ゴシッター

芸能界の噂や芸能人の素顔、彼氏彼女といったゴシップから飲み会で使えるネタまでエンタメ情報をお届けします。

インフルエンザ2018の流行型や症状特徴!ピークや予防接種効果も

 
 
インフルエンザは風邪とは原因や症状も異なり、強力な感染力を持っていて、日本では毎年冬になると流行が見られて死者が出ることもあります。
 

2018年のインフルエンザの型や症状、流行の時期やピークと予防接種についてまとめました!

スポンサーリンク

インフルエンザ2018について

インフルエンザは普通の風邪よりも発症が急で症状が重いのが特徴で、一度流行すると強力な感染力があるため年齢性別関係なく、短期間で多くの人に感染が広がります。
 
そのインフルエンザにはA型、B型、C型があり、毎年流行る型が異なります。
 
最初にインフルエンザと風邪の違いと、2018年のインフルエンザの流行型と症状や特徴、治療法について見ていきましょう!

インフルエンザと風邪の見分け方

まず体調を崩してしまった時、それがちょうどインフルエンザの流行時期と重なってしまうと自分が風邪を引いてしまったのかインフルエンザにかかってしまったのか分かりませんよね。

インフルエンザの判断は病院に行って検査が必要ですが、前段階として自分でも何となく見分けがつくように、まずはインフルエンザと風邪の特徴を見ていきましょう!

  インフルエンザ 風邪
発症時期 冬季 一年中
症状 全身症状 くしゃみ、咳、喉の腫れなど
進行 急激 ゆるやか
潜伏期間 あり なし
ウィルス インフルエンザウィルス アデノ、コロナウィルスなど
この様にインフルエンザと風邪の特徴には様々な違いがありますね。
 

特にインフルエンザは急に高熱が出て、倦怠感や食欲不振などの全身症状、関節の痛みや筋肉痛、頭痛など様々な箇所に痛みを生じます。

風邪の時に飲む薬とインフルエンザで飲む薬は変わってくるため、

◇急に38度以上の高熱が出た
◇全身の関節・筋肉が痛い
◇頭痛や全身のだるさがある

などの自覚症状や、身近にインフルエンザにかかっていたり、人ごみの中に行った人後に症状がみられた方はインフルエンザの可能性が高いので、病院での検査をおすすめします。

では、2018年のインフルエンザの流行型について見ていきましょう!

インフルエンザ2018の流行型と症状や特徴

毎年流行する型が変わってくるインフルエンザの、2018の流行型と症状や特徴、インフルエンザにかかってしまった場合を見ていきましょう!

 

◆インフルエンザ2018の流行型

2018年に流行されるとするインフルエンザの型はA型と言われています。

2018年のインフルエンザの流行型がA型という理由の一つに、今年の9月に既に埼玉県の小学校で流行し、学校閉鎖を引き起こしたインフルエンザが全員A型だったためということがあります。

インフルエンザにはA、B、C型があると先程述べましたが、それぞれの型の特徴は以下の様になります。

 
<A型:最も症状が激しい型>

・144種類のウィルスがある
高熱、全身症状が出る
・幼児や高齢者は特に重症化しやすく合併症を起こす恐れもある

<B型:風邪と間違えやすいので注意>
・ウィルスの種類は2種類
・微熱や下痢、嘔吐の症状が強い場合もあるので胃腸風邪やノロウィルスと間違えやすい
・2~3月の流行が多い

<C型:症状は軽いが注意が必要>
・ウィルスの種類は1つ
・鼻水、鼻づまり、微熱など風邪の症状に似ている
・2歳以下の幼児は重症化する恐れがあるので注意が必要 

 
インフルエンザと一言でいってもこのような違いがあるのですね。
 
2018年に流行すると予想されているインフルエンザウイルスは、A型の中でも更に細かく見ていくとH3N2というウィルスです。
 
2018年流行が予想されているこのインフルエンザは感染力が強いため、小学校や中学校をはじめ子どもたちが集団で過ごすところでは特に注意が必要です。
 
では、A型H3N2インフルエンザについての症状や特徴を見ていきましょう。

 

◆症状や特徴について

インフルエンザA型にはタンパク質の組み合わせにより144種類の派生型があり、H3N2のウィルスというのは144種類の中のひとつです。

ウィルスA型の症状の特徴として、

 
・激しい悪寒や震え
 
・38℃以上の高熱
 
・身体の痛み
 
・人から人への感染力が強い
 
など、先ほど風邪とインフルエンザの違いで紹介した症状のほとんどが当てはまりますので、インフルエンザと言えばA型を思い浮かべる人も少なくありません。
 

感染経路として飛沫感染と接触感染がありますので、人ごみの多い場所を避けることや、外出の際はマスクの着用が必要ですね。

高熱や身体の痛みなどの激しい症状は発症から3日間程度続いた後落ち着きますが、熱以外の症状は5~7日、完治にかかる目安は約1週間です。

熱が下がった後も数日は体内にウィルスが生存していますので、症状が落ち着いても1、2日は外出を控えましょう。

飛沫感染
→咳やくしゃみにより飛んだウィルスを吸うことにより感染する経路

接触感染
→皮膚や粘膜、手すりなどウィルスの付着した物体に触れることで感染する経路

 

◆インフルエンザにかかってしまったら

インフルエンザにかかってしまったら学校や仕事はどうすればいいのでしょうか?

社会人がインフルエンザに感染した場合会社の規定に従いますが、子供の感染の場合、学校保健安全法という法律によって出席停止になります。

・発症から5日間経っていること
・解熱後2日間経っていること

感染を広げないために、上記の期間を過ぎるまでは登園できない決まりになっていますので注意しましょう。

またインフルエンザA型の治療には抗インフルエンザ薬が使用されますが、これは医療機関の受診が必要になります。

自己判断で市販薬を飲むことはとても危険で、市販薬の成分によっては命に関わる合併症であるインフルエンザ脳症を引き起こす場合もありますので、必ず病院に行ってくださいね。
 

スポンサーリンク

 

インフルエンザ2018の流行時期とピーク

 

2018年のインフルエンザの流行時期とピークを見ていきましょう!

 

<流行時期>
12月後半から3月まで

<ピーク>
1月下旬から2月上旬(特に1月第4~5週目)

→具体的なピーク:2018年1月21日~1月31日頃

前述したように、今年は既に9月の段階で埼玉県の学校が学級閉鎖をしていますがそれはまだ少数で、毎年12月後半から患者数が増え、特に1月下旬からピークになりますので注意が必要です。

インフルエンザが冬に流行りやすい原因として、次の2つの環境の理由があります。

 
◆ウィルスが生存しやすい環境
 
◆ウィルスが体内に侵入しやすくなる環境
 

 

◆ウィルスが生存しやすい環境

インフルエンザが冬に流行りやすい理由として、インフルエンザウィルスが温度15℃以下で湿度20%前後が最も生存しやすい環境であるということが言えます。

このため気温と湿度の低い冬にインフルエンザの感染者が増えるわけですね。

逆に高温で多湿の日本の夏はインフルエンザウィルスが生存しやすいため、流行が起こりにくいのです。

 

◆ウィルスが体内に侵入しやすくなる環境

人間の鼻やのどの粘膜は、繊毛という毛に覆われています。

この繊毛はウィルスが体内に侵入するのを防ぐフィルターの役割をするわけですが、気温の低い冬になると、繊毛の動きが鈍くなります。

これによりウィルスが体内に入り込みやすくなり感染のリスクが高まります。

 

ちょうど流行やピークの時期にクリスマスやお正月などがあり外出する機会も増えますが、予防をしっかりとしてイベントを楽しみましょう!
 

スポンサーリンク

 

インフルエンザの予防接種について

 

予防接種とは科学的に弱毒化、無毒化したウイルスを身体に入れることで、抗体を作らせてそのウイルスに対しての免疫力を高めることを目的に行うものです。

インフルエンザの予防接種は処理されたはいえ、実際にインフルエンザウィルスを身体に入れるわけですね。

ここではインフルエンザの予防接種時期、効果と副作用についてまとめました!

予防接種の時期

流行の時期が12月後半からというインフルエンザですが、予防接種のおすすめ接種時期は、11月後半から12月上旬です。

インフルエンザだけでなく予防接種全体に言えることですが、予防接種してすぐに効果が出るわけではなく、体内でウィルスに対抗する抗体が作られるまで2~3週間程度かかります。

そのため、インフルエンザ流行やピークの時期に受けるのではなく、流行が始まる前に受けるのが一番効果的なのですね。

インフルエンザの予防接種は例年10月上旬から接種を開始しますのですぐに摂取できるからいいやと安心することなく、

・予約の有無
・在庫状況
・値段

などをあらかじめ病院に確認しておくと安心ですね。

ちなみに2017年現在のインフルエンザワクチンの数は不足しているようですので、やはり早めの接種予約が必要です!

早く打ち過ぎてピークや流行時期に予防接種の効果が消えたらどうしよう?と心配になる方もいるかもしれませんが、予防接種の効果は5ヵ月程度続きますので、心配は無用ですよ。

ただし、効果のピークは接種後1ヵ月、3ヵ月頃から段々と低くなっていくようです。


ワクチン値段についてはこのようになっています。

対象 値段 備考
13歳以下の子供 6000~7000円 2回接種・2回分記載
大人 3500~4000円  
高齢者 0~2000円 助成ありの場合

あくまでも参考の値段ですので、こちらも病院に電話する際にしっかりと問い合わせておけば安心ですね。

インフルエンザ予防接種の効果と副作用

予防接種の効果と副作用として、以下のことが挙げられます。

 

<効果>
◆インフルエンザにかかりにくくする効果

◆かかっても重症化しにくい効果

<副作用>
◆軽い副作用
・接種場所の赤み、腫れ、痛み

・発熱、頭痛、悪寒、倦怠感

◆重い副作用
・アレルギーによるショック症状

アレルギーによるショック症状は「アナフィラキシー症状」と呼ばれ、じんましんなどの皮膚症状から息切れ、血圧低下などの症状が見られることがあります。

恐ろしい症状で不安になりますが、このショック症状は接種後すぐに起こるのが特徴なので、接種後30分は院内で様子を見ることが大切でしょう。

また、インフルエンザのワクチンには微量の鶏卵の成分が入っているため、卵アレルギーの方は不安になってしまいますよね。

卵アレルギーを持つ多くの人は問題なくワクチンを接種できていますが、必ずかかりつけの医師への確認は忘れないようにしましょう!
 
 

スポンサーリンク

 

インフルエンザの予防について

 

最後に、予防接種の他にインフルエンザに感染するリスクを抑えるポイントをまとめました!

 
◆手洗いの徹底
 
◆湿度の管理 
 

 

◆手洗いの徹底

毎日様々なものに触れている手は多くのウィルスが付着していますので、手洗いを徹底して体内にインフルエンザウィルスを侵入させないことが大切です。

ウィルスは石鹸に弱いので、特に流行時期やピークの時期はいつも以上に念入りに指の間や爪の先の細かい部分までしっかりと擦ってウィルスを落としましょう。

正しい手洗いについて以下の動画が参考になりますので、ぜひ見てみてくださいね!

 

◆湿度の管理

空気が乾燥する冬場はウィルスが増殖しやすくなり、身体の棒業機能も低下しやすいため、大事なのが湿度の管理です。

インフルエンザウィルスの対策と、人間が快適に過ごせることを考えると湿度は50~60%が最適です。

これは1961年にインフルエンザの生存率と湿度の関係の論文が発表され、湿度が50%以上になるとインフルエンザウィルスの生存率が大幅に下がることが報告されました。

湿度は高ければ高い程良いという訳ではなく、湿度が60%以上になるとダニやカビの発生原因になり健康に害を及ぼします。

冬は乾燥する季節の為、何の対策もしないで湿度が50%を超えることはほとんどありません。

湿度は感覚では測りにくいものですので、湿度計を利用した上で簡単に加湿できる方法をご紹介します!

 
◇加湿器を購入する

→購入する費用さえ気にしなければ自動で湿度管理を行ってくれる

◇濡れタオルを部屋に吊るす
→入浴後や洗濯後のタオルを乾かすついでにかけておくだけで簡単に対策できる

◇洗濯物を部屋干しする
→洗濯物も乾く上乾燥対策にもなる

部屋干しに関しては生乾きの臭いが気になる方もいると思いますが、日に当てて干したり部屋干し用の洗剤を使うなど工夫して行ってみてくださいね。

冬場の乾燥を防ぎ、快適に過ごしながらインフルエンザウィルスの対策も行いましょう!

 

まとめ

インフルエンザ2018の流行型、症状や特徴とピークの時期や予防接種の効果と予防についてまとめましたがいかがでしょうか?

過去にインフルエンザにかかったことのある方なら分かる通り、インフルエンザは本当に辛いものですよね。

予防接種や手洗い、湿度を管理するというインフルエンザの予防をしっかりおこない2018年はインフルエンザにかからない年にしましょう!

 

スポンサーリンク

-雑学・おもしろ