ゴシッター

芸能界の噂や芸能人の素顔、彼氏彼女といったゴシップから飲み会で使えるネタまでエンタメ情報をお届けします。

U18野球2017の日程やネット含む中継は?注目選手や優勝候補も

 

WBSC U-18 Baseball World Cupは、WBSC(世界野球ソフトボール連盟)主催により2年に1回開かれる野球の国際大会で、各国・地域代表の16歳から18歳の選手により構成されています。

その国際大会が2017年も開催されますが、日程と開催国などの情報から、日本ではテレビやネットの中継で試合を見ることができるのか、注目選手や優勝候補についてまとめました!

 

U-18野球日本代表2017の日程

2017年のWBSC大会概要と、U-18野球日本代表の日程は以下になります。

2017年第28回WBSC大会概要

大会期間と開催地、グループごとの出場国をまとめました!

 
<大会期間>
2017年9月1日~9月11日
 
<開催地>
カナダのサンダー・ベイ
 
サンダーベイは人口10万9,016人の都市で、オンタリオ州北部で2番目の規模を持ち、サンダーベイ地区に位置されています。
 

気候は夏平均16℃(最高気温は27℃)、冬の平均気温は-13℃と寒暖の差が激しいですね。

時差は-13時間で日本の方が進んでいますので、カナダの時間を知りたい場合、現在の時刻から1時間引いて、午前午後を入れ替えれば良いですね。

出場する国や地域はグループA、Bに分けられています。

グループ 出場国や地域
カナダ、韓国、チャイニーズ・タイペイ、オーストラリア、イタリア、ニカラグア
日本、アメリカ、キューバ、メキシコ、オランダ、南アフリカ
大会は1次ラウンド→スーパーラウンド→決勝ラウンドと進められ、

1次ラウンドではAグループBグループそれぞれ上位3か国がスーパーラウンドに進出でき、

スーパーラウンドでは計5試合の上位2チームが決勝ラウンド進出となります。

 

 

U18野球日本代表試合日程と予定時間

では、U18野球日本代表の試合日程と予定時間を見ていきましょう。

 
<1次リーグ>
9/1 22:30~ VSメキシコ
 
9/3 6:00~   VSアメリカ
 
9/4 6:00~  VSキューバ
 
9/5 3:00~  VSオランダ
 
9/5 22:30~ VS南アフリカ
 
※上位3か国ずつがスーパーラウンド進出
 
<スーパーラウンド>
9/7~9の3日間
 
※上位4か国が決勝ラウンド進出
 
<決勝ラウンド>
 
◆3位決定戦
9/11 1:00~
 
◆決勝戦
9/11 6:00~

 

 
今回はU18野球日本代表の試合をリアルタイムで応援する場合、寝不足覚悟で臨んだ方が良さそうですね(笑)
 

スポンサーリンク

 

試合のテレビやネット中継や速報

 

U18野球日本代表の試合を日本で見る場合はどうしたらいいでしょうか?

今大会の模様は、テレビではBS朝日、J SPORTS、

ネットテレビではAbemaTVで放送される予定です。

AbemaTVとはサイバーエージェント社とテレビ朝日が共同出資して運営している動画サービスで、登録などの必要もなく無料で視聴することができるネットテレビです。

さらにJ SPORTSではテレビ完全生中継、ネットテレビ局AbemaTVでも日本戦はすべて中継予定ですので、楽しみですね。

9/1~5まで行われる1次リーグのテレビやネット中継の放送予定をまとめました。

 

U18野球日本代表・VSメキシコのテレビ・ネット中継放送時間

試合日程:9/1(金)22:30~

BS朝日 22:30~
J SPORTS 22:20~2:30
AbemaTV(スポーツ) 22:30~2:40
AbemaTV(ゴールド) 22:25~2:30

 

U18野球日本代表・VSアメリカのテレビ・ネット中継放送時間

試合日程:9/3(日) 6:00~

BS朝日 6:00~
J SPORTS 5:55~10:00
AbemaTV(スポーツ) 5:50~10:00
AbemaTV(ゴールド) 5:50~10:00
 

U18野球日本代表・VSキューバのテレビ・ネット中継放送時間

試合日程:9/4(月) 6:00~

BS朝日 6:00~
J SPORTS 5:55~10:00
AbemaTV(スポーツ) 5:50~10:00
AbemaTV(ゴールド) 5:50~10:00

 

U18野球日本代表・VSオランダのテレビ・ネット中継放送時間

試合日程:9/5(火) 3:00~

BS朝日 3:00~
J SPORTS 2:55~7:00
AbemaTV(スポーツ) 2:50~7:00
AbemaTV(ゴールド) 2:50~7:00

 

U18野球日本代表・VS南アフリカのテレビ・ネット中継放送時間

試合日程:9/5(火) 22:30~

BS朝日 22:30~
J SPORTS 22:25~2:30
AbemaTV(スポーツ) 22:20~2:30
AbemaTV(ゴールド) 22:20~2:30

 

以上1次リーグのそれぞれのU18野球日本代表のテレビやネット中継の放送予定をまとめましたが、テレビ朝日系列の地上波24局で、2次リーグ2試合と決勝の放送を配信予定です。
 
楽しみですね!
 

スポンサーリンク

 

U18野球日本代表の練習試合スタメンと注目選手

 

歴代WBSCの優勝国と、今大会である第28回WBSCに臨む日本代表の練習試合のスタメンや注目選手をご紹介します!

 

歴代WBSC優勝国と優勝回数

キューバ 11回
アメリカ 8回
韓国 5回
チャイニーズ・タイペイ 2回
カナダ 1回

気になる日本ですが、優勝こそないものの、2013年と2015年に決勝進出を果たし、アメリカとの闘いで準優勝をしています。

今大会、日本はどこまで勝ち進むのか楽しみですね!

 

U18野球日本代表の練習試合結果とスタメン

U18野球日本代表の練習試合の結果とスタメンはこちらです。

 

◆日本代表VS千葉工大線

勝敗:勝ち 17-4

スタメン

1 藤原恭大
2 伊藤康祐
3 桜井周斗
4 清宮幸太郎
5 安田尚憲
6 古賀悠斗
7 増田珠
8 井上大成
9 小園海斗

 

◆日本代表VS日大戦

勝敗:負 4-6

スタメン

1 藤原恭大
2 伊藤康祐
3 桜井周斗
4 清宮幸太郎
5 安田尚憲
6 中村翔成
7 古賀悠斗
8 井上大成
9 小園海斗

 

◆日本代表VS城西国際大戦

勝敗:負 2-5

1 藤原恭大
2 伊藤康祐
3 中村翔成
4 清宮幸太郎
5 安田尚憲
6 桜井周斗
7 古賀悠斗
8 井上大成
9 小園海斗

日大戦と城西国際大戦では敗れはしたものの、打者が活躍したり、千葉工大戦では投手がしっかりと試合を作れたなど収穫があったそうです。

正式にスタメンが発表されたわけではありませんが、監督の中ではおおよそのスタメンが決まっているのではないでしょうか。

ぜひスタメンにも注目して見てみてくださいね。

U18野球日本代表の注目選手

今回のU18野球日本代表の選手には絶対的エースと言える投手こそいないものの、16~18歳の世代を代表する投手が集まった上、打者は世代最強打線が圧巻です。

その中でのクリーンナップの清宮、安田、中村の3人を注目選手に挙げたいと思います!

 

注目選手1:清宮幸太郎(きよみや こうたろう)

身長:184cm
体重:101キロ
通算本塁打:109

野球に興味が無い方でも2017年の今年、名前を聞いたことがあると思いますが、そのくらい連日テレビも新聞も、清宮幸太郎選手の話題を届けていましたよね。

打てるコースが広く、規格外のパワーと技術力を持ち、高校通算109本塁打を達成しました。

今大会、2017年のWBSC U-18ワールドカップの日本代表の主将を努めます!

 

注目選手2:安田尚憲(やすだ ひさのり)

身長:188cm
体重:95キロ
通算本塁打:65

清宮と同じく注目される選手で、向上心が強く打ち損じゼロにこだわっていて、練習試合では2試合連続3本塁打と圧巻の打撃を見せています。

 

注目選手3:中村翔成(なかむら しょうせい)

身長:181cm
体重:78キロ
通算本塁打:44

甲子園で28打数19安打、17打点、6本塁打と圧巻の打撃成績を残した2017年のスーパーキャッチャーで、打撃だけでなく守備の強肩も楽しみです。

 

以上、クリーンナップの3人を注目選手として挙げました!

最後に、2017年のU18野球日本代表だけでなく、WBSCの優勝候補も見ていきましょう!
 

スポンサーリンク

 

2017年WBSCの優勝候補は?

 

U18野球日本代表を優勝候補に挙げ、もちろん優勝してほしいとは願っていますが、1次リーグで日本が入るブロックBにはアメリカ、キューバなど、歴代優勝国と顔を合わせる、所謂「死のグループ」です。

しかし日本も過去最強と言っていいほどの強いメンバーが集結しているため、打たれても点を取られたとしても、取り返すことのできる野球が期待されています。

そうは言っても一つの取りこぼしが命取りとなりますので、先ほどご紹介した注目選手と共に優勝候補を撃破していければいいですね。

 

そんな日本は13、15年の大会で、決勝にアメリカに敗れていることもあり、アメリカは最大のライバルであり、優勝候補でしょう。

またキューバも歴代最多の11回の優勝回数をもつため、同じく優勝候補に入ってきますが、もちろん同じグループのアメリカやキューバだけが優勝候補ではありません。

1次リーグは各ブロックの上位3チームずつが上がれるということで、日本も十分3位までに食い込める可能性がある為、カナダやチャイニーズ・タイペイも優勝候補と言え、スーパーラウンドでは強力なライバルとなるでしょう。

この中でもやはり最大のライバル・優勝候補は大会2連覇中のアメリカですが、日本には最強のメンバーや注目選手がいるので、とても見ごたえのある大会になりそうですね!

 

まとめ

U18野球日本代表2017の試合日程やテレビやネット中継から、日本の注目選手や優勝候補をまとめましたがいかがでしょうか?

過去最強と言われている日本チームですが、どの国とあたりどんな戦い方をするのか、そして更に強力な優勝候補たちを倒して優勝する姿が見たいですよね。

 

スポンサーリンク

-スポーツ