ゴシッター

芸能界の噂や芸能人の素顔、彼氏彼女といったゴシップから飲み会で使えるネタまでエンタメ情報をお届けします。

東京五輪マスコット候補はかわいくない?投票方法や結果速報も

2018/07/28

 

2020年東京五輪の公式マスコットキャラクター最終候補が2017年12月7日に東京五輪・パラリンピック組織委員会から3作品発表されました!

公式キャラクターはなんと、プロ・アマチュア問わず2042作品も集まったそうです。

その中で選ばれた公式キャラクター候補が今ネットでは話題になっています。

選ばれた公式マスコットキャラクターはどういうものが選ばれたのか、公式マスコットキャラクター候補がかわいくないという噂、また公式マスコットキャラクター候補にどう投票したらいいのか投票方法や結果速報なども紹介するので来る2020年東京五輪に向けて参考にしてみてください!

スポンサーリンク

東京五輪マスコット候補が決定!選ばれたのはこの3キャラ

東京五輪マスコット候補に選ばれたのは3作品のマスコットキャラクターです!

それぞれ、見ていきましょう。

1作品目・ア案

伝統と近未来がひとつになった温故知新なキャラクター。
伝統を重んじる古風な面と最先端の情報に精通する鋭い面をあわせ持っています。
正義感が強く運動神経バツグンで、どんな場所にも瞬間移動できます。

引用:東京2020大会マスコットデザイン

未来感溢れるマスコット候補ですね。瞬間移動ができるとのことなので、実はロボットだったりもするのかもしれません。青を基調としたデザインなのでクールな印象を受けます。

2作品目・イ案

日本を暖める炎と大地から生まれたキャラクター。
モデルは福を呼ぶ招き猫や神社のキツネです。
足が速く、走れば谷を作り、川が流れるほど。
普段は駆け回っているけれど、縁側でお昼寝するのも大好きです。
日本のお祭ならではの熱気や活気を伝え、炎の尻尾で人々に元気を与えます。

引用:東京2020大会マスコットデザイン

こちらはきつねのキャラクターです。日本は神社できつねが祀られていたりもするので、そういった意味では日本っぽいマスコット候補と言えるでしょう。

3作品目・ウ案

日本昔話の世界から飛び出してきたキツネのキャラクター。
キツネに日本古来の勾玉をあしらって生まれました。
すばしっこくて、スポーツ万能。
人懐っこい性格でリーダータイプです。
風の精霊と一緒に、選手や観客のみなさんを応援します。

引用:東京2020大会マスコットデザイン

おとぼけ顔の可愛い、こちらもきつねのマスコット候補になります。2作品目とは違って丸いフォルムが可愛らしいですね。風の精霊と一緒に選手や観客のみなさんを応援、とのことなので、スピリチュアルな一面も持ち合わせたマスコット候補ですね。

マスコット候補のキャラデザインをしたのは誰か?

個性的な東京五輪マスコット候補、3作品ですが、この3作品の作者、マスコット候補の詳しいプロフィールなどは組織委員会の「作品を評価してほしい」という思いからまだ公表されておりません

マスコット候補が候補じゃなく、正式なマスコットになれば公表されると思うので、正式な東京五輪マスコットが決まるまで待ちましょう!

マスコット候補が3作品になるまでの投票方法

2042作品も集まったマスコット候補ですが、どのようにして3作品にまで絞られたのでしょうか。流れを見ていきましょう。

【2042作品から3作品に絞るまで】

  • 2017年05月22日 第1回マスコット審査会 審査会を実施
  • 2017年06月05日 第2回マスコット審査会 審査基準などを議論
  • 2017年06月19日 第3回マスコット審査会 審査員の構成など議論
  • 2017年07月19日 第4回マスコット審査会 審査スケジュールなど議論
  • 2017年10月02日 第5回マスコット審査会 2042案から98案に絞ったものを20案まで絞る
  • 2017年10月17日 第6回マスコット審査会 20案から16案まで絞られたものから3案まで選定
  • 2017年12月01日 第7回マスコット審査会 3案の商標・意匠調査の完了
  • 2017年12月07日 最終候補発表

半年近くかけて、マスコット候補を審査していることがわかります。

マスコット候補を3作品まで絞ったのは東京五輪組織委員会の審査員とのことです。

マスコット候補を3作品までに絞るまでにも、審査員の選出や、選び方も8回に分けて話し合われており、おおよそ1年かけての、マスコット候補選出になります。

個人で1774作品、グループで268作品のマスコット候補に応募があったようなので、これからマスコット候補3作品を絞るのはとても大変な作業ですね。1年かかってしまうのも無理ありません。

スポンサーリンク

東京五輪マスコット候補への世間の反応は?

1年ほどかけた東京五輪マスコット候補ですが、発表されたマスコット候補3作品の世間の反応はどういったものがあるのか、見ていきましょう。

東京五輪マスコット候補「かわいい派の意見」

東京五輪マスコットがかわいい派の人は過激派からハンコにしたい派、全部良いからいっそ戦隊もののようにしてしまおう派に分かれましたね。

中には素敵なマスコット候補だけれど、着ぐるみにするのは難しそうという意見もありましたよ。

東京五輪マスコット候補「かわいくない派の意見」

かわいい派も居る東京五輪マスコット候補ですが、一方でかわいくない派の意見も多く見受けられました。

かわいくない派の意見は、かわいくないというよりは「マスコットキャラ候補もパクリなんじゃないか?」という意見が多く見られました。

また、かわいくないとかそういうことよりも、既存の国民的キャラクターをマスコットにしたらどうかという意見も多かったですね。

東京五輪のマスコット候補は確かにかわいくないとは言えないような素敵なデザインばかりですが、確かにかわいくないと言えないとはいえ、デザインに既視感があるのも事実です。

かわいくないかというよりもどこかで見たような……?そう思わせる東京五輪マスコット候補、かわいくないという意見もそうですが、かわいくない以前にパクりなんじゃないかという声が非常に多かったので、作者が発表されたらまた少しネットがざわつきそうです。

スポンサーリンク

東京五輪マスコット投票方法

東京五輪マスコット候補は3作品ですが、この中で1作品が選ばれることになります。

東京五輪マスコットの投票方法はどういったものなのか、見ていきましょう。

東京五輪マスコット投票方法

  • 投票対象者:小学生
  • 東京期間:2017年12月11日から2018年2月22日まで

個人・小学生以外は投票不可
日本全国の小学校、インターナショナルスクールが対象

なんと投票方法は、小学生のみを対象とした投票方法であるため、小学生以外の一般人は投票不可になります!思い切った投票方法に踏み切っていますね。

また、東京五輪マスコットキャラへの投票方法は1クラスにつき1票!

小学生のみの投票方法にしたとしても、全国に小学校は沢山あるので、集計しやすくするためにも1クラス1票になったのかもしれませんね。この投票方法について、不満の声も勿論ありました。

投票方法が小学生対象のみになってしまったため、五輪の意義とはなんたるかを唱える声もあります。

確かに五輪は小学生のためだけのものではありません。オリンピックの意義を見ても

「オリンピック憲章に基づいて行われるスポーツを通して、青少年を教育することによって平和でより良い世界づくりに貢献し、スポーツ文化を通して、世界の人々の健康と道徳の資質を向上させ、相互の交流を通して互いの理解の度を深め、友情の環を広げることにより、住みよい社会を作り、ひいては世界平和の維持と確立に寄与することをその主たる目的とする。」

引用:NPJオリンピックの意義

とあるため、この投票方法が今後も続いていけば、さらなる波紋を呼んでしまうかもしれません。

スポンサーリンク

東京五輪マスコット投票結果速報

投票方法で審議が問われている東京五輪マスコット候補ですが、それでもどれが選ばれるのかはとても気になるところですよね!今のところ、1作品目のア案が一番の有力候補であるとのことです。

投票結果速報を見ていきましょう。

東京五輪マスコット投票結果速報ですが、2017年12月16日の時点でyahoo!ニュースによるとア案の近未来型マスコット候補が群馬県の某小学生100人に聞いたところ、1番人気だったそうです。

小学生がア案を選ぶのには、ア案の未来感溢れるマスコット候補はどうやら、瞬間移動などができるから格好いい!というような理由があるようです。

小学生、ちゃんとマスコット候補のプロフィールも込みで選んでいるのすごいですね。

クラスで1つのマスコット候補を選ばなくてはいけないので、どこの小学校も揉めていそうですね。

大人が選ぶ東京五輪マスコット候補は、ウが一番人気のようです。

マスコット投票結果速報は随時更新していきますので、お楽しみに!

 

まとめ

東京五輪マスコット候補、3作品の中でどれが選ばれるか楽しみですね!

小学生以外は投票不可というのはちょっと残念ですが、投票結果速報を楽しみに待ちましょう。

ニュースやテレビでア案が一番人気であると結果速報を報道するメディアもあるので、もしかしたら流されちゃう子が出てきてア案に決まる可能性もあるのではという懸念の声もいくつか上がっていました。少し心配ですが、結果速報は待ち遠しい身なので、個人的にはもっと話題になってほしいと思っています。

東京五輪まであと少し!楽しみに待ちましょう!

スポンサーリンク

-イベント