ゴシッター

芸能界の噂や芸能人の素顔、彼氏彼女といったゴシップから飲み会で使えるネタまでエンタメ情報をお届けします。

犬猫用クリスマスケーキ2017の予約方法や東京のおすすめ販売店!

 
 
2017年の夏も終わり、少しずつ寒くなってきてクリスマスの計画を立てる方もいると思いますが、年に一度のクリスマスに外食も良いけれど、せっかくなら愛する犬猫と一緒に過ごすのも良いですよね。
 
一緒のケーキは食べることはできないけれど、犬猫とも一緒にクリスマスをお祝いするために、犬猫用のクリスマスケーキを購入してみてはいかがでしょうか?

2017年の犬猫用クリスマスケーキの予約方法や東京のおすすめの販売店と、犬猫用クリスマスケーキの違いや注意点についてまとめました!

スポンサーリンク

犬猫用ケーキと人間用ケーキの違い

犬猫用ケーキと言うけれど、人間用とはどこが違うのでしょうか?

また、犬用と猫用ではどのように違うのか見ていきましょう。

 

人間用ケーキと犬猫用ケーキの違い

人間と犬猫では当然身体の大きさも違いますし、必要としているエネルギーや身体に有害な物質も違いますので、いくら犬猫を家族の一員だと思っていても、そこは間違えてはいけません。

人間用ケーキと比べると、犬猫用ケーキの方が塩分や糖分、カロリー等がとても低いです。

犬猫用ケーキの特徴をまとめると、

 
◇原材料は小麦粉でなく、米粉や大麦粉を使用している場合が多い
→カロリーを低く抑える為
 
◇牛乳の代わりに豆乳を使う場合が多い
→牛乳の成分乳糖により下痢を起こす可能性がある為
 
◇チョコレートやココアを使用していない
→含まれるテオブロミンという物質が原因で下痢や嘔吐を起こすことがある為
 
◇砂糖など使って甘くしていない
→糖尿病や歯周病を防ぐ為
 
以上の事から、人間が犬猫用ケーキを食べると味がしない!薄味!と思うことがありますが、犬猫には全く問題ありません。
 
後程犬猫に有害な食べさせてはいけない物質についてもまとめていますので、ぜひ見てみてくださいね。

 

犬用ケーキと猫用ケーキの違い

人間用ケーキと犬猫用ケーキの違いは分かったけれど、犬用ケーキと猫用ケーキの違いは何があるのでしょうか。

基本的に犬用ケーキも猫用ケーキも使われている材料に違いはほとんどありませんが、犬と違って甘いものを好む猫は少ない為、猫用ケーキには少量の煮干しやマタタビが使われている場合もあります。

マタタビはマタタビ科マタタビ属の植物で、猫が嗅ぐとメロメロの状態やハイになったりする場合があります。

犬には効くことはないので食べても大丈夫です。

犬用と猫用のフードの成分も違いますので、犬が猫のケーキを食べたり、その逆をしたら危険じゃないのかと思われがちですが、ドッグフードやキャットフードと違い毎日与える物ではありませんので、そこまで深刻に考える必要はありません。

では、東京で買える犬猫用クリスマスケーキの販売店やネットでの販売店、その予約方法を見ていきましょう!
 

スポンサーリンク

 

東京で買える犬猫用クリスマスケーキ販売店と予約方法

東京で犬猫用クリスマスケーキが買える販売店と予約方法について調べました!

◆MUKU
 
◆ダン君ママの愛犬ケーキ
 
◆Dog Sweets LAB
◆MUKU
 
犬猫用ケーキやおやつを扱うおすすめの販売店で、特集されているバースデーケーキも様々なサイズやデコレーションがありますので、クリスマスも楽しみですね。
 
<おすすめポイント>
・カラフルで見た目も鮮やかなケーキ
・小さめで一匹からでも食べられる
・お肉のケーキやお魚のケーキなど味の種類が多くある
 
予約方法:店頭またはオンラインにて
 
住所 東京都中央区銀座2-14-2 銀座GTビル1F
TEL 03-6278-7769
URL http://ginza-muku.com/

 

 ◆ダン君ママの愛犬ケーキ

犬の健康と安全に配慮した、完全無添加で人間の赤ちゃんも食べられる優しいケーキを作っているおすすめ販売店で、もともと通販のみでしたが、人気の為日本橋高島屋で購入できます。

いわゆる一般的なクリスマスケーキよりはシンプルですが、愛犬と一緒にケーキが食べたい!という時に安心ですね。

通販は今も行っていますので、遠方の方はぜひ注文してみてくださいね。

<おすすめポイント>
・注文を受けてから作る真心のこもったケーキ
・獣医師の指導の下作った安心のケーキ

予約方法:店頭またはオンラインにて

住所 東京都中央区日本橋2−4−1
TEL 03-3211-4111
URL http://dankunmama.com/

 

 ◆Dog Sweets LAB

犬用の完全オーダーメイドケーキで、冷凍していない生のデコレーションケーキを作るおすすめ販売店です。

似顔絵ケーキや立体ケーキなど、見ただけで楽しくなれるケーキがいっぱいです。

<おすすめポイント>
・冷凍していないため解凍方法によって味が左右されることが無い
・世界に一つだけのケーキを作ることができる

<予約について>
予約期日:一週間前まで

予約方法:メールにて注文

住所 東京都大田区中央1‐16-8 1階 「美容室キャンバス」内
URL http://fizz2yu.wixsite.com/dog-sweets-lab

スポンサーリンク

ネットで買える犬猫用クリスマスケーキ販売店と予約方法

通販で買える犬猫用クリスマスケーキはないの?と思う方のために、犬猫用クリスマスケーキのおすすめ販売店についてまとめました。

東京に住んでいなくても、ネットで買えるのは嬉しいですね!

◆ドッグダイナー
 
◆帝塚山 ハウンドカム
 
◆E-tan U-tan
 

◆ドッグダイナー
(下の画像をクリックすると楽天のドッグダイナーのページに進めます)
 
 
 犬用クリスマスケーキやドッグフード、サプリなど品ぞろえが豊富で、愛犬の写真を送ると愛犬のクリスマスケーキができる点が嬉しいですね。

 

◆帝塚山ハウンドカム
(下の画像をクリックすると楽天の帝塚山ハウンドカムのページに進めます)
 
 
帝塚山ハウンドカムでは、イチゴのケーキなどの定番からプチカップケーキやショコラなど特徴的なケーキも用意されています。
 

砂糖やバター、生クリームとウは不使用で、ヘルシーな野菜や豆乳を使用している点が嬉しいですね。

 
◆E-tan U-tan
(下の画像をクリックすると楽天のE-tan U-tanのページに進めます)
 

 
犬用の洋服を主に扱っているE-tan U-tanですが、かわいいケーキが特徴的です。
 
量が多めなので、シェアや多頭飼いの方にオススメです。

 

◆コンビニで購入できる可能性も

2016年はローソン、ファミリーマートから犬用クリスマスケーキが販売されましたが、2017年はまだ発表されていないようです。

予約方法に店舗での注文ができたり、受け取りも自宅や店舗で選ぶことができれば東京でなくても手軽に犬猫用クリスマスケーキを手に入れることができるので、販売されるならとてもおすすめです。

まだクリスマスまで3ヵ月以上もありますので、気になった時や買い物に行った際にチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

 

ケーキを与える時の注意点

 
 
人間用ケーキと犬猫用ケーキの違いをまとめた際に触れた、犬猫にとって有害な物質はこちらです。
 
<犬猫に食べさせてはいけないもの>
 
◇玉ねぎやネギなどのネギ類
→含まれる成分が赤血球を破壊して貧血を起こし、死亡の危険もある。
加熱しても成分は消えないため注意
 
◇チョコレートやココアなどカカオ類
→含まれるテオブロミンで下痢嘔吐などを引き起こす。
特にチョコレートは死亡例もあるので注意
 
◇レーズンやブドウ
→嘔吐や腎不全を引き起こす場合がある
 
◇アボカド
→嘔吐、下痢を含む胃腸系の症状に注意。死亡例もある
 
◇マカデミアナッツ
→嘔吐、震え、高熱、筋肉の硬直など
 
◇キシリトール(人工甘味料)
→低血糖や肝障害など
 
 
販売されている犬猫用クリスマスケーキには使われていませんが、もし自分で犬猫用のお菓子やクリスマスケーキを作ってみようという際には気をつけましょう。
 
最後に、クリスマスケーキを与える際の注意点についてまとめました!

 

<犬猫にクリスマスケーキを与える際の注意点>
 
◆まずは少量から与える
→初めに大量に食べさせることでアレルギーがあった場合、重篤な症状が出る場合があるため
 
◆摂取量は1日に必要なカロリーの10%まで
→10%程度なら主食であるフードの栄養バランスに影響がないため
 
◆日頃からスキンシップをする
→クリスマス当日だけ構うよりは日頃からスキンシップをとる
 
◆人間のご飯とは違うことを認識させる
→人間用ご飯と変わらない見た目の者が多くあるため混乱してしまう
 
 
犬猫はクリスマスケーキの量よりも、飼い主さんのコミュニケーションに満足します。
 
クリスマスを一緒に過ごして思い出をつくることはとても素敵ですが、当日だけ構って翌日から夢の様な時間が無くなり混乱する場合もありますので、常日頃からブラッシングや話しかけたりなど、スキンシップを図りましょう。
 
今回はクリスマスケーキということで年に一度のことですが、日常でもおやつを頻繁に挙げてしまうとフードは食べないけれどおやつなら食べるという癖がついてしまい、健康に影響を及ぼす場合があります。
 
癖づかないように注意しましょうね。

 

まとめ

犬猫のことを考え一緒の時間を過ごしてクリスマスや誕生日にお祝いにケーキを食べるという事は、犬猫に対する変化に目を向けるきっかけにもなります。

クリスマスや誕生日、またはお正月などに年に数回そういった機会を作ることでどうすれば愛する犬猫が喜んでくれるかじっくり考えることができますので、自己満足のためにクリスマスケーキを買うのではなく、量や成分など注意をしながら良い一日にできれば良いですね。

 

スポンサーリンク

-食べ物