ゴシッター

芸能界の噂や芸能人の素顔、彼氏彼女といったゴシップから飲み会で使えるネタまでエンタメ情報をお届けします。

引っ越し風水2018年版!方角やタイミング含む時期は?

 

仕事の異動などでどうしても時期を変えることができない方もいるかもしれませんが、引っ越しを考えている方にとって、引っ越しの時期やタイミングと言うのは重要な問題ですよね。

一番良いタイミングに引っ越しをするために、2018年版の風水による吉の方角や凶の方角、引っ越しのタイミングの時期と、もし凶方位に引っ越してしまった場合の対策についてまとめました!

スポンサーリンク

引っ越しと風水の関係と本命星


まず、そもそもの風水と引っ越しの関係や、自分にとっての吉の方角を知る為の九星での本命星の知り方を見ていきましょう!

引っ越しと風水の関係

風水は約4000年前に中国で生まれた、衣食住や行動など自分の周りのすべてを使って運を良くしていく、開運のための環境学です。

持って生まれた運は変えようがありませんが、風水は、その運を増やしていける方法を示し、環境が運を決めるというのが基本的な考え方です。

 

念願のマイホームを建てて引っ越ししてから体調を崩したり、年収が下がったり、事故に遭ったりと災難が続く方がいますが、引っ越しを行う際に方角や時期、タイミングに注意しないと、新居に引っ越したとしても不運が続く可能性があります。

引っ越しを良いものにするためには、風水によって引っ越しの方角やタイミングを気に掛けることが幸運を手に入れる秘訣です。

引っ越しの方角による生活への影響は、60年続くと言われていますので、吉の方角の良い効果を長く受けるために、2018年の吉方位と凶方位を確認しましょう。

 

自分の本命星の知り方

さて、引っ越しの吉の方角を割り出すにはまず、自分の九星を知らなければなりません。

風水では生年月日によって「本命星」とよばれる星を当てはめて鑑定するわけですが、この本命星は全部で九つあり、全てを合わせて九星気学と呼びます。

自分の本命星は以下の表から見つけることができますので、生まれ年を当てはめて探してみてくださいね。

ただし、1/1~2/3生まれの人は前年で見るようにしてください。

これは風水で、一年の始まりが2/4から始まるという考え方(旧暦)によるためで、1981年2月3日生まれの人は一白水星ではなく二黒土星に当てはまりますので注意してくださいね。

 

一白水星 いっぱくすいせい 1954、1963、1972、1981、1990、1999、2008、2017
二黒土星 じこくどせい 1953、1962、1971、1980、1989、1998、2007、2016
三碧木星 さんぺきもくせい 1952、1961、1970、1979、1988、1997、2006、2015
四緑木星 しろくもくせい 1951、1960、1969、1978、1987、1996、2005、2014
五黄土星 ごおうどせい 1950、1959、1968、1977、1986、1995、2004、2013
六白金星 ろっぱくきんせい 1949、1958、1967、1976、1985、1994、2003、2012
七赤金星 しちせききんせい 1948、1957、1966、1975、1984、1993、2002、2011
八白土星 はっぱくどせい 1947、1956、1965、1974、1983、1992、2001、2010
九紫火星 きゅうせいかせい 1946、1955、1964、1973、1982、1991、2000、2009
 
この本命星が分かれば引っ越し先の方角が吉か凶かを確認することができます。
 
引っ越しにおける吉の方角とは自分の本命星と相性がいい方角のことを指し、凶の方角は毎年変わっていきますが、凶はいくつかの種類に分けられますので、後述する「2018年の吉の方角」で詳しく説明しますので、ぜひ見てみてくださいね。
 

スポンサーリンク

 

2018年の凶の方角と吉の方角

 

先程の今日で自分の本命の星を確認したら、いよいよ2018年の引っ越しの凶の方角と吉の方角について見てみましょう!

吉の方角を確認するには、先に凶の方角を知ることが必要なため、2018年の凶の方角からご紹介します!

 

2018年避けた方がいい凶の方角

凶の方角は生まれた本命星とは関係なく、年によって変わり、全ての人に作用します。

凶の方角が及ぼす作用は強烈で、引っ越しの場合は家族全員、旅行の場合は一緒に行く人すべて凶作用を受けることになります。

2018年の2月4日から2019年の2月3日までの引っ越しを避けたい凶の方角は、

「北」「南」「南東」です。

この2018年の凶の方角は、引っ越しだけでなく海外旅行や500Km以上の移動をする国内旅行も避けて頂きたい方角です。

しかし凶の方角を知らずに引っ越してしまった場合、単身や賃貸の場合はまた引っ越しが検討できますが、家を買ってしまった場合や家族全員で引っ越す場合は大変です。

そういった場合の対処法も最後にご紹介していますので、ぜひ見てみてくださいね。

しかしとにかく、凶の方角への移動は避けることが一番の開運方法です!

 

2018年の吉の方角

2018年の吉の方角については、各九星ごとに表にしましたので、ご自身に当てはまる部分を見てみてくださいね。

  南西 南東 北西 西 北東
一白水星 破壊 ×
二黒土星 本的 破壊 × ×
三碧木星 本的 × 破壊 ×
四緑木星 × × 破壊 ×
五黄土星 破壊 × ×
六白金星 破壊 本的
七赤金星 破壊 本的 ×
八白土星 破壊 本的 ×
九紫火星 × × 破壊 ×
記号:
五→五黄殺方位、破壊→破壊殺方位、暗→暗剣殺方位、本→本命殺方位、本的→本命的殺
〇→吉の方角、×→気の関係から凶の方角
 
さきほど触れましたが凶の種類はいくつかに分けられ、それぞれ異なった意味を持ちます。

 

◇五黄殺(ごおうさつ):自分の行動によりどんどん悪い方向に進んでいく

◇暗剣殺(あんけんさつ):自分の想像のつかないところで悪い方向に進んでいく

◇破壊殺(はかいさつ):理想や目標など、これまで築いてきたものが破壊される

◇本命殺(ほんめいさつ):生死にかかわる病を患う

◇本命的殺(ほんめいてきさつ):精神面に影響が出る、事故やけがに注意

 
今住んでいるところから引っ越す予定の場所の方角は吉がどうか、ぜひ調べてから検討しましょう! 
 

スポンサーリンク

 

2018年の引っ越しの時期

 

2018年、風水で避けた方がいい時期と、こだわるならここが良いというタイミングの大開運日についてまとめました!

2018年避けるべき引っ越しの時期

引っ越しは運気を変える大きなチャンスですので、吉の方角にタイミング良く引っ越すことができれば運気は良くなりますが、吉の方角でも避けなければいけない時期があります。

それは「土用」(どよう)です。

うなぎを始めとする「う」のつく食べ物を食べるという「夏の土用」や「土用の丑の日」を聞いたことがあると思いますが、実は土用というのは年に4回あり、それぞれ季節の変わり目に該当します。

春と夏の間には春の土用、というように土用は一つの季節が終わり、新しい季節に変える強い力を持っているので、大地のエネルギーが不安定になることから土用の時期の引っ越しは避けた方が良いと言われています。

 
<2018年土用の期間>
 
春:4/17~5/4
 
夏:7/20~8/6
 
秋:10/20~11/6
 
冬:1/17~2/3
 
引っ越す方角が良くても時期もとても大切ですので、できればこの土用の期間のタイミングでの引っ越しは避けるようにしましょう。
 
 

2018年の大開運日

引っ越しをする上で避けた方が良い時期をお伝えしましたが、引っ越しに最も良いタイミングの大開運日はいつなのでしょうか。

大開運日とは気のパワーが非常に強い為、引っ越すには非常に良い日です。

2018年の大開運日は7月ですが、先ほどご紹介した避けた方が良い夏の土用の時期とも被る期間がありますので、2018年の大開運日はたったの2日です。

 

<2018年大開運日>
7月7日(土)
 
7月16日(月)
 
7/25、8/3も開運日ではありますが、土用期間の為避けた方が良いでしょう。
 
もし2018年の引っ越しを検討されている方は、ぜひこの大開運日に合わせてみてくださいね。
 

スポンサーリンク

 

凶の方角へ引っ越した時の対策

 

自分の本命の星への吉の方角へ、良いタイミングで引っ越せれば最高に開運することが期待できますが、凶の方角へ引っ越してしまうとその人にとって良くない影響をもたらします。

凶の方角に引っ越したとしても、命に関わることがすぐに起こる訳ではありませんが、健康や収入などに深刻な影響が出ることもあります。

異動など自分の意思での引っ越しでない場合や、引っ越した後で凶の方角だったという事が判明したりした場合、以下の対策方法で凶の方角からくる影響を軽減することができますので、ぜひ実践してくださいね。

 
◆改めて引っ越しをする
 
◆神社で祈祷をしてもらう
 
◆中継地点を挟む
 
 
◆改めて引っ越しをする
 
凶の方角の五黄殺や暗剣殺は凶の作用が強い為、何度か改めて吉の方角へ引っ越しをしなければ、運をリセットしにくいですが、持ち家の場合は難しいと思いますので、3か月ほどマンションなどを借りて、その家から出て入りなおすという方法が良いでしょう。
 
そうなると手間やお金がかかってしまうので、やはり引っ越しの話が持ち上がった時に移動の方角を調べてタイミングを計って引っ越しができれば良いですね。

 

◆神社で祈祷してもらう

凶の方角への移動による災難を退ける為、祈祷をしてもらうことを方位除け(ほういよけ)、または八方除け(はっぽうよけ)と言います。

関東では寒川神社、川崎大師、関西では方違神社が方位除けで有名です。

寒川神社 住所:神奈川県高座郡寒川町宮前3916
電話:0467-75-0004
HP:http://samukawajinjya.jp/index.html
川崎大使 住所:川崎市川崎区大師町4-48
電話:044-266-3420
HP:http://www.kawasakidaishi.com/
方違神社 住所:大阪府堺市堺区北三国ケ丘町2-2-1
電話:072-232-1216
HP:http://www.hochigai-jinja.or.jp/

方位除けの祈祷は数千円の祈祷料を納めて祈祷してもらい、お札を授かるのが一般的ですが、お札の扱いは神社によく訪ねて粗末にしないように安置しましょう。

 

◆中継地点を挟む

平安時代から続く風習に「方違え」(かたたがえ)というものがあり、自宅から目的地まで凶方位となる場合、自宅から吉の方角にあたる神社に一度立ち寄ります。

そこで立ち寄った際に凶の方角に行くことを詫びた上、「凶方位に行くことになりますが、安全を見守っててください」と祈願しましょう。

 

以上の3つの対策がありますが、中継地点を挟む対策などはすぐにできますので、ぜひ引っ越しで不具合を感じている方は影響を最小限におさえるために、対策を講じてくださいね。

 

まとめ

2018年に引っ越しする場合の風水や吉の方角、時期やタイミング、凶方角に引っ越してしまった場合の対策についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

単身での身軽な引っ越し、家族での一生に一度の引っ越しなど様々なタイプがありますが、引っ越した後に後悔しないために事前にしっかりと調べて吉の方角や良いタイミングの時期を見計らい、最高の引っ越しにしていきましょう!

 

スポンサーリンク

-雑学・おもしろ