ゴシッター

芸能界の噂や芸能人の素顔、彼氏彼女といったゴシップから飲み会で使えるネタまでエンタメ情報をお届けします。

ロシアW杯日程や組合せ抽選会の放送時間!出場国優勝予想も

 

第21回目のFIFAワールドカップが2018年、東ヨーロッパでは初めてロシアで開催されます。

今回はロシアW杯の日程や組み合わせ抽選会の放送時間、出場国の優勝予想や日本の注目選手についてまとめました!

スポンサーリンク

ロシアW杯の日程や会場

まずは、ロシアW杯の日程や出場国と、会場を見ていきましょう!

ロシアW杯の日程と出場国

ロシアW杯の大会期間は6/14(木)~7/15(日)で、日程は以下のようになっています。

 
<グループステージ>
6/14(木)~6/28(木)
 
<決勝トーナメント>
1回戦:6/30(土)~7/3(火)
 
準々決勝:7/6(金)、7(土)
 
準決勝:7/10(火)、11(水)
 
3位決定戦:7/14(土)
 
決勝:7/15(日)
 
 
グループステージは4ヵ国ずつ8つのグループに分かれて各組で総当たり戦を行い、試合の結果ごとに勝ち点が与えられます。
 

勝利:3点
引分:1点
敗戦:0点

全試合終了時に各グループで勝ち点の多い上位2チームが決勝トーナメントに進出しますが、この決勝トーナメント出場を目指す今回のロシアW杯の出場国はこちらです。

 
<ロシアW杯出場国>
ナイジェリア エジプト セネガル モロッコ
チュニジア イラン 日本 韓国
サウジアラビア オーストラリア ロシア ベルギー
ドイツ イングランド スペイン ポーランド
アイスランド セルビア ポルトガル フランス
クロアチア スイス スウェーデン デンマーク
メキシコ コスタリカ パナマ ブラジル
ウルグアイ アルゼンチン ペルー コロンビア

 

勝ち点が同じ場合、得失点差、総得点の順に判断しますが、さらに同じだった場合は直接対決をして、これも引き分けの場合くじ引きにより決定し、決勝トーナメント進出が決まります。

決勝に残った16組はノックアウトと呼ばれる勝ち残り方式で行われます。

では次に、グループリーグや決勝リーグの会場を見ていきましょう!

ロシアW杯の会場

ロシアW杯で使われる会場のある地域はこちらです。

 
<グループリーグ>
グループA 6/14~/25 モスクワ、エカテリンブルク、サンクトペテルブルク、サマーラ、ヴォルゴグラード
グループB 6/15~/26 サンクトペテルブルク、ソチ、モスクワ、カザン、サランスク、カリーニンググラード
グループC 6/16~/26 カザン、サランスク、エカテリンブルク、サマーラ、モスクワ、ソチ
グループD 6/17~/27 モスクワ、カリーニンググラード、ニシニ・ノヴゴロド、ヴォルゴグラード、サンクトペテルブルク、ロストフナ・ドヌ
グループE 6/17~/27 サマーラ、ロストフナ・ドヌ、サンクトペテルブルク、カリーニンググラード、モスクワ、ニシニ・ノヴゴロド
グループF 6/18~/28 モスクワ、ニシニ・ノヴゴロド、ソチ、ロストフナ・ドヌ、カザン、エカテリンブルク
グループG 6/19~/28 ソチ、ヴォルゴグラード、モスクワ、ニシニ・ノヴゴロド、カリーニンググラード、サランスク
グループH 6/19~/28 モスクワ、サランスク、エカテリンブルク、カザン、ヴォルゴグラード、サマーラ
 
<決勝リーグ>
1回戦 6/30~7/3 ソチ、モスクワ、カザン、サマーラ、ロストフナ・ドヌ、ニシニ・ノヴゴロド、サンクトペテルブルク
準々決勝 7/6、7 ニシニ・ノヴゴロド、カザン、ソチ、サマーラ
準決勝 7/10、11 サンクトペテルブルク、モスクワ
3位決定戦 7/14 サンクトペテルブルク
決勝 7/15 モスクワ
ロシアW杯は11都市の12会場で開催され、全会場が陸上トラックの無いサッカーや球技の専用スタジアムとなっています。
 
一番の盛り上がりが予想される決勝戦は、モスクワで行う様ですね!
 
 
気候としてはソチだけが温暖湿潤気候でその他の会場のある地域では亜寒帯湿潤気候に属していますが、温暖湿潤気候は高温多湿ですし、亜寒帯湿潤気候は一年を通して雨の多い地域ですので、日本代表選手はまずこの気候になれることが大切ですね。
 

スポンサーリンク

 

組み合わせ抽選会の放送時間と方法

 

では、組み合わせ抽選会の日程や放送時間と組み合わせ抽選の方法について見ていきましょう。

ロシアW杯の組み合わせ抽選日程と放送時間

ロシアW杯大会の組み合わせ抽選会の日程は、日本時間で2017年12月2日に行われます。

ロシアW杯大会開催都市の時差は3つあり、日本より4~7時間遅れていますので、ロシア現地時間では12月1日となりますね。

先程ご紹介した出場国32ヵ国が8つのグループに分かれる組み合わせ抽選会ですが、組み合わせ内容によっては強豪ばかりのグループである「死の組」や、グループリーグが突破できると予想される「天国の組」が決定します。

日本はどのグループにはいるのだろうという事だけでなく、どんな組み合わせのグループだろうと注目する抽選会なんですね。

 

この組み合わせ抽選会はロシアモスクワ中心部のクレムリンという地域のコンサートホールで開催されますが、テレビでの放送時間はまだ決定していませんので分かり次第追記でお知らせしたいと思います!

前大会であるブラジルW杯の際は以下で中継がありました!

◇NHK
 
◇NHK BS1
 
◇スカパー!
 
NHKは1998年のフランス大会以降毎年生中継がありますので、放送時間は未定のものの、ほぼ放送することは確実と言ってもいいのではないでしょうか。
 
日本代表以外の試合もすべて見たい!という方にはスカパーが特におすすめです。ワールドカップだけでなくセリエAやプレミアリーグなど世界最高峰のプレーも見放題ですから、サッカー好きにはたまらないですよね。
 
 
日程が近づいてきたら放送するかどうかや、放送時間をチェックしておきましょう!
 
どちらにしても生放送の中継を行う放送時間は深夜の時間帯となりますので、次の日の予定に響かない程度に組み合わせ抽選会を楽しめると良いですね。

抽選会の方法

組み合わせ抽選会の方法をご紹介します。

前回のブラジル大会では、本抽選を行う前にプレ抽選を行うなどの形式をとられていましたが、今回はそういった複雑な方法はなくなり、出場国である32ヵ国がボット1~4に分けられ、各ボットから1チームずつをくじ引きで決めて、グループA~Hの8つに分けられます。

32ヵ国が分けられるポットは2017年の10月の段階のFIFAランキングで、上位7ヵ国と開催国であるロシアを加えた8ヵ国が第1ポットに入り、以下は8ヵ国ごとにボット4まで分けられます。

ポット1 ドイツ
ブラジル
ポルトガル
アルゼンチン
ベルギー
ポーランド
フランス
ロシア
ポット2 スペイン
ペルー
スイス
イングランド
コロンビア
メキシコ
クロアチア
ウルグアイ
ポット3 デンマーク
アイスランド
コスタリカ
スウェーデン
チュニジア
エジプト
セネガル
イラン
ポット4 日本
セルビア
ナイジェリア
モロッコ
パナマ
韓国
サウジアラビア
オーストラリア

 

日本は10月の時点でFIFAランキング44位でボット4に分けられました。

このポットでグループリーグをするという訳ではなく、ここからA~Hのくじ引き抽選をするわけですね。

前回までは大陸を意識したポット分けとなっていましたが、ロシアW杯ではFIFAランキングによるポット分けとなったので、当然FIFAランキングの高いポット1とポット2がグループリーグを突破できるという組み合わせになってしまいます。

ポット4に属する日本代表はポット1~3までの国と総当たりで戦いますが、この対戦チームは全て格上のチームですので、グループリーグ組み合わせ抽選会の結果次第では死の組と呼ばれてしまう可能性もあり、中々厳しい戦いを強いられそうですね…。

 

さらに、ポット1の強さはもちろんのこと、ポット2のスペインは要注意です。

同じくポット2のウルグアイが優勝したのは1950年とだいぶ前ですが、スペインは2010年の大会優勝国であり、組み合わせ抽選会でスペインと同じ組になってしまうと必然的に死の組みとなってしまうでしょう。

日本がどの組み合わせのグループリーグになるか注目ですね!
 

スポンサーリンク

 

出場国優勝予想

 

では、出場国の優勝予想をしていきたいと思います。

 
優勝予想1:ドイツ
 
優勝予想2:ブラジル
 
優勝予想3:スペイン
 
優勝予想4:ベルギー
 
 
<優勝予想1:ドイツ>
 

前回のブラジル大会覇者であるドイツは、やはり1番先に優勝予想として挙げられますね。

前回大会が4年前ということで優勝を経験したメンバーが数多く現役でプレーしているというのはやはり強いです!

特に注目するべきなのがドイツのチーム力の安定ではないでしょうか。

◇【ゴールキーパー】ノイアー選手、テア・シュテーゲン選手
◇【ディフェンス陣】フンメルス選手、ボアテング選手、キミッヒ選手
◇【若手選手の台頭】レアルマドリードのトニ・クロース選手、シャルケのゴレツカ選手など

若手だけでなくゲッツェ選手やトマス・ミュラー選手などももちろん現役プレーヤーですし、ディフェンス陣は同じバイエルン・ミュンヘンのメンバーで揃えれば普段の感覚で息もぴったりプレーできるでしょう。

まさに最高の戦力をもつドイツですが、フォワード陣がやや未熟という声もありますのでいざボールを持った時に決めきれずに点が入らない…というパターンは避けたいですね。

 

<優勝予想2:ブラジル>

前回自国開催でありながらドイツに敗れてしまったブラジルですが、リオ五輪ではドイツを破り、南米の予選を首位突破しました!

ブラジルとドイツの戦いも楽しみですね!

◇【センターバック陣】チアゴ・シウバ選手、マルキーニョス選手など
◇【サイドバック陣】マルセロ選手、ダニエル・アウベス選手
◇【フォワード陣】ネイマール選手

伝統的にゴールキーパーが弱いとされるブラジルですが、カウンターアタックで勝ってきたチームでありますので、ボールを奪ってからのカウンターは見所です。

W杯優勝回数が最多の5回ということで、世界の舞台慣れもしているので注目していきたいですね!

 

<優勝予想3:スペイン>

カタルーニャ独立の問題で揺れるスペインですが、この逆境を跳ね返し団結して優勝へと向かうのではないでしょうか。

2010年の南アフリカ大会以外ではW杯の成績はいまいちですが、以下の選手にスペイン人とカタルーニャ人が団結すれば優勝もありえます!

◇【カタルーニャ出身】ビケ選手、イニエスタ選手、ブスケツ選手の活躍
◇【ゴールキーパー】ダビド・シルバ選手

スペインとカタルーニャが一緒に戦う最後の大会になってしまう可能性もあるので、注目したいですね!

 

<優勝予想4:ベルギー>

正直に言うと、今回挙げた優勝予想国の中ではW杯の経験不足は否めません。

しかし、メンバー的には世界トップレベルでありますのでドイツやフランスに見劣りしないでしょう。

◇【ゴールキーパー】クルトワ選手、ミニョレ選手
◇【ディフェンス】コンバニー選手、フェライニ選手など
◇【フォワード】アザール選手、ルカク選手

周りを強豪国に囲まれているという独特な場所にあるベルギーですので、練習方法や選手の育成方法などを強豪国に学べるという環境もあり、うまくいけば優勝してもおかしくありません

以上、優勝予想の出場国を見ていきましたが、みなさんはどの国が優勝すると思いますか?
 

スポンサーリンク

 

日本の注目選手

日本代表は今回のロシアW杯で6大会連続の出場となりますが、日本代表の監督であるハリルホジッチ監督は日本の課題として以下のものを挙げています。

◇絶対的ストライカーの不在
◇プレーコントロールやフィジカル面での改善

ハリルホジッチ監督自身も選手時代はフランスのクラブチームでプレーした経験を持ち、二度のリーグ得点王に選ばれた実績も持っています。

現役時代に世界で数々のサッカー選手と競い合ってきたハリルホジッチ監督が日本代表に求めているものは、世界で通用する技術やプレースタイルです。

ここぞという場面で確実にゴールを決める絶対的なストライカーや速攻で攻め込める選手、足の速さや判断の速さが求められる日本代表ですが、ハリルホジッチ監督が求めるような選手として以下の注目選手を紹介します! 

 
◆柴崎岳選手
 
◆宇佐美貴史選手
 
◆久保裕也選手
 
 
◆柴咲岳選手
 

ポジション:MF
所属:スペイン・テネリフェ

イケメン若手選手として注目を集めている柴崎選手ですが、プレーヤーとしてもパスの精度が高く、視野も広い為ゲームを作り出すのが上手な選手です。

特に注目するべき点は優れたコントロールを活かしたシュートや正確なパスでしょう。

 

◆宇佐美貴史選手

ポジション:MF
所属:ドイツ・デュッセルドルフ

宇佐美選手は元々日本のガンバ大阪時代で既に注目を集めていましたが、海外に移った後も活躍を続けています。

宇佐美選手の見所はシュートを打つというよりはドリブルの際のボールコントロールで、ドリブルで相手を抜くところは本当にカッコいいですよね!

 

◆久保裕也選手

ポジション:FW
所属:ベルギー・ヘント

久保選手は左右両方の足から放つシュートの精度が高いのが特徴です。

チャンスを作るのも上手で、一瞬の判断力でチャンスを作りだしますし、自分でシュートを打つことができるくらい能力に長けています!

ロシアW杯で勝ち進んでいくためには上記の注目選手と共に、ハリルホジッチ監督が日本代表に感じている課題を克服することが大切ですね!

まとめ

2018年に開催されるロシアW杯について日程や組み合わせ抽選会の放送時間と抽選方法、優勝国予想や日本の注目選手をまとめました!

組み合わせ抽選会は日本時間で深夜となってしまいますが、日本がどのグループに入るかによってグループリーグ突破が見えてくる大事な抽選会ですので、放送時間のチェックは必要ですね!

このブログでも、放送時間が分かり次第お伝えしていきますので楽しみにしていてくださいね。

どの出場国が優勝して誰が活躍して…と、予想しながらW杯を見るのもサッカーの楽しみ方ですね!

 

スポンサーリンク

-サッカー