愛らしいイメージで、ピンクとシンデレラブルーのカラーが印象的なのグッズです。

その他、大人ファンに向けてシルエットが描かれたグッズもありました。タンブラーとマグカップです。グッズの中には、限定数があったものもあるようです。

マグカップは、ジェイアール名古屋高島屋のみで販売予定のカラーのマグカップもファンの間で注目されています。

今まで発売されたDVDや著書も

DVDや著書、写真集などもグッズとして販売されています。また、今回の展示会に合わせて発行された新刊の書籍もありました。

羽生選手の写真集は、既に何冊かあります。こちらも、各会場でグッズのコーナーで販売される可能性もあると思います。

また、今回の主催者の読売新聞社とのコラボでポストカードや写真集がグッズになるかもしれません。

CMスポンサーのコラボグッズ

浅田真央さんは、現役時代にまして引退後は、各社のCMにも出演しています。

その中のJA全農にいがたの新潟コシヒカリのCMとのコラボレーションで生まれた商品(グッズ)がまおむすびです。全5種類あります。

また、浅田さんをイメージしたキャラクターが描かれている米袋に入った2合のお米も販売されています。

羽生選手の今現在のCM状況を確認すると、スポンサーとのコラボグッズは、考えにくいかもしれません。

オリジナルマスコットグッズ

浅田真央ファンを虜にしたオリジナルベアマスコットがあります。

現役時代に来ていた衣装を着たベアは、受注生産という扱いです。専用の缶に入れられ、注文してから2ヶ月かかるというグッズです。

ベアといえば、羽生選手のクマのプーさん好きは、ファンの中でも有名な話です。

今回の羽生結弦展でも、オリジナルマスコットの陰陽師(おんみょうじ)安倍晴明(あべのせいめい)版のグッズも販売されれば、人気が出る事は間違いないでしょうね。

羽生結弦展だからこそ

先ほども、何度かお伝えしましたが、羽生選手の出身地は、宮城県仙台市です。

2011年3月11日に、東日本大震災で、甚大な被害に合い多くの尊い命が亡くなりました。助かったものの家族や友だちなど大切な人たちを亡くし傷ついている人も多いです。

街も津波に流され、すっかり風景を変えています。復興への道のりは、まだ続いています。

羽生選手が出演しているCMのひとつに「赤十字の献血」があります。

会場内に献血ルームや、呼びかけのポスターなどが置かれる可能性があります。また、募金箱などの設置もあるかもしれません。

もし、見かけたらぜひ協力したいものです。

入場料の代わりに、心遣いとして募金する事のは、どうでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか?

羽生結弦選手を身近に感じる事が出来るであろう羽生結弦展についてお伝えしてきました。

  • 羽生結弦展では、今シーズンまでの競技生活を振り返り、読売新聞社が撮影した写真を中心に、衣装、スケート靴、メダルなどを展示物を見ることが出来る
  • 会場は、全国6会場(東京・大阪・京都・横浜・名古屋・仙台)で、開催機関中に追加される可能性もある。
  • 入場料は、無料
  • 羽生選手地元の仙台では、百貨店で行われ開催期間は、1週間。それ以外の会場は、高島屋で開催期間は2週間程度。
  • 待ち時間は、ゴールデンウィークや、学生の夏休みが開催期間中にあるため、長くなる可能性がある。比較した浅田真央展では、初日の入場整理券で並び、その後も並ぶなどする会場もあった。
  • 待ち時間が長くなることを考え、暑さ対策(開催期間が5月以降の会場)が必要と思われる。
  • 入場料が無料、展示物がレアなので、並んでも見る価値はある。
  • 羽生結弦展の開催期間は、フィギアスケートのオフシーズンと重なるため、本人が会場に登場する可能性がある。(オフシーズンは、4月~9月)
  • 本人の登場が可能な場合は、各会場の開催期間初日の確立が高いと思われる。
  • どんなグッズが販売されるか、未定であるが写真集やポストカード、オリジナルグッズや会場限定、限定数があるグッズがあると思われる。
  • もし、募金箱の設置があれば、入場料の代わりに募金をすすめたい。

近くの会場で開催される際には、ぜひ足を運んでみて下さいね!

スポンサーリンク

-イベント