ゴシッター

芸能界の噂や芸能人の素顔、彼氏彼女といったゴシップから飲み会で使えるネタまでエンタメ情報をお届けします。

コンビニATMの2017-2018年末年始の利用時間や振込手数料まとめ!

2017/12/17

 

クリスマスが終わると余韻に浸る間もなく年末年始がやってきますね。

年末年始と言えばお年賀や親戚の子供にあげるお年玉、初売りや福袋などお金が要る機会が増えますが、「お金を下ろすのを忘れた!」ということ、ありますよね…。

そんな時、まず一番初めに下ろせるか気になる所が身近なコンビニのATMではないでしょうか。

今回はコンビニATMの2017-2018の年末年始の利用時間や振込手数料についてまとめました!

2017-2018年末年始の銀行の窓口営業予定について

まずは、2017-2018年末年始のカレンダーを見ていきましょう。

2017-2018年末年始 12/29 12/30 12/31 1/1 1/2 1/3 1/4

 

そして、2017-2018の年末年始の主な銀行の窓口営業予定はこちらです!

銀行名 窓口営業時間
三菱東京UFJ銀行 12/29(金)午後3時まで
みずほ銀行 12/29(金)午後3時まで
三井住友銀行 12/29(金)午後3時まで
りそな銀行 12/29(金)午後5時まで
ゆうちょ銀行 12/29(金)支店により午後4~6時まで

 

窓口の営業終了時間に若干の差はありますが、12/30が土曜日の為、どの銀行も12月30日から1月3日までが休業となり、2018年は1月4日の木曜日から通常通り営業するようですね。

年末の銀行は本当に混み合って、1~2時間以上待たされてしまったという方もいますが、この混雑には次のような理由があります。

◇休み前の現金の引き出し
◇契約の終了や賃金の支払いを年末に設定してある
◇給料日後による家計管理

しかし当然、

◇窓口営業時間を過ぎてしまった…
◇年末年始の混雑に耐えられないのでコンビニATMで済ませたい!

という方もいますよね。

そんな時に使えるコンビニATMの2017-2018の年末年始の利用時間や手数料を見ていきましょう! 
 

スポンサーリンク

 

全国で多いコンビニはどこ?

 

今やそこかしこで見られるコンビニですが、どのコンビニが一番多いのだろうと思ったことはありませんか?2017年6月の時点での、各都道府県のコンビニ勢力図がこちらです。

 

これは各都道府県の店舗数が1位のものを表示して、その勢力図を表したものですが、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンなど全国展開のコンビニチェーンがやはり強いですね。

分布図を見てみると、

◇セブンイレブン
南東北、関東、甲信越、山陽、九州

◇ファミリーマート
東海、北陸

※2016年9月にサークルKサンクスと経営統合したため合算しています

◇ローソン

関西、山陰、四国

と地域別にきれいに分かれていますね。

各チェーンごとの都道府県ランキングはこちらです。

順位 コンビニ名 店舗数
1 セブンイレブン 19044
2 ファミリーマート 18240
3 ローソン 12557
4 ミニストップ 2227
5 デイリーヤマザキ 1464
6 セイコーマート 1178
7 ポプラ 473
8 スリーエフ 539
9 セーブオン 500
合計   56222

 

これだけの店舗数があり、しかも地域別にしっかりと住み分けられているのであれば、みなさんの住んでいる地域の近くにも1位のコンビニがある場所が思い当たるのではないでしょうか?

では1~4位までのセブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップについて2017-2018のコンビニATMの利用時間を見ていきましょう!
 

スポンサーリンク

 

コンビニATMの年末年始の利用時間と手数料

 

窓口の営業時間が限られる銀行と違い、コンビニATMは銀行の営業時間に関係なく利用することができます

これは年末年始も変わりありませんので、先ほどの都道府県別店舗ランキングで示したように、住んでいる場所のすぐ近くにコンビニがあると助かりますよね。

ただし、年末年始にシステムのメンテナンスによりATMを休止する場合がありますので注意が必要です。

さらに、自分が下ろしたい銀行と、来店するコンビニにより利用時間は変わってきます。

24時間対応可の銀行もあっても、ATMが動いているのに利用時間外だったという銀行もありますので、やはり銀行のHPなどで調べてから下ろしに行った方が確実ですね。

ちなみにコンビニに置いてあるATMには種類があります。

 
セブンイレブン:セブン銀行
 
ファミリーマート:E-net
 
ローソン:ローソンATM
 
ミニストップ:イオン銀行
 
 

ファミリーマートのATMであるE-netとは中々聞き覚えが無いと思いますが、株式会社イーネットが運営するコンビニATMです。

では、2017-2018の年末年始のATM利用時間と手数料について見ていきましょう!

セブンイレブンのATM年末年始利用時間

全国の店舗数No.1のコンビニセブンイレブンは、きっと家の近くにも1つはあるのではないでしょうか?

セブン銀行の2017-2018年末年始利用時間と手数料はこちらです。

利用時間24時間可能

引き出し時間 手数料
0~7時 108円
7~19時 無料
19~24時 108円

 

店舗数が多いだけでなく、2017-2018の年末年始も関係なくATMが稼働しているため便利ですね。

下ろしたい銀行があるかどうかこちらから確認し、ATMへ向かいましょう!

ファミリーマートのATM年末年始利用時間

ファミリーマートでは、E-net ATMとゆうちょATMが設置されています。

E-netのATMで利用できる金融機関は各金融機関によって取り扱い時間と手数料が異なりますので、こちらから確認してください。

ゆうちょ銀行ATMは年末年始も関係なくATMが使用できますので、ゆうちょの窓口が閉まっていてもファミマがあれば手数料無料でお金の引き出しができて便利ですね!

ローソンのATM年末年始利用時間

ローソンATMでは2017-2018の年末年始、他のコンビニと違いシステムメンテナンスの為休止期間があるので注意が必要です。

 
<ローソンの年末年始ATM休止期間>
 

2018年1月1日(月・祝)21:00から

2018年1月2日(火)7:00まで

 

上記時間はローソンのATMが使えない上、利用時間や手数料は銀行によって違うため、こちらも調べてからATMを利用した方が良いでしょう。

ローソンATMのページから利用したい銀行を選択すると利用時間や手数料が表示されるので、確認してみてくださいね。

ミニストップのATM年末年始利用時間

ミニストップに設置してあるイオン銀行は、24時間365日利用手数料無料で利用することができるため、2017-2018年末年始ももちろん変わりなく利用することができます。

いつでも利用できて、さらに手数料もかからないなんてお得ですよね…!

イオン銀行で利用できるATMはこちらから確認してくださいね。
 

スポンサーリンク

 

コンビニATMの振込手数料について

 

コンビニATMの利用時間や引出手数料についてまとめましたが、次は振込手数料について見ていきましょう。

年末年始に振込まなければならない支払いを忘れてしまうと慌てますよね。

銀行の窓口が開いている時間に振込作業を行うと当日振込されますが、営業時間外や土日祝日などの銀行の休業日にATMを利用して振込すると翌営業日の扱いとなります。

2017-2018の年末年始の場合、2017年12月30日(土)から2018年1月3日(水)に振込をすると、1月4日(木)に振り込まれることになります。

年始に絶対に支払い忘れをしたくない!という場合はこの期間に手続きをしておけば安心ですが、急ぎの支払いの場合はやはり余裕を持って振込できれば良いですね!

では、コンビニATMの振込手数料を見ていきましょう。

 

<セブンイレブンATMの振込手数料>

  0-7時
振込手数料
7-19時
振込手数料
19-24時
振込手数料
セブン銀行宛 162円 53円 162円
他行宛 324円 216円 324円

引出作業と同じく24時間365日振込受付可能なセブン銀行は本当に助かりますが、セブン銀行宛と他行宛で大きく手数料が変わってきますので注意してくださいね。

 

<ファミリーマートATMの振込手数料>

E-netの公式HPによると、ファミリーマートに設置してあるイーネットはATM管理運営会社であり金融機関ではないため、振込手数料などの個別事項については個別に確認する必要があります。

例1:三菱東京UFJ銀行

  0:00-8:45
振込手数料
8:45-18:00 
振込手数料
18:00-24:00 
振込手数料
平日  216円 108円 216円 
土日 216円   

 

例2:常陽銀行

  7:00-8:45
振込手数料
8:45-18:00
振込手数料
18:00-23:00
振込手数料
平日 216円 108円 216円
  8:00-21:00振込手数料
土日 216円

※平日は23~翌7時まで、土日は21~翌8時まで休止

 

例として挙げた二つの銀行でも振込時間や手数料に差がありますので、やはり確認してから振込をすると安心ですね。

 

<ローソンATMの振込手数料>

ローソンのATMも、銀行や時間帯により振込手数料は異なります。

例1:りそな銀行振込手数料

2017-2018
年末年始日程
0:00-7:00 7:00-8:45 8:45-18:00 18:00-21:00 21:00-24:00
12/31(日) 216円
1/1(月) 216円 休止
1/2(火) 休止 216円
1/3(水) 216円
1/4(木) 216円 108円 216円

 

例2:西日本シティ銀行振込手数料

2017-2018
年末年始日程
0:00-7:00 7:00-8:45 8:45-18:00 18:00-21:00 21:00-24:00
12/31(日) 216円 休止
1/1(月)
~3(水)
休止 216円 休止
1/4(木) 休止 216円 108円 216円

例に挙げた二つの銀行にも違いがみられますので、ローソンATMで振込む場合も注意しましょう!

 

<ミニストップATMの振込手数料>

  振込手数料
イオン銀行宛 終日無料
他行宛 終日216円

ミニストップに設置してあるイオン銀行ATMも24時間365日振込受付可能が嬉しいですね!

セブン銀行と比べると、イオン銀行宛の利用で終日無料なのはお得ですし、他行宛も時間帯によっては216円と振込手数料は低めの価格になっています。

 

なお、コンビニATMは基本的には銀行と変わりありませんが、記帳など通帳を使う作業、小銭を使う取引、現金を使った振り込みがはできません。

◇お金の引き出し、入金
◇残高確認
◇キャッシュカードによるカード振込

以上がコンビニATMでできることと覚えておけば、便利に利用することができますね! 

まとめ

今回は、2017-2018年末年始のコンビニATMについて利用時間や振込手数料についてまとめました!

銀行に行けなかった!とバタバタ過ごすよりも、コンビニATMをスムーズに利用できれば穏やかに年末年始を過ごすことが出来そうですね。

どうしても新年を迎える準備や迎えた後にも何かしら忙しい年末年始ですが、2017-2018年末年始も楽しく過ごすことができればいいですね!
 

スポンサーリンク

-雑学・おもしろ